遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

酒粕礼賛


blog110228-1


昨夜の残りもので昼食。
粕汁を作りました。



blog110228-2


初めて食べたその年から、我が家の粕汁に絶対不可欠となった佐々木酒造の大吟醸酒粕。
先日お店へ行った一番のわけは新酒を買うことよりも、予約しておいた酒粕を受け取るためでした。
しぼりたての大吟醸酒粕は小売店へ出回らないし、なくなった時点でもう買えないので、しぼる作業が終わるまでに予約してとっておいてもらいます。
電話でお知らせいただくのは二月中旬以降になるので、12月1月のどんなに寒い「粕汁びより」でも我慢して待っています。三年前の冬から我が家の粕汁初日が佐々木さんとこの粕を買ってきてからやっと…ということになったのは、もう他の酒粕では満足できなくなってしまったから。
でも、それだけ待つ価値のある、おいしい酒粕です。


スポンサーサイト
[ 2011/02/28 17:39 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(8)

京都の酒屋さんへ


blog110227-1

西日を浴びる白梅。
暖かい日が続いて、梅の開花進行中です。
夕方の散歩道にいい香りがただよっています。




blog110227-2


京都は二条城の北にある洛中唯一の醸造元・佐々木酒造さん。
伏見もそうですが、酒蔵の建物って美しいと思います。
欲しいお酒はたくさんありましたが、家にまだ封を開けていない「西陣」があるので、季節限定販売のお試しセットを買って帰りました。



[ 2011/02/27 18:40 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(0)

夕暮れに


blog110223

穏やかな夕暮れどき。





ジャミーラの青いスカーフジャミーラの青いスカーフ
(2010/12)
ルクサナ カーン

商品詳細を見る


タリバーン政権後のアフガニスタンで悲しい運命に打ちのめされつつも自立して生きていこうとする少女の物語。


実の親に捨てられたり、子どもが大人から奴隷のようにこきつかわれたり、ひどい男尊女卑が当たり前だったり……下層イスラム世界の日々の生活を想像すると、平穏な国で何物にもおびえずに暮らせる自分はなんと恵まれていることかと思い知らされます。



[ 2011/02/23 18:52 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

オイシイかりんとう


blog110221-1


昨年の晩秋、東京土産に買って帰りました。
あまりにも遅いアップですが、かりんとうって日もちするんですよね(^_^;)
と言っても、さすがにもう賞味期限ぎりぎりの二月中旬にやっと食べ終えました。


日本橋錦豊琳の本店ではなく、東京駅地下のグランスタで買いました。
しょっちゅう行列ができているとは聞いていましたが、私たちが行った時も少し並びました。
駅構内のお店は小さく、すごくはやっているので、ショーケースの前でゆっくり選んでいるような余裕がないせいか、通路をはさんだ反対側(銀の鈴側)に並んで待つ間に、店員さんから渡されるリーフレットで商品を前もって選んでおくことでお店の前にいる時間を短縮化。順番がきたら5人ずつくらいが通路を渡ってお店の前へ誘導され、さっとレジをすませて素早く去ります(笑)。
初めてだし試食もしていないので選択は適当でしたが、ねぎみそ・きんぴらごぼう・黒こしょう…どれもハズレはなかったです。お値段が手ごろなのもいいです。



blog110221-2


一番人気のきんぴらごぼう。
見た目ちょっと……色があまり食欲を誘わないのですが(笑)、味は期待以上。とてもおいしかったです♪
ほどよい甘さとピリッとした唐辛子のバランスが絶妙で、お茶受けにも、お酒のおつまみにもよくあいます。


もう一回食べたいと思っていたんですが、このお店は通販がなく、関西に住む私の口に入る機会はめったありません。
ところが、久しぶりにHPを見てみたら2月23日から28日まで、京都伊勢丹の「日本のおいしいもの展」という催事へ出店のニュースが。
偶然なんですが、ちょうどその期間内に京都へ出かける用事があるのです。
チャンスだ!買いに行きまーす



[ 2011/02/21 12:38 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

一週間前の雪


一週間前、滋賀の実家へ行った日の写真です。


blog110214-1


午後からの雪、降るわ降るわであっという間に積もりました。



blog110214-2


赤いサザンカを覆い隠す雪。
柔らかいシャーベット状で、翌日の午前中にはほぼ溶けてしまい、道路がぐちゃぐちゃに汚れていました。
降り積もるさなかはきれいだったんですけれどね。



明日から実家


blog110213


バレンタインチョコ商戦ラストスパートですが、写真は先月たまたま地元のデパートに来てた北海道物産展のロイズ2種。
なんだか今年は混みあった場所へ行くのが今まで以上につらく、このチョコが欲しい!というこだわりもないので買うのをやめました。
売り場が落ち着いたら、またあらためて見に行こうと思います。おいしそうで、なおかつ適正価格のものを。





明日から数日、滋賀の実家へ介護手伝いに行きますので、ブログはしばらくお休みします。
いくつになっても気の利かない私ですが、先月より少しは役に立てるよう、がんばってきます。(^_^;)


[ 2011/02/13 17:08 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

雪の日に


blog110211
午前10時頃の雪の様子。


今冬、最多積雪でした。
大阪市内でも5cmくらい積もって、阪神高速が通行止めになっているとニュースで伝えていました。
午後にはもう日光が射して雪は溶け始め、今も降ってはいませんがとても寒い。しっかり真冬に戻ったみたいです。
食料の買い出し以外は家にこもって過しました。
好きな作家の新刊を一冊読了。



妄想気分妄想気分
(2011/01/26)
小川 洋子

商品詳細を見る

何ということもない日常生活や日々の思いを書き連ねて、それが自然に一つの文学的世界を形作る作家は他にもいるけれど、この人の世界は穏やかで繊細で少し物哀しい。
あまり気分を高揚させず、静かに過ごしたい時に読むと心にしみてくるエッセイ。
ここ一年ほど目の調子がよくなく(近眼と老眼のバランスがとりにくいのです…)眼精疲労のため読書ライフも停滞気味でしたが、ちょっとしたきっかけでまた本を手に取ることが楽しみになり始めています。


[ 2011/02/11 18:34 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

さきがけの花菓子


blog110209-1
「未開紅(みかいこう)」(二条若狭屋)


未だ紅を開かず。
立春を過ぎてだんだん暖かくなりそうな気配がただよいつつ冬の寒さもしっかり残っていて紅梅はまだ花びらを閉じたまま、という今の季節にぴったりの菓銘ですね。
四隅から真ん中へこし餡をきゅっと包んだ形に、まだ残る寒さとやがて開かれる蕾の春の待ち遠しさ両方が感じられる雅なお菓子です。



blog110209-2
「寒紅梅」(とらや)           「咲分け」(駿河屋)


年明けから二月いっぱいと和菓子の世界ではかなり長い期間君臨し続ける梅。
凛とした気品、明るい華やかさ、馥郁たる芳香。すべてを持ち合わせた花の見ごろがもうすぐやってきますね。
お菓子だけじゃなく、本物の観梅を計画したいなと思っています(^^)。



[ 2011/02/09 17:41 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

中国からきた魔除けの像


blog110208-1


一週間ほど前の寒さが緩んだ晴天の日に蝋梅を見に行った後、仁王門通りをそのまま東へてくてく岡崎まで歩きました。
平安神宮の大鳥居南までほんの少しというあたりに、以前から気になっていた建物があります。
古い館の屋根に乗っかってる朱塗りの八角堂みたいなものは何なんだろう……。




blog110208-2


建物は藤井有鄰館(ゆうりんかん)。
藤井善助という人が収集した中国の美術工芸品を展示・保存するために大正15年に建てられた美術館だそうです。
写真は逆光で見にくいですが、そう言われてみれば黄色い屋根瓦や玄関前の獅子像など、東洋風な雰囲気はあります。




blog110208-3


調べてみると、このお堂は美術館の建設と同じ時に中国の北京から移築されたものだとか。
望遠レンズじゃないので限界がありますが、防護網をかぶって堂の屋根の上に何体もの動物像が見えます。
これも堂といっしょに北京から運ばれてきた「走獣」という魔除けの像だそうです。
日本でも、特に京都の町家などでは今でも屋根瓦に鍾馗さんを乗せているのをよく見かけますが、そういう類のものなのでしょう。
でも、実際に長い年月中国の空を見ていた像が今は京都の風に吹かれていると思うと、時間的にも空間的にも遠い旅をしてきた走獣たちに感慨をおぼえます。


[ 2011/02/08 22:52 ] 京都・その他 | TB(0) | CM(0)

三度目の楽しみ


blog110206


寒い時にはゴミ収集場で顔を合わせても挨拶だけだったご近所さん。
ここ数日の陽気のせいか、長い長い噂話。
求めずして耳に入ってくるものは仕方ないですが、これを絶対に他の人に話してはいけないんですよね。
ご近所という狭いエリアの「ここだけのハナシ」はめぐりめぐって、いつか噂の主のもとへたどりつくものですから。
かたく口を閉じて用心。



四月から始まるNHKBS時代劇「新選組血風録」、配役がわかってきましたね。→ 

12回の連続ドラマになるそうですが、原作は15話の短編集。
どの話が落ちるんだろう。鴻池善右衛門が配役されているということは「虎徹」は当確でしょう。「芹沢鴨の暗殺」もね。「前髪の惣三郎」はNHKでやれるかなぁ……(^_^;)、なーんて勝手に予想して楽しんでます。

ところで「お美代」って誰??

最近記憶力があやしいので、ざっと原作見直してみたんですが、どの話にもそんな女性出てきてなかった。
ネットの情報によると、土方に思いを寄せる料亭の女性だとか…。
個人的希望から言わせてもらえば、それ、いらん!
せっかくあんな素晴らしい原作があるんだから、できるだけ原作どおりにドラマ化してほしいです。
こんなこと言うと、そんなら本だけ読んどけよって反論されちゃうかもしれないけど。
架空の人物登場させて不自然にからませてハナシふくらませたりするより、そのままがいいんだけどなぁ…。

とかなんとか余計な心配しつつ、新選組もの七年ぶりの連続ドラマ・三度目の「新選組血風録」、楽しみです。


[ 2011/02/06 18:37 ] 映像 | TB(0) | CM(4)

春めいて


blog110204


京阪三条駅北口からもう少し北へ歩いて仁王門通りへ入り、幾番目かの細い通りを折れたところに小さなお寺がこれまた幾つか並んでいます。
そのうちの一つ、大蓮寺の境内に蝋梅が咲いていました。



blog1102044


名前のとおり蝋細工のような黄色の花びら。
風が吹くといい香りがただよってきます。
白梅は蕾の方が多くて、まだまだ時間がかかりそうです。


今週の月曜日はたしかに厳寒の真冬でした。
火曜になって、あれ?あったかい…続いて水、木とぐんぐん気温上昇。そして立春の今日は三月中旬なみだそうです。
まさに春が来たという雰囲気。
あまりに快適で、今度冬に逆戻りしたら体にこたえそうです(笑)。

我が家は月曜に夫が有給休暇をとっているので明日から三連休。
一日くらいはご飯支度をサボって外へ食べに行きたいなー。。
土、日とも穏やかな晴天が続くそうです。皆さまもいい週末を(^^)

[ 2011/02/04 22:28 ] 京都・冬 | TB(0) | CM(2)

節分


blog110204-1


節分のお豆。
ここ数日、気の滅入ることが続いていたので、はなやかで明るい色のものにしました。
京都夷川通り「豆政」のクリーム五色豆です。
明治時代からの看板商品である五色豆の洋風アレンジだそうで、落花生にミルク・イチゴ・バナナ・コーヒー・抹茶の五色クリーム衣がかかっていています。ふんわり、柔らかい味わい。




↓はオマケ


blog110204-2


福はー内!



[ 2011/02/03 23:00 ] 歳時記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。