遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3から4へ


blog140419-1.gif

父が介護施設のデイサービスを受けるのは一週間に一日、木曜だけです。
先日帰省した17日がちょうど当日で、「カエル飛ばし」というゲームをしてきたみたいです。
父の説明によると、カエルのおもちゃを壁に引っかけてあるカゴへ投げ入れて点数を競うゲームだそうで、腕や肩の筋力を維持するための運動なのだと思います。父はたまたま難しい場所にかかっているカゴに入れることができて高得点を取ったとまんざらでもなさそうに話していました。
こうやって一ヶ月のランチ献立表も配布されるので、昼と重ならないメニューで夕食を作りました。
来週は「春野菜の炒め物、サケのクリーム煮、きゅうりと麩の酢和え」って書いてます。おいしそうですね。

父、この春の介護認定で一段階上がって「要介護4」になりました。

見た目はあまり変化が感じられないんですが、幻覚は相変わらずで、私が実家へ泊った日の翌朝は、夜中にネズミが指をかじりに来たと言ってました。電灯を拭き掃除にやって来る小人も毎日。小さな虫も家具にびっしり貼りついているのが見えるとか……。真夜中の父の寝室は賑やかなんだろうなぁ。(^_^;)
幻視の疲れからか、朝起きるのがかなり億劫みたいです。



blog140419-2.gif

妹が買ってきてくれたタルトでお茶を。
理学療法士さんに父を任せている間に二階におやつを持って上って、母と妹と三人で食べました。(笑)
もちろん父にも後であげましたが。
父の体重>妹の体重+母の体重……。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


小人さん
こんにちは。お帰りなさいませ。
おとうさまのごようすを見守られるのは大変だと思いますが、女三人で分け合う状況であることはちょっと救いだなと無責任に思ったりいたします。甘いタルトもほんの少しだけきもちを助けてくれそうな。

電灯を掃除しにきてくれる小人さん。現れない方がいいのかもしれませんが、会ってみたいようにも思います。

雨が上がったのはありがたいですが、今日もまだ火の気がないと心細いです。
[ 2014/04/21 12:48 ] [ 編集 ]
あきらさん、こんばんは。
私は一ヶ月に二日くらいなので、実質母と妹の二人が介護しているのですが、父は二人の苦労がわかっているのかどうか……まぁ、「介護してもらって当たり前」と考える世代の男です。v-390
妹も母もストレスで激ヤセしているので、ダイエットの心配なく甘い物をいくらでも食べられるのですが、こういうものは時々食べるからおいしいんですよね。(笑)

お掃除係の小人さん、最初に聞いた時にはメルヘンチックで可笑しかったです。
人でも動物でも虫でも、ともかく父に危害を加えない幻覚であってほしいと思っています。一度「部屋に虎がいる!」と大声で叫んだ時にはやはりパニックになっておりました。(^_^;)

桜の頃には暑い日もあったのに、ここのところ春とは思えないくらい寒いですね。
温かい羽織ものがなかなか片づけられません。
朝夕の気温差も大きい時期ですから、どうぞご自愛くださいませ~。
[ 2014/04/21 22:18 ] [ 編集 ]
お疲れさまです
そよこさん こんばんは。

お父様の介護度上がったのですね。
幻視、小人や虫ならとはいっても、お部屋の中でそんなにいろんなものが見えたら、疲れますよね。

男性を二人とはいえ女性が介護するのはたいへんですね。
義母が動けなくなったとき、夫はあやうく腰を痛めそうになりました。
私など、全くの役立たず(^_^;)
コツがあると言いますが、やはり重労働ですよね。

もう桜は終わったのですね。
こちらはやっと雪も解け暖かい日がさすようになったものの、桜はまだまだです。

[ 2014/04/22 00:50 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
介護認定のあった日も、父は幻視の話をたくさん伝えたそうで、認知症が進んでいると見なされての要介護4なのかしら?と思うのですが、介助付きでも湯船に入れなくなったことやトイレでスボンの上げ下ろしができないなど、「できないこと」が増えていることは間違いありません。

歩行器や杖を使って、家の中だけはまだなんとか歩いていますが、もし寝たきりなんてことになったら、重い重い体をどう介助したらいいか途方に暮れてしまいますねー。母と妹では無理ですし、私が行ってもぎっくり腰になりそうな気がします。(^_^;)

北海道の桜は5月頃でしょうか。
梅もチューリップもムスカリも……春の花が一斉に入り乱れて咲くと聞いています。
長い冬の後にやってくるお祭りのような春景色はさぞかし…と見たことのない華やかな春を思い描いてみるんですが、いますこし想像力が足りません。v-356
[ 2014/04/22 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。