遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生まれた町で


暑い時期はサボッていた実家の手伝いを今月から再開しました。

blog141010-1.gif

台風一過で素晴らしい秋晴れだった火曜日。
琵琶湖の水鏡も澄んできれいでした。ハイスピードで走る新快速電車の窓越し撮影画像なのでブレブレですが。(^_^;)
大阪の自宅を8時台の後半に出てきて、途中京都で買物せずに琵琶湖線に乗り換えて草津まで。
自宅を出る前に植木の世話やごみの始末など細かいことをいろいろこなしてくると、滋賀へ到着するのはどうしてもこのくらいの時間になってしまいます。
駅の改札を出てすぐに近鉄百貨店へ。夕食担当は私なのでその分の買物をします。



blog141010-2.gif

群馬県の温泉と同じ名前ですが、滋賀の草津は東海道の宿場町。
中山道へ分岐もしている場所だったので草津本陣の宿帳には浅野内匠頭、吉良上野介など歴史上の人物名がけっこう載っています。幕末では和宮様とかシーボルト、土方歳三や斉藤一など新選組隊士も♪
街の中には古~い構えの家も、まだ残っています。
駅前からまっすぐに伸びる新しい道路が便利でいいのですが、私は遠回りでも昔の宿場町の雰囲気を残す古い道を通ることが多いです。子供の頃のことを思い出せるなつかしい風景が残っているから。
小汐井神社の鳥居。七五三はここだったなーとかネ。
銭湯「桜湯」がまだある。家のお風呂が壊れた時に初めて連れてこられた銭湯でした。
外ではかちかちに緊張する幼児だった私は湯船の中でオシッコ……(←ああぁ…最低(T_T)
「なんで、なんでオシッコしたいって言えへんのぉぉぉーーーー?」と悲鳴のような母の叱声をまだおぼえています。ごめんなさい、桜湯さん。(^_^;)(^_^;)



blog141010-3.gif

デパ地下で妹と待ち合わせをしておやつのケーキを選びました。
夏の間は食べたいとも思わなかったモンブランが秋になると恋しい。
フランス産の栗ベースでラム酒入りの方と和栗の方、どっち食べる?と聞かれて思わず「脳みそ」と答えると、妹も「脳みそ」と言いました。姉妹なので感性が似通っているのでしょう。


破砕ゴミ収集日に合わせて妹が準備していた大量の古い植木鉢を水曜の朝に捨てました。
その後温室へ移動。古い鉢植えはまだたんまりと残っていました。
植えたのは両親ですが、中には祖母が作ったんじゃないかと思われるサボテン類も。
年取るともう世話もせず植えっぱなしの放りっぱなし。ほとんど枯死してミイラ化したような鉢植えばかり置きっぱなしにしています。
どうして体が動く六十代七十代のうちにもう少し片づけておいてくれなかったのかと妹とグチをこぼしましたが、今となっては私たちがやるしかありません。少しずつ台車にのせて敷地の裏へ運び、枯れ果てた植物と土を抜いてほぼ全部処分。翌日腰痛。
これからも続くだろう先代・先々代の後始末、なかなか手ごわそうです。(笑)


歴史の街
こんばんは。
わー、琵琶湖が綺麗ですね。
滋賀は修学旅行で琵琶湖へ行ったことがあるだけで、知らない土地です。
草津は関東人はどうしても群馬県の方を思い浮かべてしまいますが、滋賀の草津は歴史の街なんですね。
とても行ってみたくなりました。

鉢植えの始末、お疲れ様でした。
うちも母が庭いじりが好きなものですから
鉢植えが沢山あります。
半分くらいに減らして頂くと有難いのですけどね…(^_^;)
わたしもそろそろ持ち物を減らして行かなくちゃだわ〜!
[ 2014/10/11 00:08 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
空が高くて青い秋は琵琶湖もきれいに見えます。(^^)
草津はお江戸から数えると東海道五十三次の五十二番目。京都へあと一つの大津宿まで来ると頑張って一気に歩いてしまう旅人が、ゴール前にちょっとひと息入れる感じで宿泊することが多かったようです。
JR琵琶湖線の新快速電車だと京都から約20分で草津到着なので、上洛なさる折りにでもお時間があればぜひ寄ってみてください。まぁ何もない田舎ですが。(^_^;)

老親二人とも園芸が好きでたくさん花を植えていました。
自分たちで管理ができているうちはよかったのですが、八十歳前頃から「後始末」ということをきれいさっぱり忘れてしまったのか、枯れた植物の残骸しか残っていない鉢もそのままほったらかしにするようになりました。
しかもこちらがそれを指摘して片づけようとすると不機嫌になります。(笑)
身辺をばたばた片づけられると、なんとなく自分たちの存在自体が追いつめられていくように感じるみたいです。
気持ちを傷つけないように、さりげなく不用品(この言葉もNGかな)を処分していかなくてはと思いますが、これがけっこう難しいですね。(笑)

まだ体力のある五十代に一度リセットする意味で持物を整理するといいと聞きますが、本当に必要な物を選ぶ基準もあやふやだし、必要じゃない物は全部捨ててしまうというのも寂しいことかもしれませんねー。

[ 2014/10/11 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。