遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神戸の旧居留地で(一)


神戸散策の続きです。



blog100515-1



市の中央区、JRの駅だと三宮と元町の間に位置する旧居留地を歩いてきました。
西洋近代建築と現代ふうの高層ビルが渾然と軒を並べながら、モダンで洗練された雰囲気を作っている街並みは、時間があれば全部のレトロビルに入ってみたいと思わせるような、おしゃれな一角です。



blog100515-2



一枚目の写真の左側に写っているグレーのビル。震災に遭って解体、建て直されたそうで、四階までの外壁が大正7年のもの。四階から上には現代ビルが乗っかっているという、ちょっとビックリな(^^;)建物ですね。
でも、窓枠や壁面のデザインはきれい。



blog100515-3



こちらは一枚目の写真のまんなかに写っている商船三井ビルの一階。
石積みの窪みに配された窓が可愛くて目を引きます。




blog100515-4



違う角度からの建物全体写真。
アメリカのルネサンス様式で、このあたりはちょっと見た感じ、外国のよう。




blog100515-5



建物の上の方を切り取ってみました。
この柱頭のメダルのような装飾、凝ったデザインですね。
当時、職人さんも楽しみながら丁寧に建てたんじゃないかって気がします。




[ 2010/06/15 23:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。