遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦争の話を聞く


八月最終日、久しぶりに晴れました。

高温多湿に弱いため、なーんにもやる気が起こらなくて、本も少ししか読めなかった今年の夏。
夜はテレビを見て過ごす日が多かったです。
オリンピックの年でも、原爆投下・終戦の八月ですから、例年どおり戦争に関する番組はたくさんありました。

NHKの「シリーズ 証言記録 兵士たちの戦争」は、悪化の一途をたどる戦局末期の頃、さまざまな戦地の最前線で戦った兵士たちの証言記録映像。
今年の一月から毎月一回放送されていて、見たり見なかったりだったのですが、ハイビジョンで連日一気に再放送してくれたので、まとめて見ることができました。
どの隊のどの戦地にも共通しているのが、軍上層部の無責任な楽観主義や誤報から生まれる判断ミスと、限りなくゼロに近い効力を知りながら一つ覚えのように玉砕戦法を繰り返し強行するだけの無策で若い命が無駄に失われていく悲惨。
ある連隊の生き残りの人の話では、武器も物資も薬も補給のない中、動けなくなった兵士が捕虜の辱めを避けるため手りゅう弾で自決していく時、よく映画のシーンなどで見かける「天皇陛下ばんざーい」「おかあさーん」なんて涙を誘うようなセリフで死んでいった人は一人もいなかった、かわりに「大本営、何やってんだ!」という怒りの叫びだったというのが印象に残りました。
父方の伯父がガダルカナルで亡くなっているんですが、最期の瞬間、伯父の目には何がうつっていて、何を考えて死んでいったのか。
戦場はまったく、地獄だと改めて思います。


戦争を扱った映画も今月はたくさん放送されてましたから、夫は、「シンドラーのリスト」を録画してました。
私は以前に観たけどもう一度・・・の二本。

さすらいの航海さすらいの航海
(1986/02/21)
フェイ・ダナウェイ

商品詳細を見る


黒い雨 デジタルニューマスター版黒い雨 デジタルニューマスター版
(2004/07/23)
田中好子北村和夫

商品詳細を見る




さて、明日から九月。
残暑が戻ってこないといいんですけど。
スポンサーサイト
[ 2008/08/31 23:57 ] 映像 | TB(0) | CM(4)

そろそろ本も


むずかしい愛―現代英米愛の小説集むずかしい愛―現代英米愛の小説集
(1999/08)
不明

商品詳細を見る

副題から恋愛小説集なのかと思ったが、限定する必要のない「小説」として面白く読める短編が8つ入っていた。
巻頭レベッカ・ブラウンの「私たちがやったこと」は、いつも一緒にいられるようにと、男の目をつぶし、女の耳を焼いてしまった恋人たちの話。
イタイ人たちの過激な話のようでも、そこはさすがにレベッカ・ブラウン。光と音を失った者たちの心の震えや変化を繊細に描き出し、ラストの悲劇まで一気に導かれる。
他に、サスペンスでもないのにドキドキしながら読める「ホテル」(グレアム・スイフト)、電子メモリーの中におさめた亡妻の姿をランダムに引き出す男の孤独と徒労を描いた「雪」(ジョン・クロウリー)などが印象に残った。



なつのいちにちなつのいちにち
(2004/07)
はた こうしろう

商品詳細を見る

暑い夏の午後、男の子はアミを持って昆虫採りに出かける。
一面に広がる田んぼの緑、しゃんしゃん響くセミの声、夕立ちにずぶ濡れになりながらもクワガタを採った嬉しさに一目散に駆けて帰る少年のあふれるような高揚感と、背景に描かれる「日本のイナカの夏」の風景がなつかしくて胸にじーんとくる。
買い物に行く途中にある図書館で、三回続けて読んでしまいました。



[ 2008/08/28 14:13 ] 読書 | TB(0) | CM(3)

一息ついて


季節が移っていく実感がある今年の八月終盤。
しつこすぎるド派手な打ち上げ花火に耐えられなくて五輪閉会式放送のテレビを消すと、外から鈴虫のきれいな鳴き声が聴こえてきました。


blog080825


灼熱の祇園祭を見に行く活力があった先月の元気はどこへやら、今月は一度も京都へも出かけず、信頼が崩れるようなこともあって、すっかり軟弱モードの晩夏です。


黄色はビタミン色。
ビタミン、注入~~!

[ 2008/08/25 15:21 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

クロスステッチ刺繍展


大学時代の友人から、ダンナ様がクロスステッチの刺繍の個展を開くと案内をもらっていたので、近くのギャラリーへ見に行きました。



blog080823天使や外国の女性、母子をモチーフに、繊細な世界が展開。
かなり近づいて見ないと絵画と間違えてしまうような細かさです。色づかいもきれい。

男性で刺繍が趣味というのは珍しいかもしれませんが、もう十年くらい続けていらっしゃるそうです。

ご本人に挨拶して帰ろうとしたら、席を外していた友人にも偶然会うことができて、少し立ち話しました。
ン十年ぶり(?)でもお互いあまり変わっていない。
ヘアスタイルも学生時代といっしょ(笑)






[ 2008/08/23 19:53 ] 文化空間 | TB(0) | CM(2)

涼しい、うれしい


今日の大阪は朝晩だけじゃなくて、日中も30℃いくかいかないかで、とても過ごしやすい一日でした。
七月しょっぱなから続いた猛暑に気持ちも体もうんざりで、外回りで汚れている場所を見つけても「もーいいや、しんどい、暑い…」なんてほったらかしにしている自分の自堕落さに嫌気がさしていたんですが、ちょっと涼しいと嫌いな掃除もやる気が出て、ちゃきちゃき片づけられました。
草もひいたし、廃品回収の準備もできたし、「あら、私って案外こまめに家事をこなせるんだわ!むふーーっ!」と単純さ全開、鼻息も荒く上機嫌な私です。

今週のおやつは、お中元やお盆のお土産など、いただき物を毎日消化中。


blog080821-2

「たねや」の本生水羊羹。
水羊羹だ~い好き。特にこの甘さを控えた、なめらかな口どけのいい”本生”は夏の定番です。
「のどごし一番」「本生」ってラベル、ビールみたいですが、ほんとにのどごし抜群でツルリと入っていきます


blog080821-1


ドルチェシリーズでは、カラメルが苦くて大人っぽいクリームブリュレが一番好きです。
何やかや言ってても、ここのアイスクリーム、やっぱり美味しいよね。
ホームページも美しいので、いつも見とれています。


涼しい風が吹いていて、今夜もぐっすり眠れそう。このまま秋になってほしいなー。

午後8:45現在のオリンピック放送、2-0で女子サッカーは負けています。ソフトボールは同じスコアで勝っています。





[ 2008/08/21 20:49 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

真昼の惨劇


blog080819


早朝は涼しいのに、お昼近くになると、とんでもなく暑い
天気予報では午後から雨になるとのことだったし、実際雷雲が来そうな空模様もできていたので、正午頃、大きな傘を持って急いで買物に行きました。

帰り道、ぎらぎら照りつける真昼の太陽が肌に痛いくらい。
日陰のない道を「なんやこれっ、全然降りそうにないやないか!ぼけ!あほっ」と罵りながら、重い袋(今日は果物の安い日ですの)を引きずるように戻ってきたら、自宅前の田んぼで農業の方が「火焚き」なさっていて、そのもうもうたる煙が我が家の乾し物を直撃してるんですわ。

しぇーーっ!(遅ればせながら、赤塚先生のご冥福をお祈りします)、
暑いざんすー煙いざんすー怒
大急ぎで二階へ駆け上がって、窓を全部閉めて、洗濯物を取り込んで、ベランダの窓も閉めようとした途端、素足の裏に違和感が・・・。
仰向けに昇天していた蝉のナキガラが、私の体重でつぶれた……申し訳なし(;_;)


日記の内容と全く合っていない画像
ここのところカメラに触っていなくて、パソコンの中に残っているのは「おやつ写真」ばっかりなのです。





追記

カテゴリーは「今日のおやつ」で写真がコレなので、お菓子についての記事を期待してくださるかもしれない方に、せめてものお詫び。R.L(エール・エル)のサイトをご紹介しておきます・・・ってテレビや雑誌にも出ているお店なので、いまさら、ですけれど^^;
「しあわせのふたくちサイズ」っていうキャッチフレーズのとおり、小さくて食べやすくて美味しくてお値段も手頃。そして毎月変わる季節の味も含めて種類も豊富です。 
ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)


[ 2008/08/19 15:32 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(11)

休み明け


お久しぶりです。
10日近く放っておくと、日記を書く習慣なんて、いとも簡単に抜けてしまうようです。

毎日それなりにいろいろあって、でもお盆行事以外には特に書くような出来事はなく。


早朝5時起きで朝食もとらないまま車に飛び乗って高速道路へ突入(それでも渋滞にはまって泣きそう)、お坊さんをお迎えして、義妹と家族、両親や妹、叔母に会って近況報告、空家の掃除とゴミ捨て……すべて例年どおりの夏休みでした。



blog080818


ただ、空家の周囲の草を刈った日、日陰のない場所で奮闘していた夫の動悸が急に激しくなって驚きました。軽い熱中症だったんじゃないかな。
滋賀はこれまで大阪や京都に比べると2~3℃くらいは涼しかったのですが、外の寒暖計は36℃を表示していました。これじゃ京阪地区と変わりません。
この暑さで、外へ出ての肉体労働はちと無謀だったかも。もう若くはないから気をつけないと。


お盆のこと以外で外出らしい外出と言えば、16日の夜にメキシコ料理を肴にマルガリータを飲みに行ったことくらい。
休みに入るまで歩いていた買出しは、夫が毎日エアコンの効いた車を出してくれたので、とても涼しくてラクでした。
だれた体をしゃんとさせるため、今日からまたしっかり歩きます(^_^;)


なつやすみ


blog080808


夫の夏休みは明日から17日までの9日間。
お盆の準備などでけっこう忙しい夏休みなのですが、やらなきゃいけないことはちゃんとやって、あとは暑気をはらって、のんびり英気を養います。

ブログの更新もお休みモードで、しばらくはゆ~っくりになりそうです。

長くて暑い夏。
皆さまもお体に気をつけて、バテずに乗り切りましょうネ



[ 2008/08/08 22:24 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

弱火でコトコト


blog080807


最近うちのエンゲル係数が高いのは長い時間をかけて丁寧に調理する献立が極端に減っているからです。
暑くて、無意識になるべく簡単に作れるもの、火力不必要なものを念頭に置いて献立を考えているらしく、ゴミの分別をしていても急にトレイの量が増えたことに気がつきました。
お刺身とかサラダとか出来合いのお惣菜を買ってきてラクしてる証拠ですわ(-_-;)

そこで今日は久し振りに煮込み料理を。


blog080807-


夏野菜のラタトゥイユです。
少しは涼しい(といっても11時にはもう30℃越えてくるんですが)午前中に、キッチンのすべての窓全開で煮込み開始。
ホーロー鍋の底が焦げ付かないよう、コトコト弱火で40分くらい。やっぱり暑い

粗熱を取って、少し置いたら夕食まで冷蔵庫へ。
冷たいラタトゥイユを網戸から風が通る部屋で食べようか、それともエアコンを効かせて熱々を食べようか。お伴はワインじゃなくて、枝豆にビールがいいな♪



昨日の雷雨にはびっくりしました。
枚方では夕方の1時間に71.5ミリの降雨(市の観測史上新記録)。うちの方は大丈夫だったんですが、車体が半分くらい水に浸かっていたり、市内のあちこちで床上床下浸水もあったみたいです。
雷バリバリだし、ああなると外へ出られません。
私は毎日夕方に買物に出るのですが、ゲリラ豪雨にそなえて、今日は早めにすませておきます。


[ 2008/08/07 13:23 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

オリンピック


さすがに最近オリンピック関係のニュースが多くなってきたと思っていたら、なんと明後日が開会式なんですねー。
アテネからもう四年か…って相変わらず「光陰矢の如し」みたいなことばかり感じます^^;。

先日NHKBSで市川崑監督の「東京オリンピック」を放映していました。
「記録」か「芸術」か、という論争があった作品だそうですが、別にそんなことどっちでもいいし、どっちにも当てはまっていると思います。

まだ摩天楼のない東京の空。オリンピックの準備が整っていく様子が新鮮。
まだ残っているドヤ街や深い森、農村・・・昭和40年頃の東京ってこんなだったのかと見入ってしまいました。

哲学者の面持ちで黙々と走るアベベ選手。あれ?靴はいてはる。
そうか、裸足はその前のローマ大会だったのね。
どうも「裸足の英雄・アベベ」というフレーズがインプットされているみたい。
こんなふうに「過去のニュース」として知っているつもりのことが案外あやふやなのは、実際に自分の目で見て脳裏に焼き付けた記憶ではないからなんでしょうか。
「回転レシーブ!」と叫びながら風船でバレーボール遊びしていた頃に「知っていたつもり」の女子バレーは実は『東洋の魔女』という小学生向けの本から得た情報だったかもしれない。
そうだ、私は「東京オリンピック」をリアルタイムで観た記憶がない。
自分で観た映像として憶えているのは、ミュンヘン大会からなんですね。男子バレーとかマーク・スピッツさんの金メダル7個とか。

今さらながらそう確認すると、すごく貴重な映像に思えてきて真剣に最後まで見ました。
チャスラフスカさんの体操や射撃、自転車競技などモノクロ映像ながら印象に残るカットが多かった。単純動作の繰り返しにかなりの長回しを使ったり、スローモーションで見せる筋肉の動き、苦しく喘ぐ選手の顔、爆発する歓喜・・・解説者がくどくど代弁しなくても選手の心情や観客の興奮が自然に伝わってくる、見ごたえのある作品でした。

東京オリンピック東京オリンピック
(2004/06/25)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


明後日から毎日ニュースの目玉になるだろう北京オリンピック。
スポーツ報道のあり方もいろいろ物議をかもしているけれど、昨今流行(?)の大はしゃぎの絶叫調じゃなくて、丁寧に撮られた映像と落ち着いたプロのアナウンスでお願いしたいものです。


[ 2008/08/06 00:52 ] 映像 | TB(0) | CM(3)

シンベリン


まだ午前中だというのに、猛暑で温まった水道管から「お湯」が出てきます。
今日も暑くなりそう。

昨日は、「子供のためのシェイクスピアカンパニー」の恒例夏公演を観に行ってきました。

blog080804


午後4時開演なので、自宅を出発する頃が暑さのピーク。
ギラギラ太陽の下を駅まで歩くことを考えると、よほどパスしようかと思いましたが、「シンベリン」はシェイクスピア好きな日本でもめったに上演されない演目(知られている限りでは今回で6回目とか)らしいし、もちろん私も初めてなので、ゆで卵(いや焼豚か)のように湯気を発しながら(?)会場へたどり着きました。
でもって、ホール内は冷房がきつくて寒い。これじゃ体にいいはずないですよね。

お芝居自体は思っていたよりわかりやすくてよかったです。
このカンパニーの夏のお芝居はここ三年続けて観ていますが、昨年の「夏の夜の夢」よりははるかに面白かった。
途中から駄洒落やドタバタ過ぎる動きが多くなって、それがちょっと鼻につく感じはありましたが、「子供のための」なので仕方がないところかも。実際、子どもたちの反応は昨年よりずっと良くて、年少児でも楽しめたみたいです。
来年は「マクベス」をやるそうです。

先月にはチェーホフの「かもめ」を観に行ったんですが、出演者が豪華だったわりに印象薄くて、翌日にはほとんど忘れてしまってました。
最近、こういうことはよくあります(^_^;)



[ 2008/08/04 12:07 ] 文化空間 | TB(0) | CM(2)

暑中見舞


blog080801


トシのせいか月が替わる度に、え、もう五月?もう六月?って気ぜわしく感じるのですが、今月に限っては、まだ八月~?^^;
早く涼しい秋になってほしいです。

まだまだ続きそうなこの暑さ、どうぞ御身おたいせつに。


[ 2008/08/01 14:33 ] 歳時記 | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。