遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実家へ


blog140219-1.jpg

滋賀の実家へ行ってきました。
草津駅。ここから京都の高校・大学・勤め先へ毎日通いました。
何十年も経っているけれど、駅舎はあまり変わっていません。



blog140219-2.jpg

いつももう少し早く到着したいと思うのですが、泊りがけということになると大阪の自宅の細かい用事をすませてから出発するので、どうしてもこのくらいの時間になってしまします。
介護と家事手伝いに毎月一度帰省するようになって、故郷に対しては今のところ「なつかしい」という気持ちではなく定期便で「通う場所」になりつつあります。

家族が増えなかった実家では元の自分の部屋があいているのでそこで寝て、朝トントントン・・・と階段を下りていくと、母には私がまだ家にいた頃の雰囲気が甦るのか、「お嫁に出した気がしない」などと三年前に銀婚が過ぎている私に向かって申します。(^_^;)

父のレビー小体型認知症による夜中の幻視、最初の頃は対象が虫や小動物が多かったのですが、このごろは人間が見えるようです。毎晩父の寝室の電灯の笠を複数の小人が拭きに来ているとか、妹が夜中に父の部屋のドアを開けてじっと部屋の中を見ているだとか……逆らって言い負かしても後味が悪いだけなので「へぇ、そうなの?」と普通に聞き流しておきます。(笑)
母は体重が36㎏。妹が41㎏。二人ともせめてあと4㎏は戻さないと。
私の腹肉を惜しみなく分けてあげたいのに。 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
温泉じゃ無いですよね
こんにちは。
草津と聞くと関東人は温泉?と思ってしまいますが、琵琶湖のご近所ですよね(^_^;)

御父様のご様子、介護なさるご家族は慣れはあっても大変でしょう。
うちの母は最近落ち着いているようで、手芸を楽しんだりしているそうです。
認知は進行を遅らせる薬はあっても、治癒する薬は無いそうで、早く開発して欲しいと思います。

お母様と妹さん、お身体心配ですね。ストレスが少しでも解消される事を祈っております。
[ 2014/02/21 16:02 ] [ 編集 ]
No title
そよこさん こんばんは。

お父様、今は小人が見えるのですね。
個人的に虫よりはマシな気がしますが…どんな小人さんなんでしょうね。
電灯の笠を拭いてくれてるのだから、やさしい感じ・・・だといいですねぇ…
どうしても見えてしまうものならば、せめて、不快にならないものであればと思います。

実家のわりと近くに住んでいて、度々行くので、我が両親も「お嫁に出した気がしない」と言うことがあります(^_^;)

お母さまと妹さん、お体ちょっと心配ですね(・.・;)
そよこさんも、お疲れが溜まらないようになさってくださいね。
インフルエンザも猛威を振るってますし。
かくいう私も、先週土曜日からインフルエンザ発症し、今日やっと外出できました(^_^;)
[ 2014/02/21 22:52 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
そうですそうです、温泉じゃなくて琵琶湖の近く。東海道だと大津宿の次の宿場です~(笑)

父の幻視、頭から否定すると気を悪くしますし、そうかといって「そのとおり」と信じているふりばかりするのも危険です。
父の寝室は一階にあるのですが、「天井が抜けてしまって風がすごい勢いで部屋に入ってくる」と言います。それを全肯定してしまうと次は「早く業者を呼んで直してもらわなくては」ということになるので……適当に受け流しておく、と言うかそのあたりのさじ加減が難しいです。(^_^;)
でも昨年の後半くらいからしばらく大きな変化はなく、おおむね穏やかに過ごせているみたいです。
母と妹への栄養分を全部父が吸い取っているのかと思うほど父だけどんどん太っていくのが困りものですが。(>_<)

ねこさんのお母様も穏やかにお暮しの様子ですね。
手芸など指先と頭を同時に使うご趣味は老化防止にも効果がありそうです。
テレビしか興味がない父を見ていると、私も年を取ってから無理せずにできる趣味をたくさん開拓しておかなくては…と考えてしまいます。
[ 2014/02/21 23:21 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
父の幻視に出てくる人間は掃除をしている人が多いみたいです。
小人たちが電灯の笠を拭いているって、ちょっとメルヘンっぽいイメージなので面白いんですが、確かに人にしても虫や動物にしても恐ろしいものや気味の悪いものでない方がいいなと思います。一度大きな虎が部屋にいると騒いだ時は大パニックを起こしていましたから。(^_^;)

子どもを産んでいないというのも多少関係があるのかもしれません。
私は母親にならず、母は祖母にならず、相変わらず娘であり母であるという立場はずっと変わっていないので、私が実家へ帰って昔の自室でごそごそしていたりすると、ふと錯覚してしまうのかもしれません。
ミツコさんのご両親は娘が近くに住んでいるということでずいぶん心強いと思いますよ。老いると気弱になるのか、私の親は帰省した私が大阪の自宅へ戻ると落ち込むと言っています。

インフルやノロ、今年の冬も猛威をふるっていますね。
治りがけも大事をとって、くれぐれもご無理なさらないで。
早く暖かくなるといいですね。
[ 2014/02/22 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。