遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の雲


blog130929.jpg

昼間はまだ半袖でないと暑いです。あと一週間くらいはそんな感じかな。
あちこちで運動会の声援の声や音楽が聞こえる週末でした。
いわし雲が徐々にオレンジ色に染まっていく秋の夕暮れ。


「あまちゃん」終わってしまった。
いい朝ドラでした。毎日楽しかった。
明日からどーしよー。



スポンサーサイト
[ 2013/09/29 22:02 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

涼しい朝


blog130927.jpg

今朝はあわてて長袖はおりました。。
朝夕涼しくても昼間は30℃以上まで気温が上がってくる日が9月後半はずっと続いていましたが、昨日からやっと昼間も本物の秋を感じられるようになっています。

今朝は家事の後、10時半くらいまで窓のそばの椅子で読書。
今までは午前中でも暑くてここに長い時間座っていられなかったのに……。
秋の晴天って本当に気持ちがいいです。 が、乾燥肌^^;のためにはそろそろお湿りが必要かも。
こちら、京都の嵐山が被害を受けたあの台風以来、一度も雨が降っていません。


[ 2013/09/27 12:44 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

読書メモ


レイモンド・カーヴァー - 作家としての人生レイモンド・カーヴァー - 作家としての人生
(2013/07/09)
キャロル・スクレナカ

商品詳細を見る

以前、村上春樹の翻訳でカーヴァー選集が文庫で出た時(↓の本)に幾つか読んで、ブルーカラーの日常における悲哀や歓び、それだけではない人生の渋みがにじみ出ている作風に少し興味を持った作家でした。
作家の評伝物はとてつもない個性の持ち主であるほど面白いものですが、レイ・カーヴァーの場合はお酒とニコチン、クスリはまぁありそうなものとして、作品を無断で短く刈りまくってブツブツに切り刻んで雑誌に発表する担当編集者との軋轢を描いた部分がたいへん興味深かったです。そんな編集の仕方、今の時代ではもう許されないことでしょうけれど。


Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)
(1997/10)
レイモンド カーヴァー

商品詳細を見る


「ささやかだけれど、役に立つこと」「大聖堂」もよかったけれど、一番は「足もとに流れる深い川」







blog130925.jpg

おとなりさんから二十世紀ナシのおすそ分け。
今日のおやつにいただきます。



[ 2013/09/25 15:15 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

彼岸のお墓参り


blog130921.jpg

お彼岸の墓参りで比叡山延暦寺霊園へ行ってきました。
今日もまだ暑さが残っていましたが、小高い場所にあるせいか最低気温がかなり低いのでしょう。紅葉を始めた木もちらほら。

自宅から霊園まで2時間では行き着けません。
京阪電車とJRの乗り継ぎがあまりよくないのです。ぼーっと電車待ちしている時間がもったいない。
車で行っても高速道路は渋滞だし…。
もう少し京都寄りに移ろうかなぁ…と思うのはこういう日。
往復4時間以上かかって帰宅した頃にはもう家事をやる気がしません。
今週2度目のデパ地下弁当を買ってしまいました。^^;



[ 2013/09/21 18:31 ] 歳時記 | TB(0) | CM(0)

月見


blog130919.jpg

中秋の月が満月とは限らないのだそうで……。
今夜は望月ですが、次回中秋と望月が重なるのは8年先らしい。
肉眼で夜空を眺める分には少々欠けていてもわかりませんよね。

サトイモは衣かつぎにはせずに、干しシイタケの戻し汁で人参やかまぼこといっしょにお煮しめにしました。
月見団子もお供えした後に二ついただきました。

午後10時を過ぎて、南の窓から私の寝室の奥まで月光が届いています。
昼間はまだ30℃を超えていますが、今ベランダで涼しい風に吹かれて虫の声を聞きながらお月見していると、あんなに暑かった日々が嘘のようで、やぱり秋はちゃんときてくれるんだなぁと嬉しくなります。


[ 2013/09/19 22:43 ] 歳時記 | TB(0) | CM(2)

台風一過と敬老の日


台風、通り過ぎていきました。 やれやれ。
未明から早朝6時くらいまでが風雨とも一番強かったように思います。
午前中のニュースで京都や滋賀が特別警報まで出てえらいことになっている映像を見て驚きました。
嵐山・渡月橋あたりで冠水している桂川の濁流は信じられない光景でした。

幸い私の住居地区は警報止まりで避難指示や勧告はありませんでしたが、市内のあちこちで冠水や水没はあったようです。
三連休最終日の交通手段を奪われた人も多かったでしょう。
いつも買物に行く駅前のデパートも道路の通行止め等の影響で出荷品が間に合わず、1時間遅れの開店でした。
自然の猛威に翻弄されつつ、これでまた一歩秋が近づいたというところでしょうか。



blog130916.jpg

デパ地下で買ってきたなだ万のお弁当。夫は山ばな平八茶屋の二段折を買いました。
敬老の日用の料亭弁当はサイズが小さいものもあるので買いやすい。
うちに老人はいないので、私たちの今夜の夕食にします。
実家の老親には和菓子の詰め合わせを贈りました。
父はインスリン注射で血糖値を下げることができるので、少しなら甘いものも食べられます。




[ 2013/09/16 15:47 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

残暑


ここ数日の蒸し暑いこと。 夏が戻ってきた感じです。
暑いと、たちまち怠惰になる私。(>_<)
毎朝作る小松菜・ヨーグルトジュースも、ジュース用に野菜や果物の準備をする手間が面倒で、ジュース作りはしばらくお休みしています。
ヨーグルトをそのまま食べる時にはジャムを合わせるのが定番。


blog130912.jpg

5月の旅行で軽井沢土産に買ってきた沢屋のジャムがとても美味しかったので、その後も本店から取り寄せていました。
でもこれ京都の幾つかのデパートでも買えると最近知って、今度売り場で確認してこようと思っています。





*****




きみはいい子 (一般書)きみはいい子 (一般書)
(2012/05/17)
中脇 初枝

商品詳細を見る


返却日が迫っていた図書館の本を今日あわてて読了。
借りてきた当初さーっと読み始めて、途中で止まってしまっていたのは小説の大きな柱になっている「虐待」というモチーフが重かったからかな。
家では夕食しか与えられないため、給食で命をつないでいる小学生。月曜から金曜まで給食の献立を丸暗記するほど楽しみにしている彼に、親は夕方5時までは帰宅することも許さない。雨の中、誰もいない校庭のうさぎ小屋の前でじっと立って時間が来るのを待ち続けるやせっぽっちの男の子……。
あるいは、小さな娘が外でやらかすいたずらや些細な失敗が許せずに、帰宅後その一つ一つを思い出しながら娘を叩き蹴飛ばし引き倒す若い母親……。
小説としては上手いし読み応えもありますが、やはり暗澹とした気分になります。



[ 2013/09/12 22:13 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

祝東京五輪2020


早朝、雨の音で目が覚めて、開けたままにしていた窓を閉めた時に思い出してテレビをつけました。
まさに発表の瞬間で、いきなり「TOKYO 2020」の映像と歓声が眠気を吹き飛ばしました。
でもやっぱりもう少し寝ていようと、夫に教えてあげた後に再度寝直しましたが。(^_^;)

7年後。
今54歳の私の環境はかなり変化していると思います。
夫は会社を定年退職しているだろうし、もう大阪府に住んでいない可能性も高い。
両親は生きているだろうか……。

半世紀前と同じようにオリンピック開催に向かって東京はますます発展していくだろうけれど、東京だけが輝く道を突っ走って地方は置いてきぼりのまま放置…ということにならないことを祈っています。



blog130907.jpg

午後、車の定期点検に行って、まさかの新車契約。
納車は2ヶ月先です。


[ 2013/09/08 18:44 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

プレゼントの葡萄


西日本はここのところ毎日一度は雨が降ります。
大雨も怖いですが、昨日の関東の竜巻にはびっくりしました。
あれはもう避けようがないですね。避難っていったって間に合わないし。
一瞬で家が倒壊したり屋根を吹き飛ばされてしまった方が気の毒でなりません。
自分が当事者だったら、きっと呆然と座り込んでしまうだろうなぁ。
まだ暑さの残る中、休むことなく片付けに取り掛かる気丈さがかえって辛いです。
異常気象が原因なのでしょうか。夏からずっと自然災害が多くて怖いですね。


blog130902.gif

昨日、妹から届いた宅急便。
山梨のぶどうを送ってくれました。
大好きなマスカット系。大粒で甘くて、種がないのも食べやすくて高得点。
葡萄、梨、無花果、柿……秋の果物には好きなものが多いので楽しみです。




[ 2013/09/03 21:48 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。