遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遅ればせながら


blog120427-1

今週の水曜日にやっと京都へお花見に行ってきました。
出町柳で自転車を借りて、西陣の平野神社と毎年通う京都御苑へ。



blog120427-2

子どもが小川で水遊びしているような夏日のお花見で、桜も一見「これって桜?」と首を傾げたくなるボッテリした八重のサトザクラばかりでしたが、豪華な花房もそれはそれで美しかったです。
緑の桜「御衣黄」も、もう赤色が入っていて本当に終盤。ギリギリで間に合いました。



blog120427-3

静かに花をご覧の方の邪魔をしないよう、そっと写真を…。
このベンチは特等席ですねー。



多分、今までで一番遅いお花見でした。
もう残っていないかと思いましたが、どこかで咲いているものです。
来年はきりりとした山桜に会いたいな。





夫のゴールデンウィークは明日から9日間です。
例年通り、大掃除をして実家に一度顔を出して、外食にも一度は行きたい。
最終日は久しぶりにお芝居を観に行きます。
で、その間に二回も自治会の会議があるんですよ。
そう。祝日なのに連休なのに、それでもあるんですよ。

皆さまは楽しい休日を。(^o^)丿



スポンサーサイト
[ 2012/04/27 23:32 ] 京都・春 | TB(0) | CM(5)

おむろの桜


今年ほど京都の桜を見に行かなかった年も珍しいです。
自粛しようという気持ちとはちょっと違っていて、なんだかお花見に心が添っていかないというか、わざわざ電車に乗って名所へ出かけて行く気力がわいてこなかったのが正直なところ。

ほとんど終盤を迎えた京都の桜ですが、朝から霰まじりの冷たい雨が降った昨日(19日)、ふと思い立って遅咲きの品種を見に行ってきました。


blog110420-1


御室(おむろ)仁和寺の里桜がちょうど満開でした。




blog110420-2


オムロザクラと呼ばれるこの品種は木の背丈が低いので、たわわに咲いた枝を目線の高さでゆっくり見られるのが嬉しい。
花房がかたまってこんもり咲く姿は、まるで花手鞠。



blog110420-3


それでももうずいぶん花びらが落ちていました。
ぽつぽつ見える黄色はたんぽぽ。
季節は着々と次のステージを準備しているんですね。
京都での今年最初で最後のお花見、冬に戻ったように寒かったけれど出かけてみてよかったです。



[ 2011/04/20 21:37 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

移りゆく


blog100424-1



風邪がひどくなる前、京都へ遅咲きの桜を見に行った時の写真です。
ふんわりと花びらのチュチュをひるがえすように揺れる八重桜。
洛西・梅宮神宮神苑内勾玉池付近にて。



blog100424-2



阪急嵐山線・松尾駅。
ホームに舞う桜の花吹雪。




blog100424-3



異常気象でニンゲンの方は体調崩してるのに、次の季節を彩る花たちはもうすっかり準備が整っているようです。



[ 2010/04/25 22:30 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

御所の桜






いち早く咲きだして一気に満開になってしまったしだれ桜が、その後の寒の戻りでけっこう長持ちしているようです。
今年もいつもの場所でいつもの桜に会ってきました。




Read More

[ 2010/03/28 20:02 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

初花見


好天に恵まれた昨日、夫と二人6時起きして、今年最初の桜のお花見に行ってきました。


blog100316-1


早咲き品種の河津桜。
昨年伊豆周辺を旅した時に河津にも寄ったのですが、初夏だったでので有名な河津桜はガイドブックで見ただけ。
いつか見てみたいなと思ってました。

といっても静岡県まで出かける余裕はなく、この桜は京阪電車の淀駅(京都市伏見区)から徒歩10分くらいの淀水路沿いの遊歩道に植わっている河津桜です。
平成14年に河津から苗木を取り寄せて植樹されたのだとか。ちっとも知らなかった。
花の色はソメイヨシノより少し濃いと思います。



blog100316-2


早ければ一月下旬~二月初旬に咲き始めるという河津桜。
開花期は長いですが、ここの桜は満開から少し下り坂という咲き具合で、みっしり花のついた枝に止まる太めな鳥が花びらを容赦なく散らかしていました。


blog100316-3



日曜の早朝7時過ぎ。
人のいない静かなお花見でした



[ 2010/03/15 17:50 ] 京都・春 | TB(0) | CM(2)

2009・桜(三)


blog090416-1


葉っぱが出始めていても、やっぱり可愛い八重紅しだれ桜。
私の一番好きな青色と桜色とが重なる空を、好天に恵まれた今年は何度も見ることができました。



blog090416-2


短い命を全うしたら、すみやかに土へ還っていく。
散り重なる花びらの近くでは、季節の次のステージを担うべく、山吹やタンポポの力強い開花が始まっていました。



blog090416-3


サヨナラ、2009年の桜たち。


[ 2009/04/17 10:21 ] 京都・春 | TB(0) | CM(2)

2009・桜(二)


blog090415-4


ジーンズにリュックの仲良し老女ふたり。
 
自分が年老いた時、おそらくいろんなものを失くしてしまっていることでしょう。
でも、気持ちのいい春の朝に、桜の散歩道をいっしょに歩ける誰かがいてくれたら、それでじゅうぶん幸せかなと思います。



blog090415-5


ふりむいて、清らかな美しさにはっとした西陣の桜。



blog090415-6



ここ数年、青空に一番映える桜は紅しだれかもしれない…と感じています。



[ 2009/04/16 14:24 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

2009・桜(一)


昨日の雨でソメイヨシノはほぼ散りきった感がありますが、大阪では今日から造幣局の「桜の通り抜け」が始まり、京都でも珍しい里桜が見ごろを迎え始めました。
関西の桜はまだ終わりではありません。

お天気に恵まれた今年はお花見の機会も多かったのですが、例年をはるかに上回る激しい花粉症で、桜めぐりに出かけては翌日ダウン、回復して出かけてはまたまた次の日はダウン…を繰り返していた私は、そろそろ燃料が底を尽いたようで、今年はもうこれ以上見に行けそうもありません。

写真を整理して、今までアップしていない中でこれはきれいだったなとか、心にとめた桜の風景、記録に残しておきたいと思ったものだけ最後にまとめて、桜めぐりは終了といたします。
記事は三回くらいに分けますね。


blog090415-1


三月後半の、まだ咲き始めたばかりの頃、京都御苑の中の小さな神社で。
この後、冬が戻ってきたのかとびっくりするくらい寒さが続いたのでした。

桜の枝に結んだおみくじ、どんな願い事が託されているのかな。



blog090415-2


実家(滋賀県)の近くを散歩中に。

わざわざ「お花見に行こう」と出かけてくるのじゃなくて、買物か何かのついでにさーっと見て行く地元の桜。
そんなさりげない見方も、さっぱりしていていいなと思います。



blog090415-3


背景の洋館も石の丸卓も、たらたらしだれる桜の姿も、何もかもがデザート菓子のように甘い雰囲気。
16歳の女の子にでも戻ったつもりでカメラのファインダーをのぞいていたんでしょうか(^_^;)


明日に続きます。



[ 2009/04/15 22:51 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

北山通り・雨の午後


十日ぶり(?)の雨の中、京都北山へ出かけてきました。


blog090414


予約しておいたお店で軽い点心の昼食。
その後、久しぶりに植物園へ。
咲き残りや遅咲きの桜にも気を引かれつつ、春の花々が咲き競う花壇を求めて散策ルートを周遊。

長く続いた晴天の太陽光で焼かれた傷と人いきれの疲れを癒すように、雨は植物の上に静かに降り注いでいました。


北山通りで一番人気のケーキサロンも雨の平日はそれほど込み合わず、妹とお茶の時間をゆっくり楽しむことができました。



[ 2009/04/14 23:57 ] 京都・春 | TB(0) | CM(2)

交代






はらり、はらりと本物の雪のようです。
ハナフブキ。






ソメイヨシノ、散り始めました。








代わって、紅しだれの出番です。


[ 2009/04/11 22:36 ] 京都・春 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。