遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花かんざし


寒かった二月。
梅のお祭りを見に行った京都・北野天満宮も、残雪の中、花はまだ三分咲きといったところでした。

でも野点に奉仕されていた上七軒の舞妓さんたちの装いは、明るくはなやいだ早春そのもの。
舞妓さんの簪(かんざし)は、梅花祭ということで梅で統一されていましたが、デザインはさまざまに美しく、近くに来てもらった時には思わず目一杯凝視してしまいました。

blog080311-1

正面と側面から。
細かい梅の花がたくさんついています。
絹地の花びら一枚一枚が丁寧な手作り。お値段張るだろうなぁ…。


blog080311-2

もっとも華やかな花簪。
ずーっと昔、七五三の時だったかな。こういうたらりと長い簪を挿したことがあったような気がします。
むろん絹100%の本物ではなかったでしょうけれど^^;

月ごとに替わる舞妓さんの簪ですが、お祭りや特別な行事の時にしか挿せないものもあるので、12種類は軽く超えるそうです。
梅の後は、菜の花に蝶、桜、藤に菖蒲、紫陽花……と次々に変わっていくのでしょうね。


blog080311-3

こちらは芸妓さん。(美人でした。うっとり~
舞妓さんと違って、芸妓さんの着物や髪飾りはぐっとシンプル。
着飾らなくても内からにじみ出るしっとりした優雅さと落ち着いた大人の佇まいはさすがです。


blog080311-4

あ、市まめさんだ(*^_^*)
舞妓ブログでも有名な(←今年になって休止中みたいですが)上七軒の人気舞妓「市まめ」さん。
私は「月刊茶の間」に連載中の「市まめの京都上七軒案内」を毎月楽しみに読ませていただいてます。
渋い色の着物でも全くくすまず、これだけの華やかさ艶やかさ。十代の若さってすごいなぁ。
市まめさんの梅簪も、大きくてシンプルでステキでした。


この日から数えて二週間。
簪の梅ではなくて、今は本物の梅が見ごろを迎えています。
[ 2008/03/11 15:03 ] 京都・冬 | TB(0) | CM(4)
艶やかですね~
ほんとうに2月はお寒うございました。
舞妓さんたち、まさに華ですね~
花かんざし、つまみ細工ですよね?
舞妓さんのお髪に花が咲いたようで、見事な美しさv-398
たらりと長い簪、私も子供の頃挿しました挿しました。
ぼんぼりに房のついたのもあったような気がします。
芸妓さんは薄紫の着物がよく映って、日本女性らしいしっとりした美しさがお写真からも感じられます。

市まめさんのブログ、何度か読んだことあります。
あらら、休止しちゃったんですか。

梅の花、観に行きたいです~。
[ 2008/03/11 17:49 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは
そうそう、これ、「つまみ細工」っていうんですね。
細かいところは布一枚一枚ピンセットで糊づけして・・・手先が不器用な私など、ため息しか出ないような技能だと思います。

まだ雪が舞う寒い日でしたから、野点茶会の客はみんな濃い色の厚ぼったい冬の服装。その中にぽつぽつと春の花が咲いたような舞妓さん達の装いでした。

ぼんぼりみたいな簪、ありましたね。私もおぼえています。
あれ、どこへ行ったんだろう。取っておけばよかったなぁ。
実家を建て直した時に、子どもの頃の思い出の品をかなり失ったような気がします。
ま、全部残しておくなんてことは無理でしょうけれどね(^_^;)。

市まめさんもお忙しいんでしょうね。
確か19歳だったかな。「襟替え」もそう遠いことじゃないでしょう。
華があって可愛らしい舞妓さん、どんな芸妓さんになられるんでしょうねー。

梅→桃→桜と関西の三月は移り変わりが早いです。
本屋さんの観光コーナーは既に桜だらけになってます(笑)。
[ 2008/03/11 23:54 ] [ 編集 ]
わあ~綺麗~!
こんにちは。
舞妓さんたちの花簪綺麗ですね。
江戸の浅草にもつまみ細工の簪を作る職人さんがいらっしゃるそうですが、お江戸は「舞妓さん」は「半玉さん」と言われておりまして、数は少ないですがまだ十数人はいらっしゃるみたいです。
越後新潟では「振袖さん」と言うそうですが、実際に会ったことはありません。

花簪は挿したことはありませんが、ビラビラ簪なら新日本髪を結った時に挿したことがあります。
二十歳を過ぎてたんでちょっと恥かしかったです(^^;

本物の梅の花も満開になりましたねー。
桜の開花予想もお江戸は3月26日とか、もう春なんですねぇ。
[ 2008/03/13 15:58 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは
ああいう手の込んだ細工の簪を作るお店は年々減ってしまっているようで、京都でもごくわずか。なので、お江戸のつまみ細工職人さんに注文して作ってもらっている京の舞妓さんも珍しくないそうです。
「半玉」さんも可愛い呼び名ですよね。なんか美味しそう~(^_^;)。

今は三十過ぎても振袖お召しになってますから、二十代のビラビラ簪、充分イケてますよ~v-221動くと揺れてきれいですよねー。

今週になって気温がぐんぐん上がり始めましたね。
大阪の開花予想は当初四月だったんですが、昨日の予報では早まって今月末になっていました。
お花見までに、この花粉症が少しは治まっていてほしいものですv-406
[ 2008/03/13 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。