遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

〇〇年ぶりの通学路と学校


1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」。
年明けから春までの早いこと。あっという間に3月も去っていきそうです。

滋賀から戻って二日目。大阪の自宅にいると時間の流れが緩やかに感じられます。
父に手がかかる割合がどんどん増えてきているので、もう少し帰省頻度を増やすべきかと思案中。



先週、家事と介護の合間にぽっかり時間があいたので地元の小学校まで歩いてみました。
いつ以来? 思い出せません。40年以上かな。



blog150316-1.jpg大人の足でも15分以上かかるので、低学年の頃はけっこうきつかったかもしれない徒歩通学。
いつだったか、一人の帰宅途中ににわか雨が降ってきて、新幹線の高架の下で雨が止むのを待っていたことがありました。
空が暗くなってきて雷も鳴って、怖かったけど泣くまいとこらえていた日の心細さを思い出しました。
せっかく怖い思いをして雨宿りしてたんだから、完全に止むまで待っていればよかったのに、少し雨脚が弱くなった時点で耐えられずに飛び出して、家に着いたらびしょびしょの濡鼠。(笑) 3年生くらいだったかなぁ。




blog150316-2.jpg私が通っていた頃の木の校舎はもちろん残っていません。
正門の雰囲気も変わっていて、当時の面影は見つけることができませんでした。





blog150316-3.jpgたった一つ、幾体かの子供の像の端っこに見覚えのある銅像が……。
二宮金次郎さん、当時はほとんどの小学校に彼がいたんじゃないでしょうか。
ただし、これが私が通っていた時代の校舎中庭にあったものと同一かどうかはわかりませんでした。
門扉はしっかり閉じられ「関係者以外立入禁止」の看板。近づくこともできません。




校舎のまわりをぐるりと回って金網越しに運動場を見ていたら、体育の先生なのか用務員さん(←昔の言い方しか知らなくて)かどうかわかりませんが、刺すような視線。不審者を疑われているのでしょうか。
「いえいえ、私はここの卒業生で、県外へ嫁ぎましたが里帰り中の今日、懐かしくなって校舎を見に来ているだけなんです。怪しい者ではありません」なんて聞かれてもいないことをこちらから宣言するわけにもいかないし、すぐに校舎から離れました。
池田小学校事件をはじめ、誘拐や通り魔など物騒な世の中になっていますから学校としては警戒を怠るわけにはいかない時代なんでしょうね。充分わかってはいるんですけれど、ちょっと気まずかったな。
懐かしくてややほろ苦い40年ぶりの訪校でした。


そよこさん こんばんは
そよこさん おかえりなさい。

お父さま、低体温のときはご心配されたことでしょうね。
無事体温が戻られてよかったです。
お食事も退院時より召し上がれるようになったのは一安心ですね。
いろいろ配慮しながらの献立を考えるのはたいへんでしょうけど、美味しく食べてもらえたら疲れも少し癒されますよね。

小学生時代の可愛らしいそよこさん、濡鼠になって風邪ひきませんでしたか?
私は一年生の時、学校帰りに寄り道して迷子になり別の区域で保護されたことがあります。
友人の家の近くで別れた後、元来た道を戻ったつもりが全く違う方向へひたすら歩いていき、線路が見えてきて初めて違うということに気づきました。
途方に暮れていたところを、近くの学校の校長先生が見つけて声をかけてくれて、無事家に帰ることができました。
全く人騒がせな、寄り道するイケナイ子だったのですが、その校長先生は泣かなかったことを褒めてくれたのを覚えています。

今、学校は厳重に戸締りがしてあり、外部から簡単に入れないようになっていますよね。
いろいろな事件がありましたから、仕方のないこと、むしろそうしてもらわないと安心して子供を預けられないのだと思いますが、なんだか寂しい気もします。
私の母校も新しくなって面影はありません。
木造校舎は冬は寒くて文句を言っていたのに、今はとても懐かしく思い出されます。
[ 2015/03/17 21:13 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
生物はある程度自分で動くことによって自力で体内に熱を作っているようです。父のようにほとんど活動しない老人は熱を作る機能も徐々に衰えてくるのだと思います。暖房や厚着で体の外側から温めるほか仕方がないとのことで、気候がこれから暖かい方へ向いていくだけまだマシだなとホッとしています。
ご心配いただいてありがとうございます。(^.^)

私も幼稚園と小学校で一回ずつ迷子になりました。
私は集団下校時に男の子が「そっちの方角」と指差した方へ素直に歩いて行ったら道がわからなくなってしまって…(-_-;)
ミツコさんも私も方向音痴は幼い時から筋金入りみたいですね。(笑)

昔は放課後の校庭に近所の若いお母さんたちが自由に入って子供を遊ばせたりしていたものですが…もうそんなのんきな時代ではなくなってしまいましたね。
運動会の応援に行くのでも学校が発行した父兄だという証明書(?)を見せないと入れてくれないのだそうです。
今日もネットで下校中の小学生に「おかえり」と声をかけた男性が不審者扱いにあったというニュースを見ました。
この神経質さ、今後もエスカレートしていくと声がけはおろか今に小学生を眺めただけで不審者と受け取られかねない時代がくるかもしれませんねぇ。(;´∀`)
[ 2015/03/18 18:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。