遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪柳&冬の夜の楽しみ


blog100219



水をかえる度に、はらはらと花びらが散っていきます。




寒い夜は、温めておいたベッドに入って好きな作家の本をゆっくり読むのが心安らぐ楽しみ。
先日買った読書用メガネ、愛用しています。





カラーひよことコーヒー豆カラーひよことコーヒー豆
(2009/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る

「カラーひよこ」は昔、縁日で金魚すくいや屋台と並んで売られていたひよこ。
赤やピンク、緑のカラースプレーをかけられて小さな段ボールにぎゅうぎゅう詰めにされるような粗雑な扱いで、長生きはしない薄幸の小さな命。
「コーヒー豆」は12歳を過ぎて体のあちこちにデキモノを発生させている老犬の耳の外側にできた新しいイボ。その色や形や大きさがコーヒー豆そっくりだという。

楽しそうな本の表紙絵から想像するほどハッピー一色のエッセイではないところがこの作家らしい。
人生の厳しさも悲しみもさらりと表現されていて、こちらもさらりと読み流しながら、やはり胸にじんとくるものはあります。


[ 2010/02/19 22:23 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。