遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サヨナラ阪急


blog100826



この前の日曜日(22日)、34年間の歴史に幕を閉じた京都・四条河原町阪急。
昨日、前を通りましたが、閉店後まだ日が浅いためか、閑散とした雰囲気はありませんでした。
なんといってもここは京都一番の繁華街のど真ん中ですから、大きなお店がひとつ閉店したからといって人の流れが途絶えることはないのでしょう。

私が高校生の時にオープンした当初は、地下で食料品も扱っていました。
気の利いたお弁当がたくさんあって、お小遣いの乏しい私は南座で観劇するのに、よくここでお弁当を買ってから四条大橋を渡ったものです。
DCブランドやおしゃれなアクセサリーがウリで、若い人(若くてお金を持っている人)に人気の百貨店でした。
ということは、お金もおしゃれ心もない私には縁の薄いお店だったわけですが^^;

でもここはお店に入らなくても別の利用の仕方があったんですわ。
写真の、扇の要の位置が正面入り口ですが、そこにあるレリーフ近辺が京都で一、二を争う待ち合わせ場所のメッカだったからです。夕方になると、まっすぐ歩けないほど待ち合わせの人たちでいつも混雑していました。
トイレも空いてる階の空いてる場所があって、私はつい最近まで、京阪電車で祇園四条まで来て、橋を渡って、阪急で用を足して(^_^;)、それから一階正面付近で待ち合わせをして、さぁランチに出かけましょう、というのが定番でした。
こんな使い方しかしなくてえらいすんませんと今さらですが、34年あったお店がなくなるというのはやはり寂しいですね。

後継には来年の春に丸井が来るそうです。
売り上げはどうなるかわからないけれど、大きな交差点に面したわかりやすさと利便性はそのまま、待ち合わせ場所として「11時半に丸井前で」などと名前を変えて続いていくんだろうなと思います。



[ 2010/08/26 17:11 ] 京都・その他 | TB(0) | CM(2)
阪急
こんばんは。

入ったら直ぐ出口?!のような店で、
歌舞伎入門?!がアラサーだった私には、
南座=高島屋のお弁当・・・になってしまいます。
(^ ^;A

松竹座も高島屋・・・ですが。

京都の大丸は特に・・・なんですが、
ふらふら入ると、ほしいものがあったりするんです。
しかも、予算オーバーで。(爆)

そうですか、丸井が・・・。

なんか、さびしいですね、丸井って
東京資本・・・・?
[ 2010/08/27 01:35 ] [ 編集 ]
きたこさん、こんにちは。

そうなんです、都市の百貨店としては規模が小さすぎました。
梅田の本店などと比べると、もう全然別のお店のような感じでしたからねぇ。>河原町阪急

もともと京都の百貨店は大丸対高島屋でしたが、最近、JR京都駅界隈の開発が急ピッチで、伊勢丹が古くからある二大勢力を凌駕する勢いなんだそうです。
丸井(ええ、東京資本じゃないでしょうか)がどこまで頑張れるか・・・だいたい私たちくらいの年齢層がデパートで一番注目するのってファッション関係ではないですからね。

二条のホテルフジタも今年限りだそうで、なじみのある建物が一つ二つとなくなっていくのは寂しい限りです。
[ 2010/08/27 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。