遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒイラギ違い


blog141223-1.jpg

今年初夏の大掃除の時に古いクリスマスツリーを廃棄しました。
もう飾るつもりもなかったのですが、いつの間にか意外なくらい背が伸びていたヒイラギを見て、ツリーの代わりにしてもいいなと思ったのです。
右が2011年の写真。同じ鉢のまま三倍以上の大きさに成長していました。
そこで、残っていたオーナメントで少しデコレーションし始めたところ、三分の一も飾らない時点でギブアップ。
葉の先がとても鋭くて、ちょっとつまんでも棘が刺さってくるので痛くて触れません。指先が傷だらけ。
三年前はまだ木自体が幼くて、葉も今よりずっと柔らかかったから紐でまいたり付けたりできたのかな。
そもそもクリスマスリースなどに使われるのは西洋ヒイラギで、日本のヒイラギとはまったく別ものだそうです。
あきらめてオーナメントを外すのもたいへん。軍手二枚重ねで頑張ってます。



blog141223-2.jpg

こちら、フィンランドの白樺のツリーオブジェ。(Lovi社)
30cm丈と小ぶりで部屋の配色の邪魔にもならないので一年中飾っていますが今の時期だけ赤いミニボールを付けて、「クリスマスツリー」にしました。
すごくシンプルだけれど、外から帰ってきて部屋に入った時、かわいくて気持ちが引き立ちます。

[ 2014/12/23 22:45 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(2)
メリークリスマス♪
そよこさん こんばんは。

西洋ヒイラギと日本のヒイラギ…たしかに日本のヒイラギの棘の鋭いこと(@_@;)
軍手二枚でも危ない感じなのでしょうか…
ゴム手袋はどうでしょう?

白樺のツリーオブジェ、私も欲しいなぁと思いながら…今年も買わないうちに終わってしまいました(^_^;)
赤いミニボールがほんとに可愛らしいですよね。

北欧の雑貨は、どこかホッとするような温もりが感じられて和みます(*^。^*)
[ 2014/12/25 21:02 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
新しい記事を書き終わったところにミツコさんのコメント発見v-345

私が不器用すぎるのか、バラの手入れをするときも指先を刺しまくって血を見ることも…v-399
今回は枝や葉に直接巻きつけた物だけ軍手の指でほどき取って、ぶら下げた物は割り箸に引っかけて外しました。
なるほど、軍手よりゴム手袋の方がよさそうです。気づかなかったぁぁぁ~ぁ(>_<)

このツリーオブジェは倍の大きさの60cmもありますが、そっちの方だとミニボール一色8個くらいでは寂しいかもしれませんね。小さい方でよかったです。(笑)
本場北欧のクリスマスはどんな感じかなぁ。
一度外国でクリスマスを過ごしてみたいです。
[ 2014/12/25 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。