遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「遠近」と「近近」


blog100210



メガネを新調しました。

もともと近眼+乱視だったところへ二年ほど前に老眼(^_^;)の兆候も顕かになり、初めて遠近両用を作ったのですが、最近どうも遠くも近くもぼやけてしまうのが気になっていました。
検眼してもらったら、両目合わせて0.3しか視力が出ていなくて、これじゃ運転免許の更新もできないし目の疲れもひどい。第一こんな数値知ったらもうその瞬間から怖くて車のハンドルなんか握れませんよね。よって、待ったなしで即決断。

今、中高年用のレンズは「遠近」のほかに、「中近」「近近」両用が流行しています。
「遠近」はどちらかというと遠くの見やすさに重点が置かれていて、近くの視野がとても狭いため(なんとハガキ一枚くらい分しかピントが合わないんです)新聞や本を読むのに疲れてしまいます。
近くをもう少し広い視野でしっかり見たい時や、そう遠くでない中間距離が見やすければいいという時には「中近」や「近近」レンズの方が便利でラクなんですね。
ただし遠用はカバーしていないため、運転などはできません。
私はそれでは困るので、結局「遠近」と「近々」二つのメガネを作ることになりました。

車を運転する時には写真後部の白いサックに入っている遠近レンスのネガネを、本や新聞を読んだりパソコンを見る時には赤いフレームの近近レンズを、というふうに目的に応じてうまく使い分けていかなければ。

本音を言えば、面倒なのでメガネなんて一つでいいんですが、私のように近視老眼乱視の三つがしっかり入っていて、しかもそれぞれがかなり進行しながら混じり合っているような目を一つのメガネで快適に矯正しようとしても無理があるのかもしれませんね。
仕方がないです、ふぅ…




[ 2010/02/12 10:40 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。