遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良・紅葉散歩・3


前日あれほど素晴らしい夕陽が見られたのだからお天気大丈夫なんじゃないかな…なんて都合のいい予測は外れ、翌日は朝から雨。
近鉄電車で大和八木→室生口大野と移動して、そこからバスで室生寺へ。

blog141130-1.jpg

室生寺の本堂あたり。雨脚がかなり強くて写真はあまり撮っていません。
奈良市内よりだいぶ落葉が進んでいて、境内の石畳や階段、灯篭などに折り重なり積もった赤いもみじを雨がしきりにたたいていました。

さらに桜井まで移動して県内屈指の紅葉名所・談山神社へ向かいました。



blog141130-2.jpg

高さ17mの檜皮葺き十三重塔。世界で唯一現存する木造の十三重塔だそうで、ガイドブックでも談山神社と言えば必ず紹介されているシンボル的な遺構です。
この塔くらいはきれいに撮りたかったなぁ。雨ザーザーに加えて山寄りは白い靄がかかっていて、どこを見てもぼやけているのが残念でした。そのかわり、人の数が少なめでよかった。どちらかでしょうね、この季節は。(^^;)



blog14130-3.jpg

談山神社楼門あたりから拝殿の吊り灯篭ともみじ。


blog141130-4.jpg

拝殿から下をのぞくと圧巻の紅葉風景が広がっていて、しっとりと濡れた葉っぱが妖艶に美しく、雨の紅葉狩りもなかなか…と思い直してじっくり堪能しました。今年はもうここでお終い。紅葉を探しに京都へは行かないでしょう。



私の関心はずっと京都へ向いていて、近いのに長いこと訪れることもなかった奈良。
今行ってみたいと思う場所がたくさん思い浮かびます。春もきれいだろうな。桜の頃がいいかな。




今年は久しぶりに早めの紅葉だったので、バタバタしつつなんとか11月中に旅日記(年々手抜きのひどさが目立ってきていますが^^;)を書き終えました。



おまけ画像↓

blog141130.gif

奈良のお土産。食べ物ばっかり。(;^ω^)


スポンサーサイト
[ 2014/11/30 23:55 ] | TB(0) | CM(0)

奈良散歩-二月堂夕景1


blog141129-1.jpg

二月堂は東大寺境内の東側、山裾の一角にある国宝のお堂です。
西に向かって張り出した舞台を巡り行く松明の炎で知られる「お水取り」(修二会)は春の訪れを告げる有名な行事。毎年3月になるとテレビでも映像が流れます。



blog141129-2.jpg

舞台に上ってみると、大仏殿(写真の左上部)をはじめ寺院の甍や鬱蒼と茂る緑の向こうに奈良市内も見渡せる絶好の眺望。


blog141129-3.jpg

西に向かって開かれたこの場所で夕陽を待とうと思います。


blog141129-4.jpg

その前にお堂の周囲もさらりと見学。
16時を過ぎると西日が最後の輝きを放ち尽くすように強い光を投げかけてきました。
これは期待できそうと、たくさんの人たちが夕陽目当てに舞台に上ってきます。


blog141129-5.jpg

そろそろ日没の始まりです。


↓へ続く



[ 2014/11/29 23:11 ] | TB(0) | CM(0)

奈良散歩-二月堂夕景2


↑からの続き

blog141129-6.jpg

長く見つめていると眩しくて目にはよくないとわかっていても引きこまれずにはいられない景色です。
華やかで荘厳。心に残る夕陽でした。


blog141129-7.jpg

今まさに沈もうとする入日の山際をズームアップ。


blog141129-8.jpg

もっと見ていたかったけれど、秋の日は釣瓶落とし。
あっという間に残照です。


blog141129-9.jpg

日が落ちて、お堂の軒に吊られた大提灯にも灯が入りました。



[ 2014/11/29 22:05 ] | TB(0) | CM(0)

奈良・紅葉散歩1


blog141128-1.jpg

近鉄特急を利用すると、自宅最寄り駅から1時間で奈良駅に到着します。
「旅行」と言うには近すぎるのですが、奈良を訪れるのは大学時代以来なので近鉄の駅に降り立っても懐かしさはなく、初めて来たような感覚でした。


blog141128-2.jpg

1 駅から春日大社の方向へぶらぶら歩いていくと自然に猿沢池まで導かれます。
 興福寺の五重塔。(上三重しか見えないけれど^^;)
2 塔を横目に見つつ春日大社の参道である三条通りをてくてく。一の鳥居に到着。
 鳥居をくぐって、広大な奈良公園をあちこち歩き回りました。
3 南側の園地にある円形窓の建物は「円窓亭」 .
4 さらに南へ降りていくと人気スポット「浮見堂」へ渡れる橋がかかっていました。
 鷺池に映り込む紅葉がきれい。


blog141128-3.jpg

午後からは反対に公園の北東方面を散策しました。

1 浮雲園地北を流れる吉城川沿いも紅葉スポット。鹿も人も集まってきます。
2 園地の東に大きな銀杏の木。こんな大木の下でお昼寝から目覚めたら最高の気分だろうな~。


blog141128-4.jpg

若草山の麓に近い手向山八幡宮では銀杏と楓の見事な共演。


blog141128-5.jpg

散り敷く黄葉の絨毯、見上げれば紅葉で本当に美しかった春日野園地の一角。
ここから東大寺へ向かいました。


↓つづく

[ 2014/11/28 23:49 ] | TB(0) | CM(0)

奈良・紅葉散歩2


↑の記事(奈良・紅葉散歩1)からの続き

blog141128-6.jpg

国宝・東大寺大仏殿。
関西の小中学生はバス旅行や遠足で必ず一度はここを訪れているはずです。
この日も中学生の団体が来ていました。修学旅行かも。
そして、まあいったい何ヶ国語を聴いたことでしょう。中国語、英語、フランス語、韓国語、ドイツ語等々……。
やっぱり世界的な観光地なんですね。今さらですが。


blog141128-7.jpg

1 東大寺への入口「南大門」の造営は鎌倉時代で、有名な運慶快慶の木造金剛力士像が左右に立っていますが、阿吽の阿の方(向かって左側)は修繕中でした。光線が反射してここに載せられるような写真は撮れず。
2 大仏殿の屋根に輝く金色の鴟尾がどことなくユーモラス。若草山の麓を歩いている時や高い場所に登った時でもこのキンピカが目印になって大体の位置関係がわかりました。
3 この八角灯篭は奈良時代の創建期から残っているという、とんでもなく貴重な遺構(もちろん国宝)なのだそうですが、すぐ目の前が大仏殿でみんなそっちへ気を引かれるのか、熱心に見ている人は少ないようです。もったいないですよね。
4 楽器を奏する菩薩(音声菩薩)の姿が浮き彫りになっていて美しい。これは横笛かな。
5 「奈良のだいぶっつぁん」(廬舎那仏坐像)を初めて実際に見たのは小学生の時だった。その大きさにたまげたものですが、大人になって、しかも五十代半ばの目で見るとそれほどでもない。年を取ってくると心底驚くというようなことが徐々に減ってくる気がします。寂しいというか、夢のないことよ。



blog141128-8.jpg

私は多聞天が好き。大仏殿の東側を守っています。でも、ちょうどその横に穴くぐりの柱があって観光客が常に並んでいるので落ち着いて眺めていられないのが惜しいところです。


blog141128-9.jpg

1 大仏池のまわりも紅葉が進んでいました。
2 池の東に立つ大きな銀杏の下は降り積もる黄葉のじゅうたん。写真を撮っている間も絶え間なくはらはらと落葉していました。



blog141128-10.jpg

この日一番きれいだと感動した紅葉の景色。
大仏池からさらに北に位置する正倉院を目指しましたが、外構の公開は平日のみで土日祝日はお休みだそうです。残念。


そろそろ夕暮れが近づいてきたので、二月堂へ向かうことにしました。
続きは気力体力がある時に。(^_^;)


[ 2014/11/28 23:10 ] | TB(0) | CM(0)

明日は奈良へ


旅行してきます。
といっても近畿内。近いし一泊なので荷物も少なくて助かります。
気になるお天気はそろそろ下り坂で、火曜日は雨の予報。
その分混雑が緩和されるといいのですが。


blog141123.jpg

先日買ったコーヒーマシンでラテ・マキアートを淹れてみました。
きれいな層を作ろうと思うとなかなか難しいです。まだまだ練習が必要ですね。


[ 2014/11/23 18:47 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

紅や黄色に


blog141122.jpg

買物の帰り道。
だいぶ色づいてきました。

今夜は夫が餃子を焼いてくれるそうです。
寒さが緩んで穏やかな週末。


[ 2014/11/22 17:42 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

懐かしの喫茶店


blog141119.jpg

故高倉健さんの京都でのお気に入り喫茶店のことが報道されていて、なつかしさに思わず見入ってしまいました。
ジャン・ギャバンの特大ポスターは健さんからのプレゼントだったそうで。
そしてそのポスターを眺めながら私もそこでコーヒーを飲んでいました。
30年以上も前のことです。
当時学生だった私が家庭教師のアルバイトで通っていた高校生の家が喫茶店の近くにあって、毎週1時間くらい前にその喫茶店で予習しながらケーキセット(¥500)で腹ごしらえ(笑)をしていたのです。
もちろん高倉健さんに遭遇することは一度もありませんでしたが、静かでいい感じのお店でした。
もう何十年も訪ねていませんでしたが、今も営業されてたんだとわかってなんだか嬉しいな。

それにしても、昭和は遠くなるばかり。

[ 2014/11/19 21:46 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(6)

コーヒーマシン


ブログ、少し間があきました。
先週はけっこう忙しくてあまりパソコンを立ち上げてなかったです。


blog141116-1.jpg

「家にあってもいいな」くらいの関心度だったネスカフェのコーヒーマシン。
夫が欲しいと言いだしたので、あまり深く考えずに購入しました。
カプセルを使うタイプで、コーヒーの抽出にオートストップ機能がついていることくらいだったかな、確認したのは。
それで選んだドルチェグストのホワイト。



blog141116-2.jpg

最初はやっぱりレギュラーブレンドを淹れてみました。
1-カプセル(オレンジ色の)に表示されている目盛のとおりにホイールを合わせてからホルダーにカプセルをセット。
2-抽出ボタンを押して抽出中。自動で止まる。
3-気圧(?)でブラックでも上にクレマのような細かい泡ができてました。

香りがよくて、味は私には少し濃いめかな。
ホイールの目盛で量を調節できるので次はもうちょっと多めにしてアメリカンで試してみたいです。


blog141116-3.jpg

翌日は夕食が”お家イタリアン”だったので、食後にエスプレッソを飲んでみました。
これはさすがに感動! だってマシンがないと家では作れないもの。
こういうマシンを買う人の多くはエスプレッソビバレッジが目当てなんじゃないかなと思った次第です。
1-黒色のカプセルが”エスプレッソインテンソ” ドルチェグストのカプセルの中では世界で一番売れている(2012年)んだそうです。
2-抽出トレイはフックの高さで3段階選べます。エスプレッソは少量なので液がはねないように一番高い位置にトレイを差し込みました。
3-厚いクレマの下に漆黒の濃いコーヒー。ガツンとくる苦味。でもおいしい。
  本格的なエスプレッソがこんなに簡単にできるなんて。

それにしてもこの容器がちょっと恥ずかしいですね。
以前家にあったデミタスカップ、全然使わないので処分してしまいました。これ、一番小さな湯呑茶碗で代用しています。(^_^;)
かっこいいエスプレッソグラスか、または愛らしいデミタスコーヒーカップが欲しくなりました。
  


blog141116-4.jpg

マシンを買った時にオマケでカプセル5種類×2こずつをサービスしてもらえたんですが、販売されているカプセルは全部で14種類あるそうです。
早くお気に入りを見つけたいので、いろいろ試して飲み比べてみようと思っています。


[ 2014/11/16 22:29 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

雨上がりの週明け


blog141110-1.jpg

一日中つめたい雨が降っていた昨日と一転、よく晴れて暖かい一日でした。
紅葉はゆっくりと進行中。
今年は秋が早いと思っていましたが、どうやら例年通り見ごろは月末になりそうですね。


blog141110-2.jpg

先月妹にもらった小さくてかわいいカップケーキ。
5つあったうち、私の好みの上位2つは、オレオみたいなクッキーがのった「クッキークリーム」と3種類のベリー入りクリームを重ねた「ベリーゴーランド」。(お店は東京・渋谷に本店があるCiappuccino(チャプチーノ
ここは以前いただいたウーピーパイもおいしかったです。♪



さて、明日は滋賀の実家。
いつも行った日の夕食は私が作るのですが、今回は下ごしらえを大阪の自宅で6割くらい済ませました。
暑い時期は食中毒が心配ですが、今日の午後に作ったものを明日の朝もう一度しっかり火入れをすれば、まず大丈夫でしょう。煮込み料理の下ごしらえなので明日の夜にさらにもう一度加熱して食べますから。
実家の台所……私も昔は当然そこで調理をしていたのですが、家を出て29年も経てばやはり今の自宅の台所の方が使い慣れている分、短時間で捗ります。
明日はタッパーを持って移動!




[ 2014/11/10 18:55 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

三年ぶりの虫干し


なぜか家事が忙しくて一日が短く感じられます。
特に夕方。もう2時間ほど欲しい気がします。
皆さん、和服の虫干しはどれくらいのペースでなさっているのかしら。
私は2年に1回。つまり干す年と干さない年と交互でやってきました。
そりゃあ毎年風を通した方が着物のためにはいいに決まっていますが、面倒で……(^_^;)

実は昨年が干す年だったのですがサボリました。
渋々2年に1回を続けてきたのがとうとう途絶えて……もう、このまま箪笥の中で朽ち果てていくのかも…と、それでもいいや、どうせ全然着てないんだしと思ったんですが、やっぱり心を入れ替えて(笑)ただいま虫干し週間実行中~。

今年は和箪笥の一番下、浴衣やウールの抽斗からスタートで、一日一抽斗のペースです。
干すのは簡単だけれど、たたんで畳紙に入れて片付けるのが苦手。(^_^;)
今日は帯が多い抽斗でらくなはずなのに、それでも羽織1枚、長襦袢3枚、帯5本をたたむのに40分近くもかかってしまいました。遅すぎです。たたみ敷紙に広げた着物の上に覆いかぶさるようにして中腰で作業するので腰が痛くて…(涙)

blog141107.jpg

実際に締める時には大苦労する袋帯ですが、たたむ時は一番ラク。
自分の帯なのに、しかも29年も自宅に持っているにも関わらず、どんな模様なのかもおぼえていない。
せっかく母が持たせてくれたものなのにね。
いまだに仕付け糸がかかったままの着物が何枚もあるのに、着る予定がありません。
着物や帯を譲る身内もいないし、いつかどうにかしなくてはいけない日が来るのでしょう。
でも、まぁ親が生きているうちは最低限の手入れ(せめて虫干しだけでも)を続けようと思っています。


[ 2014/11/07 19:03 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

赤レンガとツタの葉


3日の文化の日。気象の特異日(←晴れの)と言われていますが、昨年ははずれ。
今年は雨の予報を見事に覆して太陽が顔を見せました。
今日はさらに好天で歩いているとぽかぽか暖かく、日陰は涼しい。
一番好きな季節で本当に気持ちがいいなぁと思います。
一ヶ月半ぶりに行った美容院で、「こんないい天気の日に一日中屋内にいるのはもったいないなぁ。お店閉めて遊びに行きたいなぁ」と美容師さんもカット鋏を使いながら窓の外をしきりに見ていらっしゃいました。(そのせいか、私の前髪、左右の長さがちょっとズレてるんですけど…^^;)


blog141104-1.jpg
倉敷アイビースクエアの一隅。(2011.11.04)


blog141104-2.jpg
松江市内の珈琲館。(2012.10.29)



赤い煉瓦にからまるツタも種類がたくさんあるのでしょう。
同じ季節の近接地域でも紅葉の進みはずいぶん違いますね。


[ 2014/11/04 17:52 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。