遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年こそモノを減らしたい


親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)
(2013/05/31)
主婦の友社

商品詳細を見る


兄弟(姉妹)の協力が得られずにたった一人で片づけなければならなかった人、ともかくひたすら親の持物を捨て続けた人、業者にすべて任せた(お金で解決した)人、極度の疲労とストレスで片づけを途中で投げ出し挫折してしまった人……空き家になった親の家の片づけに直面した15人のケースが紹介されています。
私自身もそう遠くない未来に降りかかってくる事柄なので、どこを読んでも身につまされてため息の連続でした。

さまざまなケース、さまざまな事情はありますが、片づけに苦しむ場合のすべてに共通しているのは、どこから手を付けたらいいのか途方に暮れるほど親の家がモノで埋め尽くされているという状況です。
なぜそんなに溜め込んだのか。言うまでもなくモノを捨てられないため。
45歳~65歳くらいの私たちの親世代は「モノがあること=豊かな生活」と感じる人たちが多い。今使っていなくても、そして将来使う予定がないものでも捨てることをしない。「捨てるのはいつでもできるんだから、とりあえず置いておこう」という姿勢が膨大な荷物を生み出す結果につながっていくのでしょう。

私の親もどうもそういうタイプみたいな気がします。
今年も毎月実家へ手伝いに行きますが、親が嫌がらない程度に密かにガラクタ整理を始めようと考えています。
親も老いていきますが、片付けるこっちも体力はひたすら下降線なのですから。
でもまずは自宅のいらないモノ始末からかな。(^_^;)

[ 2014/01/09 20:46 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。