遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏向きサラダ


blog150827.jpg

昨日あたり東京はずいぶん涼しくなったそうでうが、西日本はまだ残暑。
朝からピクルスサラダの仕込み。暑さが厳しかった今年の夏はこういうものをよく作りました。
野菜はなんでもいいけれど、特に色鮮やかなパプリカがおいしく漬かります。
漬かり具合を確かめる名目で、夜まで待たずにバリバリ食べてしまいます。(^^;)
関西も早く涼しくならないかなぁ。


スポンサーサイト
[ 2015/08/27 12:26 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

読書メモ






在宅でどのあたりまで可能なのだろう。
それとも最後の最後はやはり病院へ搬送されて臨終となるのだろうか。
ぎりぎりまで在宅でいるためのお守りみたいなもの―ー家族がいない老後に、たとえば「点滴」「吸入器と吸引器」「痛み止めなどの持続皮下注入器」を操作してくれる人や環境をどうやって整えるのか。
まだ先のことではあるけれど、知っておきたいこと、わかっていなくてはいけないことは限りなくありそうです。




長いお別れ
中島 京子
文藝春秋
2015-05-27



「小さいおうち」以来注目している中島京子さんの最新刊は、介護を通して重なり合っていく夫婦・親子の愛情の物語。
「長いお別れ」と題されたように、十年という年月かかって少しずつ記憶を失くし、ゆっくり遠ざかっていく認知症の父親との死別が過剰な感傷を排してきりりと現実的に、また時にユーモラスに描かれていくのが面白く、読みやすかったです。
感情の波はあるけれど、介護の日々のすべてが悲惨な面ばかりではないし(もしそんなだったら誰も完遂できないと思う)、笑いも驚きも心配も満足も後悔も……当たり前のいろいろな感情が渦巻いているのがごく普通の家族の介護生活だと思います。
何曜日がデイサービスで、訪問看護で入浴日で…と曜日ごとにけっこうあるイベント(?)をふうふう言いながらなんとかこなしていく老人とその家族の様子や、デイの送迎の時の雰囲気など実家の今の生活とあまりにも似ていて、ため息が出るような、可笑しいような…親近感。


[ 2015/08/23 16:04 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

お盆には実家へ


夫の夏休みが終わって、いつもの日常が戻ってきました。
熱帯夜じゃない日が一日だけあって、気持ちのいい朝の寝覚めにほっと一息。
残暑も厳しいらしいので快適な日々にはまだまだ遠そうですが、夜半に時々蟋蟀が鳴くようになりました。

お盆は暑さにバテバテだったので、夫婦で出かけずお互いに自分の実家へ顔を出して仏壇に手を合わせてきました。
13日がちょうどデイサービスだった父には会えなかったけれど、母が二年ほど前の夏よりは少し元気そうだったので安心しました。
介護でしんどいなりに一定の生活のリズムができていて、母も妹も慣れたのだと思います。


blog150819-1.jpg

私のためにわざわざ銀座千疋屋の蜜柑ジュース(東京の叔父のお土産)をあけてくれたのですが、一口飲んでバヤリースオレンジ??と言ってしまいました。すんまへん。(^^;) まー、私の舌なんてしょせんそんなものです。


blog150819-2.jpg

長いこと「栓抜き」というものを使っていないことに気がつきました。
自宅へ戻ってキッチンの引き出しをごそごそ探ったら、奥の方にそれでも一つ残っていましたが、ほとんどの商品がくるくる回してあけるキャップに変わってしまった昨今、出番がくることがあるでしょうか。 久しぶりに瓶ビールでも買うかな。

夏休み


blog150809.gif

Midsummerではなくて、暦の上ではもうLatesummerなのですが、今日も相変わらずの猛暑日。
ベロペロネ(小海老草)はお水を替えても首を垂れたままだし、ラナンキュラスに至っては花びらを充分に開くことなく枯れてしまいました。夜間もエアコンの効いた部屋に置いておけばよかったー。(;_;)

週明けから夏季休暇というお宅が多いのではないでしょうか。
うちはお盆をはさんで例年通り10日間。先週の金曜日からなのですでに3日過ごしてしまいました。
お盆の行事以外は予定もなく、普通に家事に明け暮れて、気づいたらあっという間に終わっていた…といういつも通りの夏休みになりそうです。ま、実態として飯炊き主婦には夏休みも冬休みもありませんけれどね。
暑くてごはん作りたくない日(ここのところ毎日ですが(笑)に外食に出かけるくらいのことはしてもいいなと思います。

夫の休み明けまでブログもパソコンもお休みにして、ゆるゆると家事しながらたまっている本でも読むことにします。
来週はこちら関西でも少し暑さが落ち着きそうとの予報です。
が、それでもまだまだ厳しい気候。熱中症にならないよう気をつけて過ごしましょうね。(^。^)ノ


[ 2015/08/09 17:48 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

わずかの実りだけれど


blog150807-1.gif

気温急上昇の先月後半から一気に熟してきたブルーベリーの果実。
ぽろぽろと枝から落ちるようになったので摘みました。
暖地向きのラビット・アイという品種で二樹(ティフ・ブルーとブルーシャワー)育てていたのですが、今春、害虫にやられて今は一樹だけになっています。
新しい樹を入れない限り来年からは受粉しないので、もしかすると果実を収穫できるのはこれが最後かもしれません。
まだ70~80cmくらいの丈だったので実は少ないですが、あまり手をかけてやらなかったわりに毎年頑張ってくれました。


blog150807-2.jpg

ジャムを作れる分量ではなかったので、ミルクを足してブレンダーで撹拌。
やさしい味のブルーベリージュースになりました。



[ 2015/08/07 15:55 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(0)

暑い・・・・・・ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


blog150803-1.gif

京都の水羊羹の中で一番好きな甘泉堂さんの逸品。
先日外食した祇園のお店から近いので寄ってきました。
ちょっと癖のあるお店のおばあさんも、腰はだいぶ曲がっていたけれどご健在でなにより。
一本¥1950とけっして安くはないけれど、食べて絶対後悔しない大のお気に入りです。
この水羊羹と老松の夏柑糖が長年の夏和菓子双璧。(^.^) ←あくまで個人的な好みですが。


blog150803-2.jpg

こちらは葛饅頭。



こう暑いと、お菓子もあっさりした寒天や葛ものしか食べられません。
数年前までは37℃超え~?って驚いていたのに、もはやそんなの当たり前。
38℃39℃に到達していますよ。あと二、三年したら40℃超えても驚かないかも。
でも、そんな気温の中で五年後オリンピックって大丈夫かなぁ。 
北欧あたりから来る選手、危険やと思うわ…この高温と湿度の中でマラソンとか。トライアスロンなんてドクターストップかかるんとちがう?
普段シベリアに住んでる人も屋外の観客席はぜったい無理やで。5分で熱中症やわ。
気象条件の厳しさから日本での真夏開催に反対の声も出始めていますが一理あると思う
施設に何百億もかけるというお金、暑さ対策の方へも回さないとー。


[ 2015/08/03 19:13 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。