遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンティーク花瓶


blog150125-1.jpg

スウェーデンの陶磁器メーカー・ウプサラエクビィ社で数々の作品を発表した女性デザイナー、マリ・シムルソンの「持ち手つきフラワーベース」。
1963年、64年の2年間の間に製作されたものの中の一つだそうです。
ダークブラウンのやや重い雰囲気を下部のエンボス模様が軽やかにしている感じ。
少し疵や削れがありますが、年月を考えると良好な保存状態だったと思います。


blog150125-2.jpg

こちらもマリ・シムルソンでプロダクトはウプサラエクビィ。
めったにビンテージには手を出さない私ですが、この人の絵柄が好きで、たまに衝動買いしてしまいます。(^_^;)



blog150125-3.jpg

二方向からの写真。
かなり華やかな絵柄ですが、色が抑えられているためうるさい感じはしません。



blog150125-4.jpg

2013年に入手してから、どこに置こうかと家の中で場所を転々と移動させているうちに、なんとなくどこに置いてもそれなりに落ち着くようになりました。我が家になじんでくれたのかな。いや自分の目が慣れたのでしょう。
同じ北欧ものということで、リンドフォーム社の一輪挿しとまとめていっしょに置いておくことが多いです。
ウプサラエクビィの花瓶にはまだ実物の花を入れたことがないので、春になったらと思っています。

スポンサーサイト
[ 2015/01/25 17:23 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

くじけずに


blog140621-1.jpg

朝の水やりの時に、ほぼ満開になっていた紫陽花を一枝切りました。
大きな花は一輪でも見映えがしてキッチンの出窓がパッと華やかになりました。
包丁を使っていても、無意識に目が花の方に向いてしまいます。


blog140621-2.jpg

料理中に気が散るので(笑)、リビングの方にフラワーベースを移動。
買ってからずっと二階に置いたままだったポスターを今年はリビングボードに飾っています。
「KEEP CALM and CARRY ON」(冷静に 戦い続けよ)は、第二次世界大戦の初期にイギリス政府が国民を鼓舞する目的で作られた宣伝ポスターだそうです。
含まれる意味として「くじけずに頑張ろう」という励ましのフレーズ。
ポスター以外でも、クッションカバーやTシャツ、ブックカバー、マグカップなどさまざまな日常用品に使われているようです。


blog140621-3.gif

上の2枚目の写真をブログ用に加工している時に初めて気がつきました。
シロクマの頭になんか乗ったまま写ってる!
もう一度カメラを取り出して撮影するのがなんだかとーーーっても面倒だったので、このまま載せておきます。(笑)
これは先日清里で買った夫のお土産のヤマネちゃん。
本来は右の写真のように「家」があるのですが、夫がひっぱり出してはいろんな物の上に乗せて面白がっているの。
夫のこういうイタズラには慣れっこになっているので、パッと見ても気づきもしなくなってしまった。←モシモシおじさん、いったい幾つですか? 早くも子ども返りかい。(;一_一)

[ 2014/06/21 21:36 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

2way


blog140325-1.jpg

スウェーデンのキッチンウエアブランド・サガフォルムの鍋敷き。
円の中の花形くり抜きで二つに分けて使えますが、今まで抜かずにそのままキッチン出窓に立てかけておきました。
古い鍋敷きが一つ壊れたので出番到来。



blog140325-2.jpg

オークなので丈夫だとわかっていても、花弁形の方にはなんとなくお鍋よりも小さな可愛らしい物を置きたくなります。
昔、折紙で遊んだ切り抜き細工を思い出すなぁ。



[ 2014/03/25 22:00 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

ポスター


いよいよソチオリンピック。
ということで、もっと五輪の話題が盛り上がるかと思いきや別の話でもちきりですね。(^_^;)
最初から共作とはっきり言っておけばよかったのに。そのうえ聴こえないふりをしていたとまで聞かされると、ちょっとあいた口がふさがらない気がします。



blog140206-1.jpg

フィンランドのデザインスタジオPolkka Jam(ポルッカヤム)が扱っているポスターがこの冬の私のお気に入りです。
北欧で人気のあるベリージュースのボトルやグラス、漬け込むベリーの赤が効いています。
ダイニングに飾る方がいいかもしれませんが、汚れる可能性が高いのでうちではリビングに置いています。




blog140206-2.jpg

色が少ないため、幾つもイラストが描かれているわりにうるさく感じません。
衛兵さんが出動してきても背景のお役目はたしてくれています。



[ 2014/02/06 18:31 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

今さらですが


今年のカレンダー。
もらい物と買った物が半々くらいで、もらった分は気に入った二つを除いて全部捨てました。
もったいないので「もうけっこうです」とこちらからお断りした方がいいのではと思いつつ、年末年始を過ぎると次の年末まで忘れてしまって…を繰り返しています。こういうだらしない性格を今年こそ改めないとダメですね。




blog140119-1.jpg

住宅メーカーの営業さんが毎年持ってきてくれるアート系のカレンダー、今年は写真家の蜷川実花さんでした。
そういえば、お父様演出の舞台、しばらく観に行ってないなぁ。
クリエーターのRari Yoshioさんのカレンダーは静かで可愛いイラストが好きで寝室用に毎年買っています。




blog140119-2.jpg

「北の住まい設計社」のオリジナルカレンダー
シンプルで上質と評判で、以前から気になりつつもお値段的に躊躇(^_^;)していました。 
北海道からの送料も含めると9000円……。
正直カレンダーにこの金額はちょっと…と思って我慢していましたが、ここ3年くらい毎年見入ってしまうので、私はやっぱりこのカレンダーを気に入っているんだと再確認して今年とうとう迎え入れました。
無垢の木枠はチェリー、メイプル、ウォルナットの三種類あって、これは一番色が薄いメイプルです。
これだけあっさりしたデザインだと飽きもこないはず。(^_^;) 毎年中身だけ買ってずっと使います。



[ 2014/01/19 18:45 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(3)

ソファを新調


20年前に今住んでいる家を建てた時、リビングに3人掛け+2人掛けのソファセットを入れました。
夫婦二人にはもっと小ぶりなものがふさわしかったのですが、当時私が楽器店内の音楽教室の他に自宅でもピアノ教室を開いていたため、生徒一人と保護者の方(さらに幼児連れの場合もあり)が二組重なる時間帯にどうしても5人くらいの席が必要でした。

2000年を過ぎて自宅教室を閉じましたが、まだ使えるソファを捨てるわけにもいかず、二人しかいないのにコレ大きすぎるよ~ と模様替えや大掃除の度に持て余しながらヘタってくるのを待って、とうとう今年入れ替えを決行。 当然、うんと小ぶりの二人掛けです。



blog131115-1.jpg

東京・目黒区のお店で作ってもらいました。
見た目より深く腰掛けられます。もちろん私一人で動かせますし、圧迫感がないのがいいです。




blog131115-2.jpg

セットではなく単品でパーソナルソファと組み合わせることにしました。
大好きな北欧の家具デザイナーHans J. Wegnerのイージーチェア復刻版で張地は私の好きな青色。
福島県のお店にオーダーしました。3ヶ月半かかってやっと到着。



blog131115-3.jpg

もう一つは私専用で、普段は自分の部屋に置いています。(1枚目写真右下、テレビ横のパーティーションの隣り)
この椅子は名古屋のお店から。


いろんな場所から我が家に集まってきた新しいソファたち。
大事に使います。
白いソファでの飲食は禁止。夫にも厳しく言い渡しました。(笑)


[ 2013/11/15 14:56 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(4)

ビルトインコンロを新調


旅行から戻った翌朝9時からガスコンロの入れ替え工事が入っていたのでバタバタと片づけに追われていました。

我が家のガスコンロは新築でシステムキッチンに組み込んで以来、一度も替えていません。
20年選手。(^_^;)
機能的にはまだ大丈夫で9月にあった大阪ガスの点検でもどこも異常なしだったのですが、あまりにも古いため替えの部品がメーカー在庫にもうなくなってしまったのと、さすがに磨いても落ちない汚れが目立ってきていたので、まだ使えるのにもったいないなぁと思いつつも新調することになりました。


blog131102.jpg

トッププレートが黒っていうのが私はあまり好きじゃなくて、今までと同じ白かシルバーで探しましたが、そちらを選ぶと操作部があるフロントも白かシルバーになってしまうのです。

blog091206-1

これは2009年の写真ですが、こんなふうにフロントは黒だけれどトップは明るい白というのがないかなぁ…といろいろカタログを見ましたが見つけられませんでした。
やはり20年も経てば流行も違いますから仕方がないですね。

システムキッチンは取っ手も黒だしコンロのフロントと並びのビルトイン食洗機も黒。ガスコンロのフロントが黒以外の色だとやはりそこだけ目立って浮いてしまうので全体的な見た目を最重視すると黒を選ぶしかないなということで決定。

写真を見比べるとわかりますが、20年前の五徳の大きいこと。(笑) それに今どき受け皿なんてないですねぇ。
工事に来てくれたメーカーのおじさんに「20年も使わんといてくださいよ」と言われてしまいました。(^_^;)
でも、新しいコンロは五徳を外せばフラットで掃除もしやすそうだし、丁寧に…と言うより普通に使っていけば10年でも20年でももちそうな気がします。
2009年に買ったヤカンも少し傷がついてしまったけれど、まだまだ健在です。



[ 2013/11/02 23:01 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(0)

稲刈りと煙




実った稲穂。収穫の季節です。

と同時に……




煙害の季節でもあります。
自宅の二階南側ベランダから見える景色ですが、ここだけではなく家の東側にも何軒かの家を挟んで北側にも田畑が広がっています。
そこで一斉に稲刈りが始まって、刈り終わった後の田んぼを焼く時に出る煙と灰になすすべない状態がしばらく続きます。
この写真では上部がやや白く煙っているのがわかると思いますが、二日前の日曜日は風が強い中、二ヶ所の田が同時に焼かれたため、大量の煙で前が見えないくらい真っ白になりました。
近所のどなたかが通報したのか、消防車が来て田んぼにいた農家の方に注意していましたが、毎年のことなので今年もおそらく改善しないと思います。




田んぼが先にあって、後から田んぼを囲むように造成された新興住宅地ですから、農家の人たちは昔通りに自分たちのペースで田畑の世話をなさいます。風の向きとか…気にかけてはもらえないですし。(^_^;)
環境が…条例が…とか言ってもなかなか埒はあかないようです。
買物に出ている間に突然野焼きが始まって、干していた洗濯もの全部に燻されてたようなにおいがしみついてしまったことも何度かあるので、ここ数日は大急ぎで出かけて駆け戻ってきます。(笑)

でも、この煙が年中続くわけではないし、しばらくの辛抱ですね。
何一つ不足のない住環境なんて、そうあるものではないでしょう。



[ 2013/10/08 18:44 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(0)

小さなリースを飾って


blog120907

ブルースターのリース。


昨年の今ごろ山陰の人に作ってもらって大事にとっておいたのですが、思い切って南の庭先に飾ってみました。
少し色褪せた感じが晩夏の雰囲気にぴったりです。
日光を浴びるともっと褪色が進むでしょうが、それもまた古びた感じが出ていいかなと思います。



夫が秋の旅行先に山陰を考えているみたいで、私にもどんなプランがいいか聞いてくれますが、自治会で煮詰まった頭がなかなか切り替わらず、どこへ行きたいか何を見たいのかよくわかりません。(笑)
全部おまかせがラクでいいかなぁ。そのかわり、文句は言わずについていくしかありませんが。(^_^;)



[ 2012/09/07 17:58 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(4)

どこに住んでも


blog110411


廃品回収の準備で、たまっていた雑誌やムック本を整理していたら、こんなものが出てきました。
そういえば、夫が定年退職した後どこでどんなふうに暮らそうかなぁ…と漠然と住み替えを計画し始めていたのでした。
先のことだけれど、定年まで10年切っているからまだまだ先ってほどでもない。
本当にこだわって探し始めたら土地取得だけで5年くらいかかると言ってた人もいたから、今からいろんなこと勉強しながらゆっくりじっくり探そう…なんて考えていたのでした。
もちろん震災前のことです。

今、そういうことへの関心は急激に薄れました。
揺れと津波で破壊された街々家々の映像をこの一ヶ月毎日のように見ていると、老夫婦二人が慎ましく暮らせる程度の、でも住み心地がいい小さな家をどこかに建てて…という夢も虚しい気がしてきます。
住みよさとか環境とか○○ハウスのクオリティとか、そういうこと以前に地震国で安全な住処ってはたしてあるのかどうか。
そんなことを思いながら仕分けしているさなかにまた大きな余震。
雑誌は廃品用の箱の中へ。



[ 2011/04/11 20:36 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。