遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

代替わり


blog100621



祖母の二十三回忌のため、先週末は滋賀の実家へ行ってきました。
亡くなったのは八月二日。
自宅でやったお通夜・葬儀は、僧侶も参列者も汗だくでヘタバリそうだったことを思い出します(笑)。
法事は当然大幅に日程前倒し。
梅雨だし覚悟していたのですが、偶然雨の合間で一度も傘を使わずに移動できました。



今回は、子どもの頃からずっと来ていただいていたお寺さんが昨年亡くなられて息子さんに代替わりして初めての法事でした。
新しいお寺さん……私より年下(^_^;)
小学中学の後輩である彼は学年的にはちょうど私と妹との間で、私たち姉妹のこと、よく憶えてるそうです。
思わず小学校時代の思い出話が出てしまいました。担任の先生の名前とかね。

法事やお盆お彼岸の読経の後、先代のお坊さんと話をするのは祖父母や両親だった長い期間、私と妹はお経や焼香が終わると解放され、痺れた足を引きずりながらすぐ下がってました。
今は病気の父が先に下がらせてもらって、お坊さんの相手をするのは同年代の私たちに……。
どこでもそうやって代替わりしていくものなんでしょうけれど、ちょっとした感慨がありました。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。