遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日までに


五輪エンブレム使用中止……新国立競技場に続いての派手な躓きですね。
今回の失態の後始末にもまた税金などが使われるのであれば、一国民としてはやりきれない気持ちです。

返却期限が明日に迫った図書館の本をだらだらと読みながら(←もっと気合い入れて急げよ)、テレビニュース見たり、パソコン立ち上げたり…の夕暮れ時。




村上海賊の娘 上巻
和田 竜
新潮社
2013-10-22




村上海賊の娘 下巻
和田 竜
新潮社
2013-10-22



織田信長が一向宗と対立していた頃の話ですが、有名な武将はほとんど出てこなくて信長の他には毛利家と小早川隆景、雑賀党の鈴木孫市くらい。
織田方についた泉州海賊と一向宗本願寺派に兵糧物資を運ぶ役を引き受けた瀬戸内の海賊・村上一族による代理戦争が難波と瀬戸内の海原で繰り広げられる合戦もの、いや海賊が暴れまくる痛快アクションものかな。(笑)
戦に次ぐ戦、そういうのが好きな人にはわくわく感満載なのだと思います。が、あまりにも戦闘続き。後半はほぼ血みどろの船戦のみ。さすがに疲れてきます。
大坂海賊のボスの大男があり得ない馬鹿力でぶちかました銛に敵方の男が4人くらい串刺しになって血がドッバァ~、主人公の娘も仕留めた相手を首級にせんことにはおさまらない凶暴さで、蒸し暑い部屋で読んでいるとくらくらします。
著者は「のぼうの城」の人で、この作品もきっと映画化されるのでしょうね。本屋大賞受賞作はほとんど映画になっているし。
主人公の「村上景」は背丈が180cmくらいの大女で眼も口もでかい「醜女(しこめ)」と前半では描かれていたのが、中盤あたりの海賊たちと戦う頃には「べっぴんの姫さん」と美女になっています。普通の男と海賊では審美眼が違うのか?(笑) 
私はこのヒロインにイマイチ心をつかまれなかったので上下巻で900ページ超えの長編はキツイですが、今晩中には読み上げて明日ちゃんと返却しますよ。延滞はしません。←きっぱり (裏で大汗

[ 2015/09/01 18:26 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。