遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイパソコン移動


blog091130


新しい机の上に、まずはパソコンを移動させました。
リビングからの延線が床にのたうっているのが見苦しいです。(写真ではカーテンの陰に隠れていますが)
配線隠しというか、配線保護モール(?)を買ってきて隠そうと思いますが、誰も入らない自分の部屋なので後回しになりそう。で、そのうち慣れて気にならなくなって放っておくというeasyな展開が今から予感できて……はぁ(^_^;)。


窓の外、お向かいのガレージが直面しているように見えますが、我が家の敷地から6mの道幅を隔てています。
カーテンを開くと、こちらからは外がよく見えます。
でも、腰高窓の高さがあり、窓のそばにうちの車が停めてあるため外からの視線は遮られ、昼間、部屋の中は外からほとんど見えません。いい季節の間はやっぱり窓を開けて風を入れたいです。

あと、スタンドライトと椅子が必要ですね。

スポンサーサイト
[ 2009/11/30 11:19 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(2)

プチ模様替え


2000年の1月まで、楽器店と自宅でピアノの講師として働いていました。
辞めてから9年の間に、自宅の教室にあったいろいろな物が少しずつ整理されて売却されたり処分されたりしてなくなっていきました。
まずグランドピアノが、次にエレクトーンが、小さな机が、教材が、そして先月ついに最後まで残っていた(でも全然弾いていなかった)電子ピアノが家を出て行きました。



blog091129-1



自宅で教室にしていた部屋。  がら~ん……。
弾かない楽器を見るのがなんとなく気鬱で、最後の方は半分物置部屋になってしまっていたのですが、腰高窓の方角が東、掃き出し窓の方が南のここは、よく考えてみれば(考えなくても^^;)我が家で一番日当たりのいい部屋だったんです。(この写真を撮った日は雨だったので暗いですけれど)
小さな家なのに、一番日光に恵まれる部屋を物置にしてるなんて、バカですよね。

で、ここにワーキングデスクを入れて、私が昼間いる部屋にすることにしました。
冷暖房費のことを考えても、仕切りのないLDKにいるより多少節約になるでしょうしね。



blog091129-2


まず、東の窓の、気持ち悪いくらいお嬢様っぽいレースカーテン(↑)を外して、平凡だけどすっきりした丈の短いものに変えました。



blog091129-3



それから、机。
奥行きはあまり必要なくて、幅は二人がゆったり椅子を並べても余裕があるくらいの木の机を探してみたんですが、既製品ではなかなか見つけられず、職人さんにオーダーして作ってもらいました。
発注から納品まで一ヶ月足らず。
広葉樹のアルダーを使ってオイル塗装仕上げ。幅180㎝、奥行50㎝、高さ73㎝です。
引き出しも三つ作ってもらい、私の使うものだけ中にいれました。
これだと、右端でパソコンしながら左側でアイロンもかけられるし、無精な私には便利かなと思います。
雑誌やお茶セットを置くにも充分なスペースです。お天気のいい日はお昼ごはんもこの机で食べようかな。



[ 2009/11/29 23:42 ] 住まいのあれこれ | TB(0) | CM(0)

ひとりで紅葉ドライブ


blog091127



朝から日差しがいっぱいのポカポカ陽気。
お菓子だけでは物足りなくなって、今年最初で最後(?)の紅葉狩りに出かけてきました。車で(^_^;)。

街路樹だけで、しかもハンドルを握っている以上、首を振って左右を見ることができないため、坂道の多いコースを選んで、バスなど大型車の後ろにつかないよう適当にやり過ごして、坂の頂上から下ったり逆に上ったりしてキョロキョロしなくても見える遠景の紅葉をさーっと眺めておしまい。

一瞬の風景だし写真もなしですが、久しぶりに京都大阪の府境をドライブできて気持ちが引き立ちました。


[ 2009/11/27 19:49 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

秋の夜長ですが


本に関するエントリーは久しぶりです。
読んでいなかったわけではないのですが、わざわざブログに感想書いて…というのが面倒でサボってました(^_^;)。


一日一日が旅だから一日一日が旅だから
(2001/10)
メイ サートン

商品詳細を見る

病気になる前に読んでいた詩集。
恋愛や希望、別れの辛さを知る青年期、仕事の厳しさや喜びを体験し、親の死を看取る壮年期、そして迎える自分自身の老境、とおおまかに人生を三つの時期に分けた三部作構成。
私の年齢ならもちろん壮年期なのだけれど、だいぶ体にガタがきていることや(^_^;)、老親のこともあって詩人の言葉が一番心に響いたのは壮年の終わりから老年期の作品でした。

最後の「八十歳を迎える」が特に好き。
老いた肉体を、自分と長い間旅をしてきた船に喩え、

~ぼろぼろにいたみ、帆は裂け、見るさまもない私たち
思えば長い航海をしてきたのです……~


ただ、老いの身を嘆くのではなく、八十年かけて自分というものが何になるのか、どうやってそうなるのかを学ぶために生きてきた。だからこの先の未知の自分が楽しみだと考えられるのがすばらしい。
私も八十歳になった時に、たとえ先に老いと死への旅程しかなくても、それがどんなことなのかと、新しい未知の何かを知りたい体験したいという冒険心(好奇心)を持って臨みたいものだと思いました。



kakoさんのすっきり、心地いい暮らしの作り方―週末ちょこっとずつ・・・ (主婦の友生活シリーズ)kakoさんのすっきり、心地いい暮らしの作り方―週末ちょこっとずつ・・・ (主婦の友生活シリーズ)
(2009/09/29)
kako

商品詳細を見る

これも寝込む前に読んでいました。
家の中に物が少ないことや、無駄を追放して常にすっきりした暮らし方を模索するところなど自分と似ている部分が多く、もちろん私はこんなにすっきり美しく暮らせてはいませんが、いろいろ参考になりました。

ちなみに、我が家の整理整頓と模様替えは、激しくトーンダウンしつつも、なんとか続行中です(^_^;)
[ 2009/11/25 18:28 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

秋色


blog091123-1


マルバノキの可愛いハート形の葉っぱも


blog091123-2


虫の作った芸術作品も



ほとんど落葉してしまいました。
先週は本当に寒かったです。


各地の紅葉は進んだでしょうか。
体がまだしゃんとしないせいか、今年は電車に乗って遠くまで見に行きたいとは思いません。



blog091124



あまり手をかけていないわりには、それなりに(笑)色づいてきた花と葉っぱが少しあります。
立派な名所のモミジに比べたら足元にも及びませんが、日向ぼっこしながら、ゆるりと自宅で秋の色を眺めています。


[ 2009/11/23 23:38 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

気管支喘息


しばらく廃人化しておりましたが、おかげさまで高熱は引きました。
ただ、あとがすっきりいかなくて・・・三度目の診察を今日受けたら、喘息性の気管支炎に移行していました。


blog091116-1


これ、最初にもらった鎮咳・鎮痰の薬です。
この中に4種類の薬が入っています。
底の方に白い粉薬が沈んでいるでしょう。これをボトルごとグァングァン振って食間に一目盛りずつ飲みました。
味つけ(?)は、甘~いシロップですよ(^_^;)。
粉薬をシロップ液に溶かして飲んだのは初めてでしたが、強烈な甘さが粉の苦みを圧倒。
おいしい、とまでは言えませんが、まぁまぁ普通に苦痛なく飲めます。
それに、一目盛りクイッでお薬タイム即終了ですから、その手軽さに私としては大満足でした。

甘くて飲みやすいですが、かなり強い薬を使ってあるそうです。
ただ……気管支喘息になってしまった私には効かなくて…(涙)



blog091116-2


今日もらってきた薬は何やら種類がやたら多いので憂鬱です。
ずっと飲み続けていたら、すでに一週間の風邪薬でかなりダメージを受けている胃がさらに荒れないだろうか……食べられないんですよ、食い意地を常に力強く張りめぐらせているこの私が…('_')
それに、真ん中の白い粉薬。これが一番即効性…つまり喘息の発作の時に飲む薬らしいのですが、吐くまで咳込む発作の途中で、こんな紙破ってコップに水入れてって、そういう余裕がないですわ
これこそ、上の写真みたいに、ボトルさえ開けたらラッパ飲みってくらい簡単なものにしてもらえたらよかったのにな…。



でも、私には頼もしい助っ人(のはず)。
一番近くにいる人からの、ほんの少しのやさしさや思いやりを期待する代わりに、今夜からこれを武器に咳とたたかいます。(発作は深夜が多いんです)

というわけで、ブログ完全復帰にはもう少し時間がかかりそうです。
のぞきに来てくださっている方に、感謝とゴメンナサイ、でした。




[ 2009/11/16 19:04 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

高熱で


ダウンしています。

火曜日時点で、市販薬じゃ治りそうにないと思ったので、水曜の午前中に病院へ行きました。
熱を計ると36.8℃で、咽喉と咳中心の風邪でしょうと対応薬をもらって帰宅したのですが、午後から37.5℃→38.7℃→39.6℃とぐんぐん体温が上がり、インフルの可能性も考えて、夜、会社から帰宅した夫に車でもう一度病院へ連れていってもらいました。
家族にインフル患者が出ると、会社にも報告しなければいけないこともあって(新型の場合ですが)、ともかく鼻粘膜による簡易検査を受けました。

結果、今のところはインフルエンザではないそうです。


しばらく使いもんにならない状態なので、↓の記事も含めてコメントお返事は後日させていただきますねー。(ミツコさん、ごめんなさい~

ではでは、皆さまも風邪にはくれぐれもお気をつけて。


[ 2009/11/12 17:37 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

京都で買物&ランチ


久しぶりに夫と二人で京都へ買物に出かけました。

高島屋(「ふたば」出張販売の豆もち) → たち吉(干支の置物) → 大丸(一保堂出店でいり番茶400g)、と目的の品をゲットした後、遅めの昼食を堺町四条上ルの「花咲・錦店」で。


blog091109-1


京都へ到着してから予約の電話をいれたにも関わらず、坪庭の見える一階の個室が空いていてラッキーでした。
掘りごたつの縁に腰掛けて……もう私たち、畳に座布団の足が痺れる食事は無理です(笑)。



blog091109-2


お料理は適度な分量のミニ会席。
和食なんですが、メレンゲの菊花の中に魚を隠したり、と遊び心も感じられて運ばれてくるお皿が楽しみでした。


blog091109-3


つやつやのヨコワのお刺身より、目がいってしまうのはハスイモのステキな切り口。
無味のツマですが、シャキシャキした歯触りが爽やかで好きです。



blog091109-4


「花咲饅頭」とお店の名のついた蒸し物は、ぶぶあられで南瓜を包んだ香ばしい逸品。
とろみのついたあんとよくからんで、とても美味しかったです。
天ぷらが出た後に、小ぶりのお漬物握り寿司と赤だしの止め椀。
最後に水ものとアイスクリームなどのデザートが来ました。

オナカいっぱい。
日本酒を二合ほど飲んでご機嫌なダンナの酔い覚ましに、御池通りまで北上して、京阪電車の三条駅近くの頂妙寺まで歩き、七~八分色づいた大きな銀杏の木を見に行きました。
帰宅は午後4時半。

移動距離だけ思い返すとたいしたことないのに、昼食をはさんだ外出だと結局一日がかりになってしまいますね。

風邪気味なので、今夜は早寝します。



[ 2009/11/09 22:40 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(4)

多忙な秋


ここのところ忙しくて写真も撮れず、ブログの更新も怠りがちになってきています。
思えば、九月の外回りフォームから長年眠っていた私の模様替え熱、インテリア熱が突如再燃してしまい、ここを直せば次はあっちとばかりに日々片づけとお店めぐりに明け暮れています。

ブログめぐりもなかなかできずに、不義理を重ね、申し訳ありません。
ひととおり納得(あきらめとも言う^^;)すると、この情熱は急速にすーっと引いていきますので、もうしばらくネット生活はサボリモードで・・・よろしくお願いします。


blog091104


風が冷たいけれど、空は真っ青おひさまピッカピカの今日、久しぶりにカメラを手にしました。
葉っぱばかりのうちの南花壇。
でも、色あざやかで秋の深まりを感じます。





[ 2009/11/04 14:14 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

夏なの?冬なの?


十一月に入ったのに夏日の気温だったり、いきなり冬到来?と慌てるくらい寒くなったり、どうなってるんでしょう。
ちょうど秋物用に衣替えしたばかりのクローゼットから、一つ前と後の季節着を日替わりで引っ張り出している毎日です。秋物が着たいのにー。


冬が近づいてくるにつれて睡眠時間がどんどん長くなる私は(←冬眠か?^^;)、最近、ベッドに入って録画済みの映画やテレビ番組を再生すると、最後まで見終えないうちにいつの間にか寝てしまっていることがよくあります。
先週から今週にかけて、三度続けて同じ番組の途中で寝込んでしまい、さすがに自分がイヤになりました。
「不毛地帯」の先週分、いまだにラストシーンまで見れてません(^_^;)。


blog091102



今日明日の寒気で、一気に紅葉が進むかもしれませんね。




[ 2009/11/02 19:08 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。