遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春花壇から (一)


blog100430-3



種類の多い花はいろいろ育ててみるのが楽しみ。
今期のパンジー・ビオラ類は豪華だけど淡い色のフリル咲きと、一重ではっきりした色と半々くらいになりました。
例年だと、もうそろそろ傷みや枯れが目立ってくる頃なのですが、春先の低温で長持ちしています。


今年育てた中で一番好きだったパンジーは……↓





Read More

スポンサーサイト
[ 2010/04/30 23:51 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

明日から黄金週間


blog100428



いつまでも寒くて、まだ冬物も片づけていないまま四月が終わろうとしています。
桜の時期と重なって写真も後回しになってしまう我が家のミニガーデンの春花たち、いつもなら初夏の日差しにそろそろへたってくる時期なのですが、今年は低温の恩恵(?)で今が盛り。

風邪菌を老親のいる家へは持っていけないので、GWは里帰りもなし。
例年通り大掃除をする以外には何の予定もありません。外へ出かけても咳すると嫌がられるし……ね。
古い写真で恐縮ですが、風邪ひくまでに撮っておいた春庭模様やなんてことない日常暮らしなど紹介しながら、ちょこちょこブログ更新するつもりです。

長期予報によると、GW前半はマークが並んでいます。
帰省・行楽と移動される方々は道中お気をつけて。
楽しい休暇をお過しくださいませ。(^。^)ノ




[ 2010/04/28 11:01 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

美しい料理


blog100426



あ……と言葉にならない声だけがでて、しばらく見つめてしまう。
こんなお吸い物、どんなに頑張ったって作れないなぁ…。
いやいや、作れなくて当たり前。プロの手腕を大いに称えましょう(^^)。
料理人さんの実力がもろに出る椀物は、懐石コースの中の一番の楽しみです。

そうめんの下には卵豆腐、鯛の切り身に梅肉、野菜は薄切り人参と独活、蔓菜の葉、吸い口の柚子。
つややかに美しいお椀がいっそう椀だねを引きたてていました。


一週間ほど前、銀婚祝いの食事をした祇園の料亭にて。





[ 2010/04/26 19:30 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(3)

移りゆく


blog100424-1



風邪がひどくなる前、京都へ遅咲きの桜を見に行った時の写真です。
ふんわりと花びらのチュチュをひるがえすように揺れる八重桜。
洛西・梅宮神宮神苑内勾玉池付近にて。



blog100424-2



阪急嵐山線・松尾駅。
ホームに舞う桜の花吹雪。




blog100424-3



異常気象でニンゲンの方は体調崩してるのに、次の季節を彩る花たちはもうすっかり準備が整っているようです。



[ 2010/04/25 22:30 ] 京都・春 | TB(0) | CM(0)

やっぱり風邪ひいた


先月からの気温の乱高下に、体がついていけなかったみたいです。
風邪養生中。
元気になったらまた更新しますね。



[ 2010/04/19 22:03 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

とりあえずGET


咽喉がイガイガして少し痛い。
どうやら季節外れの寒さで風邪をひきかけているようです
少し緩んだとはいえ今日もまだ冷気は残っていて、明日以降20℃超えるなんて本当だろうかと疑ってます。


地元の書店も「祭り」になってました。
テレビや新聞でも取り上げているし、もはや社会現象といっていいくらいの売れ行きらしいですね。↓


1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る


「ハルキスト」と称するほどのファンではありませんが、10作以上は読んでいる作家の一人です。
昨年出たBOOK1・2とも読みやすく、しかも面白かった。BOOK2は続きが気になるところで終わっていたので、完結編であるBOOK3は販売初日に入手しました。

これほどのベストセラーだと、もう図書館で借りてっていうのは無理。
300人400人の予約なんて、さすがに待てません。
たっぷり600ページ超えの長編、読み応えありそうで楽しみです。




[ 2010/04/17 15:26 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

温かいスープ


blog100416-1


とても寒かった昨日、冷えた体を温めてくれたポタージュスープ。

最近のおしゃれで小ぶりな容器ではなく、昔ながらの大きめのスープ皿でたっぷり。
軽めのメニューを選んでいたので残さず全部いただきました。
見た目、ホウレンソウやグリーンアスパラ、えんどう豆などを想像する緑色ですが、九条ネギのスープです。




blog100416-2



ランチのシメ。デザート盛り合わせにバースデー記念のろうそく一本だけ立てて…。
妹は四度めの年女。



[ 2010/04/16 15:30 ] 京都・その他 | TB(0) | CM(4)

桜のカーペット


blog100414


桜は桜でも、こちらは芝桜。
最寄りの駅舎近くを通ると、線路脇の土手がピンクに染まっていてきれいです。

車両は、鉄道友の会で昨年度ローレル賞に選出された京阪鉄道3000系。



[ 2010/04/14 22:15 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

李朝喫茶でランチ


blog100413-1



早咲きの枝垂れ桜を京都へ見に行った日、久しぶりに河原町今出川の李青さんでランチをいただきました。(以前の紹介記事はこちら
開店したばかりの11時過ぎ。
ごく控えめの音量で流れる朝鮮琴の調べもはっきり聴こえるくらい、静かでいい雰囲気でした。




blog100413-2



野菜もたんぱく質も豊富で美しい盛り付けのピビンパを目にすると、パンと飲み物だけで手っ取り早くすませることも多い普段の昼食をちょっと反省。

テイクアウトできる「韓国餅」は、小さいヨモギのお餅を小豆あんとからめたものです。
アンコをお餅で包んでしまう日本のヨモギ大福とは見た目がかなり違う他、味も日本の大福餅より甘みが少なくてあっさりしています。



[ 2010/04/13 11:16 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(4)

ゴミ屋敷で生きる


巡礼巡礼
(2009/08/28)
橋本 治

商品詳細を見る


戦後の高度成長期を、さして心躍るようなこともなく、ただまじめに生きてきた男。
父が死に妻が出ていき、弟夫婦が別居、母も老衰で死去。
家族が去って独り残された男の家がやがてゴミ屋敷になっていく背後に、昭和という時代の虚しい一面が透けて見える。

朝から降り続く雨の日に読むと、なおさらわびしさがつのる内容ですが、引き込まれます。

[ 2010/04/12 14:06 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

花より・・・?


blog100411



お花見どきのおやつは、末富の定番セット。
今年もおいしくいただきました。



[ 2010/04/10 22:24 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(0)

実家で花見


昨日、お花見がてら老親の顔を見に行ってきました。



blog100409



お茶の時間には、妹がお気に入りのカップ(会田雄亮氏作-山梨忍野窯)を初づかい。
実家の桜も樹齢七十年を超えているにしては立派な咲きっぷりで、風が吹くと花びらが少し散るんですが、ぎりぎり満開保持中に間に合ったようです。

この桜、家族といっしょに元気でいてくれるといいなと思います。


銀婚


blog100407-1



1985年4月7日に結婚して、25年経ちました。

あまり実感はありませんが、昔のアルバムを見ると、とても若い姿が写っていて、
やっぱりそれだけの年月が流れたんだなぁと思い知らされます。(^_^;)



[ 2010/04/07 12:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

散歩道の桜


blog100406-1



ソメイヨシノが満開になりました。

桜は、強い太陽光がまともに当たる昼間より、早朝か夕方の柔らかい光の中で見る方が美しい気がします。
午後四時半頃から日没にかけて、ご近所桜を見て歩くのがいい気分転換。




blog100406-2



夕陽を受けて、穏やかにほほえむような公園の桜たち。




blog100406-3



桜は特に名所・銘木にこだわらなければ、日本中のそこいらじゅうで見ることができる身近な花樹。
混雑のない近所で散歩がてらのお花見、というスタイルが実は一番ゆったりと楽しめていいのかもしれませんねぇ。


[ 2010/04/06 11:54 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

もうひといき


blog100404



この週末に満開を迎えるかと思っていた近所の桜(ソメイヨシノ)は、ぎりぎり八分咲きというところでした。
あと二、三日でピークかな。
その後、ユニークな里桜の開花が始まります。

いろいろ気疲れすることがあってストレス大きい毎日ですが、現実とはそういうもの。
そのうちなんとかなるサ、でいくしかない(^_^;)



[ 2010/04/04 22:09 ] 日常 | TB(0) | CM(0)


不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)
(2009/12/16)
加賀 乙彦

商品詳細を見る


老いと死の章で言われている「キレるのも老化現象の一つ」ということには至極納得。
最近、些細なことでキレて悪態つきまくっている老人を何度か見かけたから。





ガーデンカラー庭の花色あわせ便利帳 (主婦と生活生活シリーズ)ガーデンカラー庭の花色あわせ便利帳 (主婦と生活生活シリーズ)
(2008/11/28)
不明

商品詳細を見る


季節ごとに花の色や姿をわかりやすい絵で示してくれている便利な本。
特に成長した時の背丈は参考になる。
寄せ植え作りの時期に重宝しています。
[ 2010/04/02 23:25 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

春の雨


blog100401



雨で始まった四月。
今年の春は、よく降ります。



[ 2010/04/01 20:12 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。