遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の夜のテレビ


冷夏といってもそれなりに蒸し暑かった八月。
あまり本を読む気にもなれず、ぼーっとテレビを見ていた中で印象に残った番組を。


アンネの日記

イギリステレビの制作ですが、日記を管理している「アンネ・フランク財団」の基準は厳格で、ドラマ化が許可されることはめったにないのだそうです。
言われてみれば、「アンネの日記」が映像化された作品を見るのは本当に久しぶりでした。
九月に再放送があるようです。

日記と言えば、NHKハイビジョンで今月はじめに放送された「少女たちの日記帳 ヒロシマ昭和20年4月6日~8月6日」も、日記を再現したドキュメンタリードラマでした。



ハイビジョン特集「エトワール 最後の60日 密着マニュエル・ルグリのバレエ人生」

今年5月に定年(44歳)で引退したオペラ座のエトワール(最高位ダンサー)ルグリの、オペラ座最終公演日までの日常を追ったドキュメンタリー。
この番組の後に引き続きルグリの「ドン・キホーテ」の放映があったのですが、番組中に部分的にですが挿入されていた引退公演「オネーギン」も、情感がこもっていて、とてもよかったです。



マッドメン シーズン1 DVD-BOXマッドメン シーズン1 DVD-BOX
(2009/08/05)
ジョン・ハムジョン・スラッテリー

商品詳細を見る


海外ドラマは、これが面白かったです。
1960年代のニューヨークを舞台に、広告業界で働くクリエイティブ・ディレクターとその周囲の人々の物語。
華やかな業界だからでしょうか、一昔前の時代なのに、どこかおしゃれな雰囲気が漂っています。
それにしても、男も女もタバコ吸いすぎ。職場でも家庭でも道端でも乗り物の中でもレストランでも、何かと言えばすぐタバコ。これだけ公共の場でタバコを吸っても許されていたことが今では信じられません。
そう言えば、日本でも昔は電車内に灰皿があったし、職場でも平気で喫煙する人が多かったですけれどね。
連続ドラマなので、早く続きが見たいです。



ガタカ [DVD]ガタカ [DVD]
(2009/06/03)
アラン・アーキンイーサン・ホーク

商品詳細を見る


最近2時間ぶっ続けで画面を見ると目が疲れて頭痛が……(^_^;)
なので、映画はあまり見ていないのですが、それでも何本か夏休みにDVD鑑賞した中では、これが好きだったかな。10年前の作品ですけれど、いろいろ考えさせられます。
イーサン・ホークとジュード・ロウ。どちらもいいですが、とりわけジュード・ロウが演じたジェロームが選ぶ身の処し方がせつなくて心に残りました。


[ 2009/08/31 22:50 ] 映像 | TB(0) | CM(2)
すっかり秋です
そよこさん こんばんは。
あまり夏らしい日の少ないまま、北海道はすっかり秋になりました。
空が澄み切って高くなり、夕焼けがひときわ色濃く美しくなりました。

いろいろご覧になられたのですね~。
「アンネの日記」は以前ケーブルでやっていたのを見たような気がしますが・・・そうですか、基準が厳しいのですね。
ルグリの番組のことは知らなくて、偶然途中から観ました。
フランスのバレエダンサーというとぱっと浮かぶのはやはりマニュエル・ルグリとパトリック・デュポン、女性ではギエムやピエトラガラでしょうか。
パリのダンサーは都会的で華やかな感じがしますね。
どのお国のダンサーもそれぞれに魅力的ですが、私は長年吉田都さんとバリシニコフのファンです。

たばこ、私のいた職場でもずいぶんと吸ってました。
フロアが禁煙になる前に辞めてしまったので、煙草を吸わずに仕事をしている姿が想像できないくらいです(笑)
我が家も祖父と父が喫煙していましたが、ホタル族になることなく堂々と吸ってました。
そのせいか自分は吸わないけれど、煙草に関してはけっこう寛大です。
マナーが悪いのは嫌ですけれど・・・。
[ 2009/09/02 22:12 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんにちは
北国はもう秋の空なのですね。
こちらはまだ最高気温が33℃くらいあって湿度も高く、しばらくは残暑が続きそうです(-_-;)
からりと晴れた高い空と澄んだ空気…秋の到来が待ち遠しいですよ~。

バレエのこと、あまり知らない私ですが、ミツコさんが上げてくださった中ではデュポンとギエムはよく聞きます。あ、バリシニコフはもちろん♪
こういう番組を見ていると、やはりヨーロッパの劇場やダンサーは華があって美しいなぁとしみじみ感じます。

私は身近に吸う人がいない環境で育ったので、たばこには免疫がない分、厳しいかもしれません(笑)。
結婚した当初、夫が家の中で吸っていましたが、三十歳前後で禁煙してからは彼の方が煙害に神経質になり、外食のお店選びもたいへんです。
私も歩きタバコや吸いがらのポイ捨ては許せない(笑)。でも昔は普通に行われていたことなんですよねぇ。
[ 2009/09/03 13:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。