遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あんまりなランチトーク


blog101110



昨日は、四月以来久しぶりの妹との京都ランチでした。
ひところ雑誌などでもよく紹介されていた祇園のリストランテt.v.b(ティ・ヴォリオ・ベーネ)

「赤鷹峯唐辛子と鰆のサラダ仕立て クスクスとそのジェラート」(写真中央)という複雑な前菜や魚料理の鮮やかな緑色ソース(小松菜&バジル)に一瞬目を奪われつつ、食事中の会話はとんでもなく身もフタもない内容に(@_@;)。
こじゃれたお店で一心不乱にトイレ話を炸裂させる中年姉妹の迫力は、今思い出しても怖いです。
適度にざわついていなかったら、私たちがしゃべりまくっている尾籠な話にみんなドン引きで、しまいにゃ怒られていたかも。反省してます……^^;

実家の親の介護問題、いよいよ押し迫ってきました。
認定、ちゃんとでてくれるといいのですが、父ったら審査の時に限って普段は動かさない足を上げ腕を回しながら体操まで披露しちゃったらしいんですわ……なんでそういう時だけ張りきるのか…(;一_一)。


[ 2010/11/10 11:27 ] 京都のお店 | TB(0) | CM(6)
先日はお疲れ様でした。写真、きれいに撮れてますね!お味はイマイチでしたが…昨日も今日もいつも通りトイレ掃除をしています(>_<)本人もいい加減イヤでしょうけどね…来月は周囲の状況が許せばそちらへお邪魔して、新しいケーキ屋さんの味見をしてみたいと思っています。ではまた(^^♪
[ 2010/11/11 16:53 ] [ 編集 ]
えりちゃん、火曜日はどーも。
あの時間なら電車けっこう混んでたんとちがう?
私は三条から座って帰ったけど。

トイレやっぱりダメか・・・(涙)
今日のA新聞朝刊にインシュリンと糖尿病薬と下痢の相関についての記事があったけれど、お父さんの場合もやっぱりまだ分量の微調整できてないのかもしれへんねぇ。
お母さんともども本当にご苦労さまです。
長引くようなら応援に行きます。

来月に入ったら、天気予報見て小春日和の日にぜひ来てね。
あの緊張しまくったハンドルさばきでお迎えにあがりますわ!

[ 2010/11/11 17:43 ] [ 編集 ]
そよこさん こんにちは。

トイレ話炸裂に笑ってしまいましたが、当事者にとって切実ですよね。

審査のときに限って…義母もそうでした(^_^;)
無意識に頑張ってしまうんでしょうかねぇ・・・。
お父様の認定ちゃんと出てくれるとよいですね。
そよこさんはじめご家族も、お疲れで体調崩されませんように。

私も先々週から母が腎盂腎炎で入院し、昨日やっと退院しました。
退院後は無理してほしくないんですが、一緒に住んでいるのが父と弟なので、あんまり頼りにならないんですよね~(ーー;)
[ 2010/11/12 16:19 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

やはり家族以外の「他人」の前では緊張感があって「なんでもちゃんとできている自分」でありたいと頑張ってしまうんでしょうねぇ。
家族としては、一番グダグダな姿で認定してほしいんですけれど(笑)。

お母様、退院できるまでに回復されて何よりでした。
家事…女性がやるのが当たり前という風潮が急に変わることは望めませんからたいへんなんですよね~。
気分的にもゆったり回復できるよう、お父様と弟さんの大協力が必須です!(笑)
どうぞお大事にしてさしあげてください。
[ 2010/11/12 17:55 ] [ 編集 ]
攻防戦の主戦場、汝の名はトイレ
こんばんは。

素敵なランチにトイレ話・・・。
仕方ないですかねぇ・・・。(^ ^;A

うちも先々月、従姉妹に会ったとき、
やはり食事中だというのに
話題はトイレ・・・でした。
介護絡みなのは、いうまでもありません。

うちは、認定のとき、ぼけら~としてくれていた上、
退院直後だったんで、重度にとってもらえました。

父の十三回忌の時、
家の様子を見せようとトイレの改修をして
一つ学びました。

要介護になったら、トイレは改修したほうがいい、と。
介助者も楽なんです、
被介護者に優しいトイレは。

認知症やアルツハイマー、そうでなくても
足腰がダウンしている場合、
トイレは攻防戦の主戦場になりますね。

笑顔で我慢・・ではなく、
たまには、本音で暴れてください。
[ 2010/11/13 01:16 ] [ 編集 ]
きたこさん、こんばんは。

どうも薬の副作用が影響しているみたいなんですが(そもそも父が服用するよう指示されている薬が大量すぎ)、血糖値が不安定なので、なかなか「適量」がきまらないようです。
失敗はもちろんありますが、それでもまだなんとか歩いてトイレに行っているので助かっています。寝たきりよりはね。

昔に比べたららくにはなっているんですよね。
温水洗浄便器にパンツ式の紙おむつ…。
この二つにどれだけ助けられているか、と母が話してました。

父は足が上がらなくなって湯船に入るのが難しく、腕も背中まで回らなくなっているので、お風呂もたいへんになってきました。
70kg以上体重があるので母の負担が甚だしく、認定が出てお風呂の介助に来てもらえたら・・・と思っているんですが。
超ワガママで、デイサービスには(お風呂にも入れてもらえます)「そんなもん絶対行くか!」ですと。(~_~;)
[ 2010/11/13 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。