遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父帰る


タイトル、菊池寛ではありません。(笑)

今週半ば、父が退院して41日ぶりに自宅へ戻りました。
年末に緊急入院した時には五分五分(←命の危険)と言われていたことを思い返すと、よくここまで回復したと思います。
本人自身、もう二度と自宅には戻れないと覚悟して入院したそうで、帰宅して居間のテレビの前の指定席にどか~んと腰を下ろした時には「やっぱりこの椅子はいい」とご満悦で、すっかりリラックスしているようです。

ただ、自力ではできなくなったことも増えていますし(それでも介護パンツをはいて、歩行器でなんとかトイレまで歩いて行くので助かります(>∀<)、すべてに「とろみ」をつけなければならなくなった食事の準備がたいへんで、母と妹がしんどいだろうなと心配になります。
手伝い帰省、今月は再来週くらいの予定で調整中。飲みこみやすい食事の工夫を紹介している本を買いました。


blog150207.jpg

父の歩行器。左は屋外用、右が屋内用。
可能な限り「自分の足」で動いた方がリハビリになるので、退院前にケアマネさんが準備してくれていた車椅子は使わずに持って帰ってもらいました。




おめでとうございます。
お父様、退院おめでとうございます。
元気になられて良かったですね。

嚥下する力はやはり衰えてきますよね。
ブロッコリーの茎が効くなどとも言いますが、都市伝説かもしれません。(笑)

歩行器を使えば外も歩けるのですね。
素晴らしい回復力ですわ!

寒いので、そよこさんもご無理なさいませんように。
[ 2015/02/11 03:03 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
どうにか無事に戻ってきました。>父
お気遣いいただき、ありがとうございました。

父は本当は外へ出たくないのですが(笑)、毎週来てくれる療法士さん(リハビリ担当)が少しでも父を動かそうと「今日はお天気いいですよー。さぁ!外へ出てみましょう!」って感じでほとんど強制的に誘い出してくださるみたいです。
でも、そのおかげで玄関の段差を人の手を借りつつでもまだクリアできているので、通院などの時に家族は助かっています。

嚥下力が衰えていることに加えて、父は「早食い」なのでひんぱんにむせてしまうのだと思います。
もう少しゆっくり食べるべきなのですが、身についた長年のテンポはなかなか改まりません。(^_^;)
[ 2015/02/11 18:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。