遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

短い旅へ


blog100529


やっとすっきりした晴天が戻ってきて、お洗濯びより、お出かけびよりの週末ですね。
明日もお天気いいみたい。
五月最後の休日、楽しくお過ごしください。


私もちょっと自宅を留守にします。
ブログは水曜くらいまでお休みしますね。
では行ってきまーす



スポンサーサイト
[ 2010/05/29 20:39 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

LOST見てます


日曜の大雨から始まって、今週は不安定なお天気が続きました。曇りがちな上に寒くてびっくり。
例年の枚方なら、この時期長袖なんて着てないんですけれど、とうとう冬に着てたフリースのカーデガンまで引っ張り出してきましたよ。いったいどうなってるんでしょうねぇ。



テレビドラマって昔に比べたらほんとに見なくなったんですが、海外の作品には夢中になれるものが時々あります。
現在進行中でハマっているのが「LOST」。


blog100528


妹から「すっごい面白いよ」と勧められて、ちょうどシーズン1から5まで既にアメリカで放映された分を今年の2月からAXNが集中再放送してくれているのを、たまたまうちのケーブルで見られるし…と見始めたのがきっかけ。
ちょうど半分の第3シーズンの#72まで見終えて、夫ともども続きが気になる毎日です。

7月から始まるファイナルシーズン(真田広之氏も出演)までに#103まで見て追いついておかなきゃ。
島の謎と登場人物たちの運命を最後まで見届けます。


写真は、公式HPからお借りしました。



[ 2010/05/28 22:00 ] 映像 | TB(0) | CM(0)

母と京料理を


blog100526-1



昨日、母と京都で会って和食ランチを堪能してきました。
びっくりするような派手な盛り付けとか、見たことのない食材とか、そういうサプライズはないのですが、老舗料亭らしい堅実なお仕事ぶりで期待を裏切らない美味に舌鼓♪
今年初めての稚鮎や鯛の粽寿司、そして最後の自家製ちりめん山椒ご飯が私はとても美味しかったです。
母の好きな鱧もお刺身と椀物に使われていて、小食な母ですが時間をかけて全部食べきりました。

お運びの仲居さんの次から次へと繰り出す豊富な話題がすごかった。
地元の土地がらみの話から由緒ありげな飾り物のこと、果てには大物演歌歌手のちょっとナサケナイ話まで…(笑)
ただ、母に「奥さん、お嬢ちゃんとお出かけよろしなー」「お嬢ちゃんがお近くにいてはったら、そらええわ」と「お嬢ちゃん」を連発(^_^;)
五十過ぎて銀婚も済ませてる私、こんなに「お嬢ちゃん」と呼ばれてもうどんな顔していいのやら(笑)。



blog100526-2



ホテルやデパートに支店があったり、ギフト商品も出ている「たん熊」さんですが、本店で懐石を食べたのは初めてです。
創業当時から80年ほど経った家屋は古くて狭いしスタイリッシュなところは全然ありませんが、昔ながらの京都らしいお部屋は町家風情があり、気持ちもゆったり。楽しいひとときでした。




久しぶりに一人で京都へ出てきた母。
初めてのJP奈良線→京阪への乗り継ぎも無難にこなし、食事の後に行きたいお店の情報もちゃんと頭に入ってましたし、タクシーで京都駅までいっしょに戻って改札を通り、2番線ホーム(琵琶湖線)の下まで見送りましたが、不安そうなそぶりも一切なく、私の方など一度もふり返ることなく(笑)シャンシャンと滋賀まで戻っていきました。
もうすぐ78歳。体力も気力も好奇心も今のところ申し分なさそうで安心しました。

[ 2010/05/26 18:16 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(0)

雨雲の下で


日曜日は一日中、そして今日も夕方近くまでかなり降りました。
庭はそこいらじゅう水だらけで、風雨に打たれ続けた植物がぐったり。
湿気がすごいです。また大量のナメクジが出そうで憂鬱。



blog100524


短い旅行がしたいな。
本格的な雨の季節を迎える前に。



[ 2010/05/24 22:05 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

マーガレット


blog100522-1



夕暮れの庭でひときわ白いマーガレット。
「風恋香」という新しい品種だそうで(ステキな名前(^^))、ラベンダーに似た甘い香りがするとのことでしたが、うちのはあまり、というかほとんど匂わないです。肥料が足りないのかな。



blog100522-2


昨年やって来て、ちゃんと自力で冬を越えて開花した「コメットピンク」。
いっしょに植えた紫の花はこうして見るとマーガレットとそっくりです。葉っぱは全然違うけれど。
こちらはミヤコワスレ。江戸紫というのはこういう色を言うらしいですね。



今日は暑かったです。
雨の前で湿気が多いせいか、むしむしと気持ちの悪い暑さ。
春の花々もさすがに枯れが目立ってきました。
また花壇を耕さなくては。虫よけもしなくちゃ。肥料も花がら摘みも、土の消毒も……
早春から夏までの間、私は植物たちの奴隷です(笑)
かなりしんどい状況なのに、せっせと新苗を買い込んでは自分の首をしめてるって、わかってはいるんですけれどね…(^_^;)




[ 2010/05/22 19:11 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(3)

お風呂の蘊蓄


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


古代ローマの浴場設計技師・ルシウスがタイムスリップして見た現代日本のさまざまな風呂文化。
その文明度の高さ(笑)斬新さに驚愕したルシウスは戻ったローマ社会で日本風呂をパクっては新たな公衆浴場を建設していく。

そう言えば、イタリアってヨーロッパじゃ数少ない火山国だし温泉も沸いて昔から公衆浴場があって、日本の温泉や銭湯と共通するところが大いにあったわけですよね。
古代と現代、ヨーロッパと日本。それぞれの歴史や生活習慣の違いを盛り込みながら、お風呂という共通の身近な文化を扱っているところが万人の興味を引きやすいのでしょう。
本年度のマンガ大賞受賞作だそうです。
まだ完結していなくて、単行本も一巻だけしか出ていないので、これからの展開も楽しみ。


blog100520
                          ↑
日本の銭湯で風呂上がりに勧められた「フルーツ牛乳」に感激するルシウス
彼のカルチャーショックぶりが大げさで笑えるヨ                      


[ 2010/05/20 22:20 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

おやつ行脚


blog100518



おやつがなくなったので、今日は買い出しに京都へ出かけました。
京阪三条で降りて、川端二条(京華堂利保)→荒神橋(烹菓)→四条高倉(大丸)→四条河原町(高島屋)の順で次々に買物。
自宅へ帰って、遅い昼食を取りながらふと見ると28.2℃もありました。
晴れた日の昼間はもう夏ですね。
お菓子もそろそろ冷菓の方がいいかも(^^)

写真はGWに里帰りした時に妹からもらったもの。
装いちょっと派手めのようかんです。




[ 2010/05/18 23:17 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

ハーブを食卓に


家で育てるハーブ、今年は食用の種類を増やしてみました。
量はいらないので、一株ずつオレガノ・ディル・イタリアンパセリ・スイートバジルなどブリキのコンテナに植え込んでハーブ専用鉢に。
そのわりにハーブを使ったお料理のレパートリーがあまり増えないんですけれど(^_^;)。



blog100517-1



週末の夜に夫がパスタを作ると言うので、みじん切りの青物にイタリアンパセリを使って、私はディルをマヨネーズに混ぜ込んで茹でたじゃがいもを和えました。

カモミールは可愛い花の咲くジャーマン種と、リンゴの香りがすばらしいローマン種の両方を育てています。



blog100517-2



夏の冷たい飲み水に浮かべて少しレモンの香りをうつそうと思っているレモンバーム。
うっとりするくらいいい匂いのオーデコロンミント。
やや癖があって育てるのは難しそうな山椒も今年は仲間入りです。

あと、チャイブ、ラベンダー、タイム、ローズマリー、青シソなど。
徐々に成長しています。



blog100517-3


欲しい時にプチンを折り取った葉っぱをパン!と掌で叩いて香りを立たせると、もうクラクラきそうなほど。
木の芽味噌を使った和え物、春さきから何度も作っています。



[ 2010/05/17 17:30 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

きらめく緑


歯科医院の待合室で同年齢の友人にばったり遭遇。
久しぶりに話すと、話題は親の介護や病院のことばかりで、私たちはちょうど年老いた親を心身ともに支える時期に入ったんだなぁと改めて自覚させられました。

帰宅後、母と食事の日程合わせ。
七十代後半の母と気軽に京都で待ち合わせの約束ができる恵まれた今の状況に、感謝しなければと思います。



blog100514


京都・梅宮大社の新緑。
写真は四月のものなので、今頃はもっと濃い緑になっているはずです。
そう言えば、明日は葵祭。
昨年加茂街道まで見に出かけたので今年は行きませんが、お天気もよさそうだし、御所から上賀茂までの祭列沿道はきっとたくさんの見物人でにぎわうことでしょう。



[ 2010/05/14 19:52 ] 京都・夏 | TB(0) | CM(2)

雨上がりの朝


blog100512


三日ぶりに明るくなった空。
若いころはそうでもなかったのですが、最近は二日雨が続くともうオヒサマの光が恋しくてなりません。

「幸せを運ぶ」と言い伝えられている馬の置物・ダーラナホースは、400年の歴史を持つスウェーデン・ダーラナ地方の民芸品。
我が家にいる幸福の使者にも穏やかに陽が射して…♪



[ 2010/05/12 09:05 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

ブルーベリーの開花


blog100510-1



三月に植えたブルーベリーの樹に花が咲きました。
ベル形で可愛い。
暖地向きのラビットアイ系は受粉用にもう一本そばに植えた方がいいそうですが、我が家は田んぼが近いせいか鳥の被害(主に糞害ですが)がけっこう多いので、果実はあきらめました。
ブルーベリージャム、作りたかったんですけれど。




blog100510-2



ジャムと言えば、先週末は今年初めての甘夏ジャムを作りました。
一房ずつ果肉を袋から取り出したり、皮の内側についている白いワタをこそげ落とすのは毎度のことながらかなり面倒~。
でも、細く刻んだ皮に残るほろ苦さや素晴らしい香りはやっぱり好きです。
軽くトーストしたバゲットに、バターといっしょに薄く塗って食べてます。




[ 2010/05/10 16:05 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

姥捨ての変形


デンデラデンデラ
(2009/06)
佐藤 友哉

商品詳細を見る


最近読んだ本の中で一番面白かった。

姥捨の慣習に従って「お山入り」した斎藤カユ(70歳)は、過去に捨てられながら秘かに生き延びてコミュニティを作っていた年上の老婆たちに助けられ、彼女らの住む隠れ里(デンデラ)へ。

そこには五十人のさまざまな老婆たちが人知れず生き続けていた。
自分を捨てた村を恨み復讐心をたぎらせる婆、助けられたことを喜ばず死の訪れを願う婆、寿命を全うするまで生を謳歌する婆、肢体と心の機能を失い唯呼吸するだけの婆……。

腹をすかせた巨大な羆が現れた日から始まるサバイバル劇。
羆と血みどろの戦いを繰り広げる老婆たちのすさまじい様子がやや寓話っぽく描かれていて、頁を繰る手が止まらなくなります。

考えてみれば、人間の本能って死より生に向くのが当然ですよね。
姥捨て山に放り出されたとしても即死するわけではないのだから、体も気持ちも頭もまだしっかり機能している老人だったなら生き残れる可能性だってゼロじゃないと思う。
捨てられたけれど、実は山のどこかで何年か残りの時間を生き抜いた老人は実際いたんじゃないでしょうかねぇ。

[ 2010/05/08 00:28 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

箱入り娘


blog100506-1


昨年は蕾のまま落ちてしまった西洋オダマキ(アキレギア)。
寒暖の差がひどくて条件的にはけっしてよくなかったのに今春はきれいに咲いています。



blog100506-2


薄いピンクと紫の二種。
私にしては手塩にかけた(?)方なので、可愛さも倍増。
毎朝、花がらを摘み取ってオメカシさせてます。


もう夏のような日差し。なぜか風も強い。
油断していると乾燥でぐったりな植物たちの世話に明け暮れて、早くも日焼けしてしまいました。



[ 2010/05/06 22:47 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

連休最終日


掃除だけで終わりそうだったGW。
昨日、夫の実家で草取りをした後、せっかく滋賀まで来てるんだからということで琵琶湖の反対側の私の実家へも寄ってきました。
昼食とおやつをはさんで5時間くらいはいたかな。
父も母も妹も元気で何よりでした。
私の咳は帰りのJRの中でちょっと発作っぽいのが出ましたが(隣の席の見ず知らずの女性がノドアメで助けてくださいました)、実家にいる間はうまく治まっていてくれました。



blog100505-1


ツバメの形に飾り切りされたかまぼこ、とか


blog100505-2


若竹の葉が描かれた和菓子とか、食べ物もどんどん初夏の雰囲気に。



さて、明日から普通の日が戻ってきます。
まずは銀行でお金をおろして固定資産税を支払ってくなくちゃ。






大掃除ウィーク


blog100503



連休に入ってから、例年通り掃除して掃除して大掃除して掃除して……
やっと終わって今日は少しゆっくりしました。
明日は6時起きして滋賀の空家(夫の実家)へ。
何をしに行くかって?

掃除です。(^_^;)




[ 2010/05/03 22:37 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(0)

春花壇から (二)


blog100501-1



お正月の鉢植えハボタンを花壇に植え直して、その後ちいさな黄色い花が咲きました。
これは花芽になる部分が少し目立ち始めた三月はじめ頃の様子。
これくらいの時期の葉が美しくて好きです。
背景の紫も別のハボタン。



Read More

[ 2010/05/01 23:22 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。