遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

徘徊する人


生まれてはじめて110番して警察官を呼びました。
と言っても事件や事故じゃなくて、朝うちの玄関前に座り込んでいらした見知らぬお年寄り(女性)を保護してもらうためです。

結論だけ書くと、認知症による徘徊です。
私を掛り付けの医師と勘違いなさって、我が家を病院だと思っていらっしゃるみたいでした。
警察官による持ち物検査で、どうも此花区から来た人のよう。
此花区と枚方市じゃ大阪府内でもかなり離れていますし、電車なら乗り換えもあるし、どうやって辿り着かれたのやら。
ただ、徘徊というのは亡くなった義母もそうだったのですが、とても信じられない長距離を移動するので、この方の場合も不思議じゃないことなのかもしれません。

私が気づいたのは花壇の世話をするため外へ出た午前8時過ぎだったのですが、姿を見かけたという人の話だと6時過ぎにはもううちの花壇の石段に腰掛けていらしたそうです。此花区からだとしたら、朝、何時に自宅を出てこられたんだろう…。朝ごはん、何か食べてこられたかしら。

今、後悔しているのは、どうしてお茶の一杯もふるまう気遣いができなかったのかということです。
110番した後、急に自分は今徘徊老人を保護してるんだ、警察に無事渡すまでは絶対にどこへも行かないよう、事故や怪我にあわせないよう、しっかり見張っていなくちゃという意識にばかりとらわれてしまって、人としてのやさしさを忘れていた気がします。今さら遅いですけれど。 自分がほんとイヤになる。

警察には、午前10時前の時点で11件の照会がきてました。行方不明になっている人、多いんですね。
その中に今日の方のご家族からの問い合わせがあって、無事に自宅へ戻っていらっしゃるといいのですけれど。
徘徊の果て、ついに戻ってこれなかった義母のこと、思いだすと今もつらいです。




blog100610-4


今日の内容と関係ない神戸・南京町の写真(^_^;)
広場のアイドルは、財を招き入れる御利益があるという中国の小財神人形です。
男の子(右)が財財(ザイザイ)、女の子は來來(ライライ)。
可愛いんだけど…あまりに傷んでいてかわいそう。
塗りもかなりハゲ落ちてるし、そろそろメンテナンスの時期ではないでしょうかね。



[ 2010/06/10 18:12 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
そよこさん こんにちは。

遅いレスでごめんなさい。

お家の玄関前に見知らぬ女性、さぞびっくりされたことでしょうね。
急な出来事のとき、対処に追われていっぱいいっぱいになり、後で後悔することが私も多々あります。

でも、そよこさんが見つけられたことが何より幸いでしたね。
その方は見つけてもらえる幸運に恵まれたのだもの、きっと無事自宅に戻られたのではないかと思います。



[ 2010/06/15 15:57 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

亡くなる前の数週間、徘徊しては警察に保護されることを繰り返していた義母ですが、一度、夫が車で滋賀県警まで身柄を引き取りに行った時、警察署の椅子にポツンと一人、頼りなげにすわっている義母に夫は胸をつかれたそうです。
その小さな姿を想像すると、疲れただろうなぁ、心細かったろうなぁ、長距離を歩いてオナカもすいてただろうし咽喉もかわいてたんじゃないかなぁ・・・と、とても悲しくなるんですよ(^_^;)
なので、同じ症状の老人を見ると、気持ちがざわざわしてしまいます。
義母を救えなかった後悔が尾を引いているんでしょうかね。

こういう時代ですから、子ども相手の場合などはむやみに飲食品を差し出したりすると、警戒されたり、かえって迷がられるかもしれませんが、先日のおばあさんは、きっと自然に受け取ってくれただろうにと思います。

それにしても、認知症ってつらいですねぇ。
以前は寝たきりにならないよう、年とっても足を鍛えなきゃと思っていたんですが、なまじ足腰が丈夫だとかえって危ないかも・・・(>_<)




[ 2010/06/15 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。