遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

厳寒


一月最後の今日、大阪は晴天です。
でも寒~い。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
青森県の酸ヶ湯(すかゆ)では正午の積雪が400cmだとか。4メートルなんて……すごい。
めったに雪が積もらない場所に住む者には想像できないような大雪です。
7年くらい前に東北を旅した時、バスで酸ヶ湯温泉の近くを通りましたが、そういえば5月だというのにまだ雪が残っていたなぁ。
被害が少ないことを祈ります。





blog120131

買物途中にあるノッポビルやおやつのケーキ、自宅のフラワーポット、夕暮の散歩道。

パソコンの中に残っていた写真をごちゃ混ぜにして貼り付けました。
抱えている問題にケリがついたら、またカメラ持って外へ出たいです。


スポンサーサイト
[ 2012/01/31 14:55 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

今月の読書


狐笛のかなた狐笛のかなた
(2003/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

ファンタジーものは苦手な方ですが、これは一気に読みました。
ヒト、神、そのあわいに生きるモノ。それぞれの世界がうまく絡み合って、しかも昔の日本民話にあった野原や川や草花の匂い、夜の暗闇の深さなどが身近に迫ってくる気がしました。
結末は予想外でちょっとびっくりしましたが、後味がいいのでOKです。


たかこさんのしあわせふたりごはん ~記念日やおもてなし&デイリーディナーのごちそうメニュー113~たかこさんのしあわせふたりごはん ~記念日やおもてなし&デイリーディナーのごちそうメニュー113~
(2011/12/01)
稲田 多佳子

商品詳細を見る

最近、献立につまっているので参考になります。(^^)


デジカメ写真の構図が上手くなる見本帳デジカメ写真の構図が上手くなる見本帳
(2012/01/18)
石田 徳幸、胡桃 他

商品詳細を見る

これまた参考になりそうな本です。収録写真もきれい。




今読みたいと思っているのは、葉室麟『蜩ノ記』、三浦しをん『舟を編む』。
両方とも人気の作品なので、図書館予約は蔵書数の10倍……(・.・;)
[ 2012/01/29 18:55 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

赤い実


blog120127-1

こう毎日寒いと、日差しが何より嬉しい眺め。
昨日は晴れているのに粉雪がはらはら降っていました。
鉢植えの千両、赤い実が可愛かったので一枝切って飾りました。




blog120127-2

blog120127-3


昔、お弁当包みに使っていたコットンリネン。
赤い実の枝は千両・万両どっちかな。
ちなみに葉の上に実をつけるのが千両で、葉の下に隠れるように結実するのが万両なのだそうですが、葉が描かれていないのでわかりませんね。
ネットで二つを比較した写真を見ると千両の方が明るい朱色に近い色なので、リネンの絵の赤は万両の方かも。
今年、珍しくうちの千両はたくさん実をつけて、お正月の飾りにも重宝しました。
それにしても、ついこの間だった気がするお正月から早くも今年最初のひとつきが終わろうとしているんですよねぇ。



[ 2012/01/27 01:02 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(4)

祇園でランチ


blog120124


妹と祇園で食事をしました。
忙しい妹を京都へ呼び出すのはどうかと思いましたが、病気の老親と同居している妹は何か機会がなければなかなか家を空けられないので、こういう場所へ出てきてランチするのも少しは気分転換になるかと。
ただし話題はどうしても父の介護のことになってしまうのですけれど(^_^;)。

お店は祇園の中心部。白川をはさんだ対岸は観光名所の花見小路です。
窓辺の席が用意されていたので、ときおり雪が舞う白川沿いの風景を眺めながら食事を楽しめました。
桜と柳の季節は、ここ一等席だから予約取りがたいへんだろうなぁ。
ITOH DINING KYOTO

お店を出てから木屋町通りを三条まで歩く途中の寒かったこと。((((;≧д≦))))
今日の京都は最高気温が5℃以下だったそうです。
今週後半にかけて、さらに低温傾向らしいので冷え対策を万全にしておかないと。



[ 2012/01/24 23:04 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(4)

春に向かって


blog120123

冬枯れの寂しい花壇で芽を出し、すくすく育っているスノーフレーク(スズランスイセン)。
こんなに寒くても一日一日春に近づいているんだと告げられているようです。




[ 2012/01/23 22:08 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

サリーのベースでジュリーの歌を


blog120121

椅子の背に厚手のひざ掛けが用意されていても、さすがに外の席に座る人がいない真冬の午後。
お天気が悪くて、寒さもいや増しに感じられます。
来週から二月中旬頃までが寒さの底でしょうか。
体調整えて乗り切りましょうね。



今週の水曜だったか、なにげなくテレビをつけると沢田研二さんが「君だけに愛を」を歌ってました。
ベースのサリーこと岸部一徳さん、あとギターのタローさん、ドラムのピーさんも。トッポはいなかったな。
還暦超えのタイガース(笑)はさすがに皆さんトシ取りましたが「モナリザの微笑」「青い鳥」(私は途中から見たので聴けませんでしたが「僕のマリー」も歌ったみたい)など往年のヒット曲が嬉しくて、そのまま最後まで見てしまいました。
GS全盛期ってまだ小学生だったし、べつに特定のグループのファンでもなかったですが、あの時代の熱気は自然に記憶の隅に刻み込まれています。日本全体が今よりずっと元気だった気がします。
なつかしいな。



[ 2012/01/21 23:23 ] 映像 | TB(0) | CM(2)

病と家族


自宅へ戻ってきました。

今回も家事手伝いと父の身の回りの世話。
父は一人で着替えることもできないので、起床時から就寝時までなにかと手助けが必要です。
重度の糖尿病からくる自律神経失調で排便異常があり、時々たいへんな事態にもなるんですが(^_^;)、紙オムツとポータブルトイレと消臭剤で今のところなんとか乗り切っています(笑)。

認知症の方は検査の結果、レビー小体型と診断されました。
アルツハイマーと違うところは、初期の主症状がもの忘れよりも幻視・幻覚・幻聴ということです。
寝室のアリの大群騒ぎもまだ続いていました。
幻覚であることを信じようとせず(父にはしっかり見えているみたいですから仕方ないのですが)、認知症と診断されたことにも強い不信感を持っているようで、父を病院へ連れて行く妹に「医者にいい加減なことを告げ口されて、片輪にされたおかげで薬づけになった」などと、ストレスに耐えながら毎日汚物の始末をし忙しく家事と介護に明け暮れている母や妹にしてみたら立つ瀬のないようなことを平気で言う父ですが、自分にはっきり見えている幻覚が事実だと周囲の誰一人として認めてくれないことで父もきっと孤独なのでしょう。
糖尿病や癌をはじめ多種大量の薬を既に処方されているため、幻覚を抑える薬の選択肢が狭い父(←副作用や他の薬との飲み合わせの関係で)ですが、今度新しく出してもらった神経内科の薬が効いて、できるだけ病気の進行を遅らせることができるといいなと期待しています。



blog120119

ドラゴンズブラッド……「龍の血」という名前に惹かれます。
冬になってさらに赤みが増してきましたが、龍の血ってこんな色なのかな。

家に帰って植物を眺めていると、やはりほっとします。
でも、母と妹のたいへんさを思うと胸が痛みます。
また近いうちに行こうと思います。



滋賀の実家へ


blog120115-1

白いダーナラホースは新入りです。
赤いリボンでおめかし。



blog120115-2

昨年のクリスマスにやってきたこの子もだいぶ我が家になじんで(?)、先輩格のダーナラ親子ともうまくやっていけてるようです。

泊りがけで出かける時には、しっかり留守宅を守ってくれるよう、この子たちにも言い置いて出発します。
「わかったわ。家のことは心配しないで。気をつけていっていらっしゃい」
などとはもちろん言われませんが(笑)。



……ということで、明日から実家へ。
先日、年始のあいさつに行ったばかりですが今回はいつもの介護手伝い帰省です。

昨年は20日実家にいました。
まだ父に介護の手がいらなかった一昨年には4~5日。

半年ほど前だったかな…ある新聞記事が目にとまったのです。
「親孝行」がテーマの特集記事の中に、別居の親と過ごせる残り時間の計算式が書かれた本が紹介されていました。
親の残された寿命年数(平均寿命を男79.6歳、女86.4歳として)×一年に会う日数×一日で一緒にいる時間
として算出し、さらにそれを日割りで計算すると唖然とするほど短いことに気づきます。

そろそろ最晩年にかかるであろう父。
無理はしませんが、今年も実家へはできるだけ顔を出そうと思っています。


[ 2012/01/15 22:46 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

お隣りさんから


blog120113-1

柚子のおすそわけにあずかりました。
採りたてなのか、刃を入れる前からいい香りが立ってくるほどフレッシュでした。



blog120113-2

汁物の吸い口に使ったり、柚子味噌を作ったりして余った分をハチミツと合わせて保存。
喉が少しいがらっぽい日などに、お湯割りのホットゆずみつにして飲んでいます。



***



柚子をくださったのは北隣りさん。
もう一軒、西側のお隣りさんのことが実は今ちょっと気になっています。
昨年12月のはじめにご主人が入院されて、お正月も帰宅はなし。
そしてここ数日、隣家に人が生活している気配がなくなり、雨戸もずっと閉まったまま。ベランダに洗濯物も見えません。入院先へ泊りがけの付き添いに行かれてるのかなぁ。
これまでも奥さんは近所づきあいをいっさいなさらず、ずっと家の中で静かに過ごされていて、めったにお顔を見ることもなかったのですが……ご高齢だけに気にかかります。
迷惑がられてもいいから、インターホン鳴らしてみようかな。



[ 2012/01/13 21:50 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

冬の光


blog120111

南側の窓はまぶしいくらいの日差しです。
お昼からは逆光ですが、長い影もくっきりきれい。
サンキャッチャーを買おうかな…なんてふと思いつく寒い日の午後。


今日の夕食。献立はふろふき蕪の白みそ椀、手作りコロッケとグリーンサラダ、根菜とちくわの煮物、薄切り大根と麩のすまし汁。
ほんとはまだお正月もの(ボウダラ・カズノコ・昆布巻きなど)が残っているのですが、日持ちするので「まだいいか」と冷蔵庫の隅にチラリと目をやりつつ、三が日以降は普通のおかずばかり続けています。



[ 2012/01/11 16:51 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

恒例の…


blog120109-1


新年を祝う伝統菓子ガレット・デ・ロワ、今年も奈良のガトー・ド・ボワさんから取り寄せました。
しっかり焼かれたサクサクのパイ生地と中のピスタチオ風味豊かなクレームダマンドが絶妙のバランス。おいしかったです~(*^。^*)。
フェーヴが当たった人がかぶる王冠は二年続けて夫の頭上に。
私は今年も涙を飲みましたが、夫に王様扱いの特権を与えたりはしていません。ま、当然ですけどね。( ̄∀ ̄)



blog120109-2

パイの中から出てきたフェーヴ。
今年は、おっちゃんでした。



***


今日は成人の日。
でも、やっぱり1月15日の方がしっくりくるよなぁ…と感じてしまう昭和半ば生まれでございます。(^_^;)
そういえば、今年は祝日休みが減る曜日回りなのですね。
建国記念日、こどもの日、秋分の日、文化の日はすべて土曜日で振替休みにならないから、四日も損した~と残念がる勤め人さんたちの声が聞こえてきそうです。



[ 2012/01/09 18:17 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)

初園芸


今年になって初めての園芸作業は、バラの植え替えでした。

昨年の早春、小苗で我が家にやってきたつる薔薇ピエール ドゥ ロンサール。
六月頃には丈が伸びて用意していた1m足らずのオベリスクではまったく手におえない状況になっていたので、今年は大きめのオベリスクに入れ替え、ついでに鉢も一回り大きなサイズに替えるつもりでいました。
作業は根が動き出す前にすませないといけないので、真冬の休眠中に植え替え決行。


blog120108-1

1:スクエアタイプの新しい大型プランターを用意しました。
2:裏面の小さなロゴもおしゃれな感じ♪
3:裏面のロゴをアップで。
4:ピエールのつるはけっこう伸びるので、オベリスクの高さも昨年の倍以上、209cm。スリムタイプですが、これだけの背丈のものを差し込んだ大きな深鉢となると少々手こずりそうなので移動などは極力避ける方向で、どこに置くか、場所をよく考えてから設置しようと思います。春から伸びてくるシュート、うまく誘引できるかちょっと不安ですが。(^_^;)
5:昨年咲いた花。蕾が全開すると、かなりの大輪になります。



blog120108-2

ネットでだいぶ探して入手したプランター。
テラコッタに見えますが、実は軽量のグラスファイバーです。(軽量と言っても土を入れるとやっぱり重くなりますが。)
ブルーグレーは私の好きな色。うちのバラの花色も映えるかと思って選びました。
アンティークふうに少しかすれた文字はJARDIN DE LA LUMIERE、フランス語の「光のガーデン」。
明るい光がふりそそぐ庭になってくれるといいなぁ。



[ 2012/01/08 22:55 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)

今日から


「普通の日」が戻ってきました。
早朝まだ真っ暗な中を浮かない顏で出社していった七連休明けの夫、今年も仕事量は減りそうになく、もちろん初日から残業でしょう。
ご苦労様、と感謝しつつ今日から昼間一人になれる私はちょっぴり羽を伸ばさせてもらいますよ。



blog120105-1


お正月は実家へのお年始と近所の神社へ初詣に行った以外は家にいました。




blog120105-2


普通にお雑煮食べて、テレビで箱根駅伝を見て、普通に家事をして、寝る前に図書館で借りている本を読んで、お正月終了。
今日からまたやりたいこと、やらなきゃいけないこと、いろいろ見定めながら取りかかっていきます。
いよいよ一年で最も寒い時期に入るので風邪や冷えに気をつけて、元気で2012年に踏み出していきましょう。



[ 2012/01/05 09:23 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

年はじめ


blog120101


あけましておめでとうございます。
穏やかな一年でありますように。

今日は夫と二人、滋賀の実家へ新年の挨拶に出向き、お昼とお茶の時間をいっしょに過ごしてきました。
いつ以来か忘れたほど久しぶりにスカートで出かけたところ、ブーツをはいていたにもかかわらず膝のあたりがスースーしてたいへん寒い思いをしました。風邪をひいたかもしれません。
寒空でも薄着にショートブーツで颯爽としている若い人たちのようにはいかないものですね。新年早々自分が「冷え性オバサン」であることを思い知らされました(笑)。
そんなわけで今年もやはり失敗が多そうな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。




[ 2012/01/01 21:34 ] 歳時記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。