遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気管支喘息


しばらく廃人化しておりましたが、おかげさまで高熱は引きました。
ただ、あとがすっきりいかなくて・・・三度目の診察を今日受けたら、喘息性の気管支炎に移行していました。


blog091116-1


これ、最初にもらった鎮咳・鎮痰の薬です。
この中に4種類の薬が入っています。
底の方に白い粉薬が沈んでいるでしょう。これをボトルごとグァングァン振って食間に一目盛りずつ飲みました。
味つけ(?)は、甘~いシロップですよ(^_^;)。
粉薬をシロップ液に溶かして飲んだのは初めてでしたが、強烈な甘さが粉の苦みを圧倒。
おいしい、とまでは言えませんが、まぁまぁ普通に苦痛なく飲めます。
それに、一目盛りクイッでお薬タイム即終了ですから、その手軽さに私としては大満足でした。

甘くて飲みやすいですが、かなり強い薬を使ってあるそうです。
ただ……気管支喘息になってしまった私には効かなくて…(涙)



blog091116-2


今日もらってきた薬は何やら種類がやたら多いので憂鬱です。
ずっと飲み続けていたら、すでに一週間の風邪薬でかなりダメージを受けている胃がさらに荒れないだろうか……食べられないんですよ、食い意地を常に力強く張りめぐらせているこの私が…('_')
それに、真ん中の白い粉薬。これが一番即効性…つまり喘息の発作の時に飲む薬らしいのですが、吐くまで咳込む発作の途中で、こんな紙破ってコップに水入れてって、そういう余裕がないですわ
これこそ、上の写真みたいに、ボトルさえ開けたらラッパ飲みってくらい簡単なものにしてもらえたらよかったのにな…。



でも、私には頼もしい助っ人(のはず)。
一番近くにいる人からの、ほんの少しのやさしさや思いやりを期待する代わりに、今夜からこれを武器に咳とたたかいます。(発作は深夜が多いんです)

というわけで、ブログ完全復帰にはもう少し時間がかかりそうです。
のぞきに来てくださっている方に、感謝とゴメンナサイ、でした。




[ 2009/11/16 19:04 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
早く良くなってね。
気管支喘息でしたか、それは苦しいですね。
特に夜中に酷くなるので、枕なのどで上半身を起こし気味にして寝るとよいですよ。
私も気管支喘息を患ったので苦しみがわかります。
発作時のエアゾールは使ってますでしょうか?
あれをやるとすぐに楽になるんですけどねー。
夜中の呼吸困難は死ぬほど辛いので、先生に言って処方して頂いてもよいかもですよ。

どうぞ、どうぞ、お大事になさってください。
[ 2009/11/18 14:50 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは
そうそう、咳は寝ているより体を起こしている方がラクなんですよね。横になると本当に苦しいです。

私が主に処方されているのは、脳の中枢に作用する麻薬系統の薬です。
というのは、今回の気管支喘息が風邪からの移行というよりは心因性の(つまりストレスかな)慢性化症状だからだそうです。
ま、思い当たる原因がないわけではないので、そうなのかな・・・と。
本来、喘息の治療は内科より心療内科の分野なのだと聞いてびっくりしました。

一番ひどかった先週末に比べると、だいぶ症状もよくなっていますし、
もう少し様子を見て大丈夫だったら、そろそろ普通の生活に戻ろうと思っています。
(一週間以上、ゆっくり歩いて3分以内の生協ストアへしか出かけていないので、
用事が山積しています^^;)

気にかけていただいて、ありがとうございます。
ブログもゆるゆると復活していくつもりですので、またよろしくお願いします~v-398
[ 2009/11/19 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。