遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タスキをつないで


風が強く吹いている風が強く吹いている
(2006/09/21)
三浦 しをん

商品詳細を見る


箱根駅伝を走ることを目標に、苦楽を共にし、友情と信頼を深めながら徐々に力をつけていく学生ランナーたちを描いた青春小説です。

同じ下宿に住む10人の学生というだけで編成された異色のチーム。
長距離未経験の素人を何人も含む急ごしらえのシームが、はたして一年足らずの練習期間で予選会を突破したり、本番で区間2位や翌年のシード権までとったりできるのか?というのは誰もが思うことなんだろうけれど、最初からフィクションだと割り切って読めば、特に問題はないでしょう。(笑)

特にラスト二章は、往路・復路10人のメンバーたちそれぞれの走りと必死にタスキをつないでいくクライマックス場面で、一人一人のキャラクラーに充分馴染んでいるので読んでいて楽しい。

最初、文章のタッチが軽すぎて読みづらかったのが、途中からは気にならなくなりました。
すぐにでも映画やテレビドラマ、漫画になりそうな話だなと思っていたら、もう漫画にはなっているらしいですね。


スポーツ青春ドラマらしく、読後の気分は明るく爽やかでした。
箱根駅伝各区間のエピソードや大会運営、選手たちの過ごし方などもよくわかって、来年のお正月は今までより熱心にテレビ観戦できるかも。



[ 2008/04/20 21:51 ] 読書 | TB(0) | CM(2)
「奈緒子」だったかな?
こんにちは。

粗筋を読んでいたら、
映画「奈緒子」に似てたんですが、
もしかして、そう?(^^;;

原作が漫画のような書き方だったんですが・・・。
[ 2008/04/23 12:01 ] [ 編集 ]
「奈緒子」とは違うようです
きたこさん、こんばんは。
私は映画を見ていないので、かる~く検索
してみました
映画の原作は1994年からコミック誌に連載
されたそうで、三浦しをんさんの本はその2年後
の出版なので、別ものですね。

こういう話って、映像にしやすいんでしょうねー。
[ 2008/04/23 21:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。