遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お彼岸の雪


今週二度目の滋賀。
今日は夫先祖のお墓参りに行きました。

天気が悪かったので本当は明日か明後日の方が行きやすかったのですが、行事は先に済ませて三連休をゆっくり楽しみたいと言う夫の気持ちもわかるので、悪天候と知りつつあえて霊園へ出発。



blog140321.jpg

春のお彼岸の延暦寺霊園でこんなに雪が降っているのを見るのは初めて。
社務所の前から見た墓地側の写真ですが、うちのお墓に行くにはもっと上まで上らなくてはならないし、買おうと思っていたお供えの花も風雪を避けて社務所の建物の中へしまい込まれていました。
そのうち霙まじりの雪は横殴りに吹きつけはじめ、墓地まで行けずに待機する人たちで社務所も満員に。
結局霊園まで行きながら墓参を断念して、代わりに合同供養に参列。読経に手を合わせてから霊園の送迎バスに乗って帰途につきました。
春になりそうでならない弥生の気まぐれな空、ですね。



春の雪
そよこさん こんばんは。

こんなに雪が降ったのですね。
お写真から寒さが伝わってきます。
悪天候の中、お疲れさまでした。
春の雪というと、なんだかロマンチックなイメージですが、道産子にとっては「もういらない…(-_-;)」と思ってしまいます。
[ 2014/03/26 00:55 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
3月の雪は関西でも時々ありますが、はらはらと肩にかかるような、もう少しやさしい感じで、今年のような暴力的(?)な風雪はめったにないので驚きました。
今週はうってかわって気温が高く、晴の日は「暑い」と感じるくらいです。すでに半袖の人を見かけました。(^_^;)
私はまだもちろん長袖ですが、先日コートなどの冬物はすべてクリーニングに出しました。

北海道では3月ってまだ冬ですよね。
「もういらない」くらいの3月の雪……うーん、こちら関西人の感覚だと「9月に連日35℃超え」みたいなものかな? もーいい加減にして~みたいな。(笑)

[ 2014/03/26 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。