遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とうとうと


blog150122.jpg

しとしと雨の一日。
家事の合間においしいお茶を淹れて、お伴は京華堂利保の「濤々(とうとう)」。
波の音を表わす菓銘も、麩焼の表面の渦文様も好きです。
練餡の中に刻み込まれた大徳寺納豆の独特の塩辛い風味がくせになる美味しさ。(*´∇`*)


父は日ごとに回復してきて、そうなるともう追い立てられるように退院の話が……(^_^;)
せめて少し暖かくなる三月頃まで入っていてもらいたかったのですが、仕方ありませんね。
ベッドが空くのを待っている人たちががいっぱいいるでしょうから。


[ 2015/01/22 18:30 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)
美味しそう
こんにちは。
お父様、一安心ですね、良かったです。
寒い間は病院の方が快適かもしれませんが
最近の病院は長く置いてくれませんものね。

とうとう、美味しそうですね。
餡子と大徳寺納豆が混ざった味ってどんなかな?と
想像してみましたが解りませんでした(^^;
何処かで見かけたら食べてみたいと思います。
[ 2015/01/23 15:31 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
療養型の病院でない限り、長期の入院はもうできない時代になりましたね。
父が今いる病室も、一人出られると次の日にはもう誰か入っていて、すぐに満床になります。特に内科は多いですね。

大徳寺納豆の辛さは塩味と辛味噌味が混じったような感じで、その辛さと甘い餡子がお互いに引き立てあっておいしいです。♪
ただ、京都の「二条大橋鴨川東入ル」にあるここのお店はデパ地下などに出店しているのも見かけたことがありませんし、本店に出向かないと買えないという昔ながらの商いなので、手に入りにくいのが残念です。
ま、たまに食べるからこそ飽きなくていいのかもしれませんねー。(^^)
[ 2015/01/23 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。