遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京へ


blog101127


京都の紅葉は多分この二、三日がピークかと思います。
いつもだと、ヒトが少なくて紅葉のきれいな場所は……と地図をひろげて自分なりに紅葉狩りコースを考えている頃なのですが、今年は11月最後の三日間を東京で過すことになりました。

三年ぶりの東京。
晩秋に行くのは初めてなので楽しみにしています。

次にパソコンを触るまでに少し日にちがかかります。
寒くなってきましたから、どうぞお風邪など気をつけて、お元気でお過ごしくださいませ。
ではまた12月に。


スポンサーサイト
[ 2010/11/27 17:23 ] | TB(0) | CM(4)

秋をうつす色鉛筆


blog101125


私に絵心があったなら、スケッチブックと色鉛筆を携えて毎日外に出ていたいなぁと思うような季節です。
残念ながら絵筆に縁がなく、代わりにデジカメを持つしかないんですが。(^_^;)


明日は予約を取っておいたインフルエンザの予防接種を受けてきます。
今のところ、まだ風邪はひいていません。
昨年のようなひどい咳はまっぴらなので、引き続き注意します。


三島由紀夫の命日「憂国忌」ですね。
当時小学生でしたが、あの壮絶な最期は幼いながらも印象に残っています。
あの頃の新聞は規制が緩かったのか、少しぼかしてはありましたが落ちた首が写った写真が一面トップに掲載されていたと記憶しています。
最晩年の四部作『豊饒の海』は永遠の愛読書です。



[ 2010/11/25 19:29 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

いいふーふ


blog101123


11月22日は「いい夫婦の日」なのだそうです。
他に、2月2日も「夫婦の日」。あるいは毎月22日もという説もありますね。
単なる語呂合わせなんでしょうけれど。

いずれにしても、喧嘩することなく暮らしています。
お互いの言い分を正当化して相手に認めさせるために費やさなければならないエネルギーは膨大すぎて、体力も気力も衰退中の私らにはもうシンドイ。
中高年夫婦を支えているのは、妥協とあきらめかもしれません(笑)。




[ 2010/11/23 18:58 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

さくら紅葉


blog101121-1


買物に行く途中の道端に、真っ赤な桜の落葉が吹き寄せられてきれいでした。




blog101121-2


遠回りして図書館前の公園を通り抜け。
ここは桜の木が多いので、赤い絨毯のようになった遊歩道をサクサク落葉の音を聞きながら歩きます。




blog101121-3


七ヶ月ちょっと前の特等席。




blog101121-4


桜のシャワーを浴びたベンチは今、紅葉の灯りに照らされて……。




先週は桜の紅葉がピークでした。
今週後半くらいから、いよいよカエデ、モミジの出番でしょうか。


[ 2010/11/21 17:34 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

marron sweets


blog101119


栗色のお菓子、ほっとする温かな色にひかれて、つい買ってしまいます。



明日は焼き松茸が食べたいと夫が言ってます。
本当の冬が来る前に、食の秋も楽しんでおかなきゃネ



[ 2010/11/19 20:03 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

暖かい色


blog101117
遊具。




blog101117-


こちらもすべり台。
せっかくの遊具なのに子どもの姿がないのは、わざと避けて撮っているからです。
今は見知らぬ子どもに、たとえ遠くからでもことわりなくカメラを向けるわけにはいかない時代ですから。

上の写真の遊具には人影がなく、子どもたちは下の写真の遊具で遊んでいました。
やっぱり少しでもまわりに暖かい色が見える方が嬉しい季節なんでしょうね。



[ 2010/11/17 22:23 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

少しずつ深まる秋


blog101116
午後、近くの公園を歩く



秋の葉が見せてくれるさまざまな色のグラデーション。
「中途半端な色づき」とも言いますが(笑)、これはこれで「ほほぅ…」と見とれてしまいます。



[ 2010/11/16 22:58 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

今秋の番組チェック


黒フレーム大画面テレビがいやだと一つ前の記事に書いてますが、三日も経てば目が慣れてしまい、違和感がなくなりました。人間の適応能力ってたいしたものですね(笑)。
新しいテレビで快適にお気に入りの番組を見ています。



blog101114


金曜の夜はNHKBSで放映中の「イ・サン」。
韓国ドラマは歴史大河物だけ時々見るのですが、これは「宮廷女官チャングムの誓い」以来の私的大ヒット。BShiのノーカット字幕版は一回に二話ずつ放映してくれるので、二時間以上たっぷり堪能できます。面白いよ~これ。


今年の秋に見てる連続ドラマは、NHKBS2「グッド・ワイフ」・九月に集中放映だった「ダメージ3」(以上弁護士物)、WOWOWの「グレイズ・アナトミー6」・いよいよ最終シーズンになったNHKBS2の「ER XV 緊急救命室」(以上医者物)。
そのERの外科医ニーラがストレスの多い毎日の中で「プロジェクトランウェイだけが私の楽しみ」と前々回シーズンあたりで言ってたリアリティーショー・「プロジェクトランウェイ6」&「モデルズ・オブ・ランウェイ」(WOWOW)。
それから、実は私、脱獄物もけっこう好きなので、BS日テレで放映中の「プリズンブレイク」もハラハラドキドキしながら毎週楽しみにしています。
こうして挙げてみるとBS放送の海外作品ばかりですね。
自分の嗜好(歴史大河・法廷・病院・コンペ・監獄)にも改めて気づかされました。(^_^;)


[ 2010/11/14 16:00 ] 映像 | TB(0) | CM(0)

エコポイントもらったけれど


エコポイント特需にわく家電業界ですが、ポイント半減が迫ってきて駆け込み需要が殺到しているそうです。
うちも機に乗じてエアコン一台と薄型液晶テレビ一台、買いました。

エアコンはだいぶ古くなっていたのでいいとして、問題はテレビ。
二年くらい前に買ったテレビはきれいに映っていて、買い替えの必要などまったくなかったのでした。
なのに夫が新品を買ってしまいました。


blog101112-1


これが今まで見ていた32インチ。
もともと壁に掛ける薄型テレビとして重宝してました。
それが、昨年秋のリフォームでクロスを張り替えた後、壁掛け用の金具を取り付ける段になって、まっさらの壁紙にいきなり穴をあけるのがなんだかもったいなくなってしまったんですね。薄汚れていた時には平気だったのに。^^;

壁掛けをやめて部屋の隅のテレビボードの上にのせてみたら、うーん、ここならもう少し大きいサイズでもいけるなーと言う夫に「いけるいける!50型でも置けまっせー」とあおる電器屋さんの後押しが夫の購買意欲に火をつけてしまったようです。



blog101112-2


今回買ったのは42型。
10インチ大きくなると、見た目「わっデカい」って感じますし、黒い大きな家具が嫌いな私は搬入されてきたものを見た時、しまったーと後悔しましたよ。
このサイズには真っ黒枠しかないそうで、そうと知っていたら反対したのに。夫に任せっぱなしで確認しなかったのが失敗でした。
魚眼っぽい広角レンズで撮ったこの写真だとそれほどでもないみたいですが、一枚目の写真と同じ家具の配置でこの真っ黒な画面だと今までよりずっと威圧感があります。

夫は、「次に買う時は50インチ以上」なんて、さらなる企みをすでに抱いているようです。
大画面テレビ、なんでそんなに欲しいのー? こんな小さな家に似合わんよ。
さっぱりわからん…とつぶやいていると、梱包を解いてくれていた電器屋さん曰く「それが男の子なんよ」。
はぁ~?ますます謎。(笑)
ともかく、次に何か買う時には私が色や大きさをチェックしてからにしてもらいます。


[ 2010/11/12 17:36 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

あんまりなランチトーク


blog101110



昨日は、四月以来久しぶりの妹との京都ランチでした。
ひところ雑誌などでもよく紹介されていた祇園のリストランテt.v.b(ティ・ヴォリオ・ベーネ)

「赤鷹峯唐辛子と鰆のサラダ仕立て クスクスとそのジェラート」(写真中央)という複雑な前菜や魚料理の鮮やかな緑色ソース(小松菜&バジル)に一瞬目を奪われつつ、食事中の会話はとんでもなく身もフタもない内容に(@_@;)。
こじゃれたお店で一心不乱にトイレ話を炸裂させる中年姉妹の迫力は、今思い出しても怖いです。
適度にざわついていなかったら、私たちがしゃべりまくっている尾籠な話にみんなドン引きで、しまいにゃ怒られていたかも。反省してます……^^;

実家の親の介護問題、いよいよ押し迫ってきました。
認定、ちゃんとでてくれるといいのですが、父ったら審査の時に限って普段は動かさない足を上げ腕を回しながら体操まで披露しちゃったらしいんですわ……なんでそういう時だけ張りきるのか…(;一_一)。


[ 2010/11/10 11:27 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(6)

紅葉、始まりました


blog101108-1



比較的早めに紅葉する木が我が家の小さな庭で色づいています。
コキア(ほうき草)の鮮やかなピンク。




blog101108-2


夏のぼっさぼさ緑から今はこんなに赤くなった葉っぱ。
一枚目写真と同じコキアですが、夕方の西日が当たって上の写真よりは多少赤みが増して見えます。
霜が降りる頃には枯れてしまうのが、ほんとに残念。




blog101108-3


こちらはマルバノキの5月の様子。
このハート形の葉っぱが可愛くて好きなのです。
が、日焼けと虫に弱くて、たいてい夏の間にボロボロになってしまいます…(;_;)




blog101108-4


虫に食べられたり既に落葉が始ったりしながら紅葉も進行中。
真っ赤なハート、好きな文庫本のしおりにしたいなと思いましたが、落ちて風に吹き飛ばされたり虫に運ばれていく方が自然でいいでしょうね。



[ 2010/11/08 15:49 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

リコール


blog101107



今まで乗った車の中で初めてのリコール。
緊急性はないとのことでしたが、欠陥があると意識しながらハンドルを握る気にはなれないので、連絡を受けて早速部品交換に行ってきました。
所要時間も30分程度とたいしたことなくてよかったですが、何かあってからでは遅いので、これからも点検を忘れずに大事に乗っていこうと思いました。






[ 2010/11/07 16:18 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

ペースダウン


朝はかなり冷え込みましたが、昼間はよく晴れて気持ちのいい日でした。

このごろ一日がとても早く終わってしまう気がしてなりません。
もともとノロマですが、昔よりさらに要領が悪くなったというか動作が遅くなったということでしょうか。
今まで一日に十こなせたことが八くらいしかできないし、それも全力出して頑張ると夜にはくたくたになっていて本を読む気にもなれず、テレビを見ても途中で居眠り(^_^;)
こういう時期は仕方がないので、何事も休み休みゆっくり進めます。
間に合わない分がどんどん後回しになっていきますけれど……((((;゚Д゚))))



blog101105-1


連絡通路。
ここを通る度に神社の千本鳥居を思い出します。
こんな感じの↓



blog101105-2

東京の根津神社内……だったかな(^_^;)。



[ 2010/11/05 18:47 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

実家めぐり


両親亡き後空家になっている夫の実家の荒れ果てた庭(もはや庭というより薮…)、職人さんに入ってもらうことになりました。
長い時間とけっこうなお金がかかると思いますが、いろんな意味でもうプロに頼むしかないところまできていることはわかっていたので、とうとう覚悟を決めました。
幸いにも実家近くのよい方を紹介してもらったので、見積もりをとってもらった後、正式に依頼することになりそうです。
ここしばらくの懸案事項の一つだったので、少し気が楽になりました。



blog101104-1


久しぶりに母の握ってくれたおにぎり(新米♪)と卵焼きを食べました。
手先が不器用で、なかなかお箸遣いが上達しなかった私の幼年期の定番朝ごはんと言えば、母のおにぎりでした。
年をとって指の力も弱った母より妹の方が今では上手に握るかもしれませんが、やはり私にとって「うちのおにぎり」は母の手から生れ出るもの。
実家で食べられる何よりのご馳走です。



blog101104



先週実家を訪れていた東京の叔父が持ってきてくれたお土産がまだ残っていたので、オスソワケにあずかりました。
夫は宮崎(父・叔父兄弟の故郷)の焼酎、私はとらやの羊羹。
夫は持ち帰った夜に早速味見してました。
芋焼酎ってもっと癖がある飲みにくいものかと思っていましたが、それほどでもなく、相伴程度なら私もおいしくいただけます。

お昼の一皿


blog101102



お昼ごはん。
大皿に盛りつけて、カフェふうワンプレートランチを気取ってみましたが、家にあったものを思いつきで並べただけではオシャレな一皿になるわけもなく……(^_^;)
でもいいの。洗い物少ないし。

献立は、カキフライ一個(昨夜の残り)とグリーンサラダ。(人参の切れ端も入っています)
柿、みかん入り牛乳かん。
そしてメインは、先日まとめて作って冷凍しておいたハヤシライスを解凍しました。
残りものばっかりの主婦のひとり昼食でも、たまに無理やり演出することで(笑)気分を変えて楽しく。





明日は滋賀の空き家(夫の実家)へ。
また草ひきです。
終わったら琵琶湖の反対側へ渡って、私の実家にも寄ってくるつもりです。



[ 2010/11/02 18:42 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

秋のコンテナガーデン(二)


blog101101-1



キバナコスモスは本来のコスモスとは別ものと言われていますが、こんなふうに八重咲きになるとコスモスのイメージからはさらに離れて、キク科だということがよくわかります。
多年草のホトトギス、今年もいつのまにか軒端でひっそりと花をつけていました。



blog101101-2



植えた覚えのないこの花が、またまた増殖中。
種が風で飛んでくるだけで、花壇やコンテナのすみに根をおろして増えていく丈夫な花。
全然手もかからないし、初夏と晩秋に毎年もらえるプレゼントだと思っています。
金平糖みたいでかわいい(*^。^*)



台風の後、お天気はぐずついたまま。
秋晴れの青空が早く見たいです。




[ 2010/11/01 12:18 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。