遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美味映像


シネマ食堂シネマ食堂
(2009/09/04)
飯島奈美

商品詳細を見る


表紙は「かもめ食堂」のシナモンロール。
著者がフードスタイリストとして独立後、初めて関わった映画が「かもめ食堂」だったのだそうです。

どんなジャンルの映画でも日常の欠片はどこかに描き込まれているものだろうし、日常生活の中で食事の占めるウエイトはかなり高いものだと思います。
だから映画の中に食べ物や食卓のシーンはい~っぱい出てきてるはずなのですが、これが案外目に入っていなくてもったいない観方をしてきたものだと気づかされました。

本書の中に出てくる作品でいえば、「かもめ食堂」のもう一つのメイン料理であるおにぎりや、「たんぽぽ」のラーメンや「ショコラ」の生チョコなど食べ物のことが物語の中心になっているような場合は物忘れのひどい私でもさすがに憶えています。
でも「ゴッドファーザー」三作のイタリア料理は全然憶えてない…ファミリーで食卓を囲むシーンはそういえば数多くあったはずなのに。同じく「ショーシャンクの空に」のアップルパイなんて、そんなのありましたっけ?……(^_^;)

思わずレンタルDVDでもう一度観直してみようかという気になりかけましたが、著者の「映画って、出会うタイミングによって印象がガラリと変わるもの。昔よかった映画はその時よかっただけで、今見て同じようにいいとは限らない」という姿勢にもいたく共感するので、過去に感動した作品はそのまま過去に置いておこうと思います。


スポンサーサイト
[ 2010/02/28 22:37 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

チョコヘブン


blog100226-1



バレンタインの混雑も終わった後で、おいしいチョコレートケーキを食べました。

先日、京都・東山七条の智積院へ早咲きの梅を見に行った帰りに、三十三間堂東隣りのステキなホテル「ハイアット リージェンシー京都」二階のイタリアン「トラットリアセッテ」に併設されているペストリーブティックで入手の「チョコヘブン」。
28㎝の細長い直方体で、フルーツやクリームのデコレーションがないため持ち歩きの負担が少ないのがいいです。
日持ち三日間というのも家族が少ない我が家にはありがたいし、お土産にも最適。



blog100226-2



一枚目の写真は日差しが強い窓辺で撮ったせいか、かなり赤っぽく写ってしまいました。
二枚目の、この写真の方が実際の色に近いです。
生チョコっぽい食感。甘ったるくはない濃厚さで大人向きの上品なお味。
今まで京都への行き帰りになかなか七条で途中下車する用がなかったのですが、ウワサのケーキに今回やっとありつけました。
ホテルメイドのケーキ、どんなにお高いのかと思いきや、これ1350円です。
ちょっと大きめの四つに切り分けたとしても、お得感があって満足です(^。^)



******



バンクーバーオリンピック。フィギュアスケート女子シングルの19歳頂上決戦。
普段昼間にテレビをつけることはめったにありませんが、今日は生中継を見ましたよ。
それにしても彼女たちのスタイルのよさにため息。
胴長短足モモ太で「日本人は氷の上に立っただけで減点」なんて言われていたことが遠い昔のようです。
トリノに続いてアジア人が連覇。もう欧米人が絶対有利な種目ではなくなったんですね。



[ 2010/02/26 21:51 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(0)

春が来た?


blog100225



20℃を超す気温と強い日差しが三日続いて、うちの春花たちもすごい勢いで成長しています。
朝、玄関の扉をあけると昨日まで固い蕾だったポピーが全開状態になっていてびっくりしたり。

写真は、背後のサクラソウに押されてちょっと窮屈そうに身を縮めているフリンジ咲きパンジー「フランベパステルローズ」。なんだかおいしそうな名前ですね(笑)。

ここ数日の庭作業は、もう暑いくらいです。
こうなると当然のように花粉もわっさわっさと飛散中。
はい、鼻も目もズルズルです
まさかこのまま春本番を迎えるとは思えませんが、強い戻り寒波はもう勘弁してほしいなぁ。


早くも今年の二ヶ月が終わりかけていることに愕然としつつ、昨日、自分の終身保険を一つ全納してきました。
明日は車検で、ディーラーさんに車をあずけます。
月日もお金も高速でぶっ飛んでいきますねぇ……。



[ 2010/02/25 23:22 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

祇園でランチ


blog100223-1



今日ほどではありませんでしたが急に気温が上がって一気に春めいた昨日、京都でお昼ご飯を食べてきました。
妹と行くランチは洋食が多い。というのは、老親と暮らしている彼女は普段和風の「老人食」ばかりに付き合わされているからです(笑)。
先月に続いて、この日も「お箸フレンチ」のこじゃれたお店へ。



blog100223-2



間口の狭い京町家の玄関を入ると、中は完全に洋風造り。
京都中心部のフレンチ・イタリアンは本当にこういう感じのお店が多いです。
ここ十年くらい、ずっとこういうスタイルが流行中。

お料理は、軽い方のコースをいただきました。



Read More

[ 2010/02/23 23:51 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(2)

寒くてもそろそろ


blog100221-1



梅が見ごろを迎えそうです。



blog100221-2


京都東山七条・智積院にて。



[ 2010/02/21 23:58 ] 京都・冬 | TB(0) | CM(2)

雪柳&冬の夜の楽しみ


blog100219



水をかえる度に、はらはらと花びらが散っていきます。




寒い夜は、温めておいたベッドに入って好きな作家の本をゆっくり読むのが心安らぐ楽しみ。
先日買った読書用メガネ、愛用しています。





カラーひよことコーヒー豆カラーひよことコーヒー豆
(2009/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る

「カラーひよこ」は昔、縁日で金魚すくいや屋台と並んで売られていたひよこ。
赤やピンク、緑のカラースプレーをかけられて小さな段ボールにぎゅうぎゅう詰めにされるような粗雑な扱いで、長生きはしない薄幸の小さな命。
「コーヒー豆」は12歳を過ぎて体のあちこちにデキモノを発生させている老犬の耳の外側にできた新しいイボ。その色や形や大きさがコーヒー豆そっくりだという。

楽しそうな本の表紙絵から想像するほどハッピー一色のエッセイではないところがこの作家らしい。
人生の厳しさも悲しみもさらりと表現されていて、こちらもさらりと読み流しながら、やはり胸にじんとくるものはあります。


[ 2010/02/19 22:23 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

スノードロップ


寒風の中で、元気に咲いています。


blog100218-1


マツユキソウという和名がありますが、今やスノードロップの方がはるかに通じやすくなりました。
春までもう少し間があるこの時期に、寂しい庭の一角を清楚に飾ってくれる可愛い小花。



blog100218-2


昨年鉢で開花したものを、花壇のそばの大型コンテナに下ろしました。
他の球根や草花たちもっゆっくりではありますが確実に成長してきて、毎朝少しずつ色が増えていく小さな庭を眺めるのが楽しみです。



午前中、うっとうしく伸びた髪をカットしてもらいに行って、明日は久しぶりに京都をぶらぶらしてくる予定です。
美術館、観梅、食事、買物……そんなところかな。
今年、激寒がりに変身してしまった私。
少しでも日差しがあると助かるんですが、どうでしょうね、底冷えの京都。



[ 2010/02/18 12:16 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

まだ遠くの春


どうしてなのか、今年は今までになく寒さがこたえます。きーんと体の芯から冷える感じ。
暖冬暖冬と言われているのが不思議でなりません。
「そらトシとってきたからやわ」とお隣りのおじいさん(八十歳超)にあっさり指摘されてますけれど(^_^;)

寒いと体の動きや反応も鈍くなるのか、家事ひとつひとつをやり遂げるスピードも落ちています。
昨日の日曜など、朝起きてから食事以外は一度も座ることがないくらい忙しい思いをしているのに、夕方まで新聞を読む時間すら作れなかった。
もともと要領は悪い方だったけれど、以前はここまでモタモタしてはいなかったと思うんだけれどなぁ。



blog100215


これは昨年の写真。今年は買いませんでした。
バレンタインの頃ってまだ寒いけれど、そろそろ早春の花が咲き始めますね。
うちの球根花たちも土の中から少し顔をのぞかせています。


[ 2010/02/15 16:26 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

「遠近」と「近近」


blog100210



メガネを新調しました。

もともと近眼+乱視だったところへ二年ほど前に老眼(^_^;)の兆候も顕かになり、初めて遠近両用を作ったのですが、最近どうも遠くも近くもぼやけてしまうのが気になっていました。
検眼してもらったら、両目合わせて0.3しか視力が出ていなくて、これじゃ運転免許の更新もできないし目の疲れもひどい。第一こんな数値知ったらもうその瞬間から怖くて車のハンドルなんか握れませんよね。よって、待ったなしで即決断。

今、中高年用のレンズは「遠近」のほかに、「中近」「近近」両用が流行しています。
「遠近」はどちらかというと遠くの見やすさに重点が置かれていて、近くの視野がとても狭いため(なんとハガキ一枚くらい分しかピントが合わないんです)新聞や本を読むのに疲れてしまいます。
近くをもう少し広い視野でしっかり見たい時や、そう遠くでない中間距離が見やすければいいという時には「中近」や「近近」レンズの方が便利でラクなんですね。
ただし遠用はカバーしていないため、運転などはできません。
私はそれでは困るので、結局「遠近」と「近々」二つのメガネを作ることになりました。

車を運転する時には写真後部の白いサックに入っている遠近レンスのネガネを、本や新聞を読んだりパソコンを見る時には赤いフレームの近近レンズを、というふうに目的に応じてうまく使い分けていかなければ。

本音を言えば、面倒なのでメガネなんて一つでいいんですが、私のように近視老眼乱視の三つがしっかり入っていて、しかもそれぞれがかなり進行しながら混じり合っているような目を一つのメガネで快適に矯正しようとしても無理があるのかもしれませんね。
仕方がないです、ふぅ…




[ 2010/02/12 10:40 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

仕組み


昨日のA新聞夕刊に世界知的所有権機関の2009年度における国際特許出願状況についてのニュースが出ていました。
以前はこんな情報、まったく興味がなかったのですが、夫がここ十数年特許に関わる仕事をしているせいか自然と目が向くようになりました。
で、記事は企業別の出願数で夫の勤務する会社が世界一になったというものでした。
「世界一ってすごいやん、職場も盛り上がってるでしょう」と水を向けてみたところ、そうでもなさそうで、あらら拍子抜け(笑)。

国際特許出願には二通りのルートがあるそうで、一つは今回中国の情報技術企業から夫の職場が首位を奪還した上掲の機関。
ただ、ここは出願しても審査開始まで二年くらいかかるため、モノになるかどうかはわからないけれど将来のため一応出願しておこうかという内容のものを出しているらしいのです。
そして、生き馬の目を抜くような企業間の技術開発戦争に打ち勝つため、一刻も早く特許権を得て他社に出し抜かれないようにしなければならない内容のものは、パリ条約で決まったもう一つのルート(ここは出願後すぐに予備審査で見込みがあるかどうかを教えてくれるそう)へ出すのだとか。
と言うことは、重要度から言えば後者の方がうんと大事で、しかも対応も早いとなれば、職場で注目しているのは当然こっちのルート。世界一になった方じゃなかったんですね。なーんだ(^_^;)。
仕事の仕組みって、内部の人に聞いてみないと表面だけじゃわからない、いろいろ細かいことがあるんですねぇ。




blog100210-1


夕食の準備を始めながら、ちょっと休憩でキッチン側からカシャッ
夫の帰宅は今夜もかなり遅そうなので、お先に一人でいただきます。



[ 2010/02/10 20:36 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

休日


blog100208



いつもはハードトースト(食パン)ですが、時々こんなパンも食べてます。


今日は休みを取っていた夫を運転手に、春花壇用の苗をたくさん車に乗せて帰ってきました。
さっそく明日から作業、と意気込んでいたら今週の予報は雨ばかり。
ちょっと気持ちを落ち着けて、冬花壇に残っている宿根草の移植先を考えることにします。




[ 2010/02/08 21:57 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

初積雪


blog100207


元気ですが、何やかや忙しくてブログを更新する暇がありません。
今朝、起きてみたらほんの少しですが雪が積もっていました。
パラパラ降っていた日はあったのですが、積もったのはこの冬初めてです。
こんなにちょっとだけの雪でも珍しいせいか、私と同じようにカメラを持って外へ出てきた近所の人が数人(笑)。
日差しが強かったので、あっという間に溶けてなくなってしまいましたが。


[ 2010/02/07 23:56 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

節分豆のかわりに


blog100204


年明けから歯の治療中。
あまり固い物は避けるよう指示されているので、今年の節分は柔らかく煮た黒豆を食べておきました。
お正月前に買った乾燥豆の残りを、圧力鍋でばぁ~っと。
お豆も煮汁もおいしくて、「箸やすめ」のはずが、お箸全然休みません(^_^;)


[ 2010/02/04 13:59 ] 歳時記 | TB(0) | CM(2)

寒の内


blog100202


昨年末にZOOカレンダーを組み立てた後、一応「集合写真」を撮っておきました。
1・2月のゴリラだけ卓上に残して、あとは片づけなくちゃと思いつつ1ヶ月があっという間。
いまだにこの状態のまま……って自分のだらしさながつくづくなさけない



このごろ寒さがこたえて、どうも外仕事がはかどりません。
そろそろ苗をそろえて、春花壇の植え込み準備が整っていなければいけない時期なのになぁ。
まだ土作りも消毒もできていなくて焦りますが、昨年秋の風邪→気管支炎が本当に苦しかったので、感冒恐怖症になってしまって、晴天の日でも寒風の中だと作業する気になれない…
あまり自分を甘やかしちゃいけないんだけど、今週の寒波が去るまで待機ということになりそうです。

[ 2010/02/02 18:00 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。