遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京ジャーミイ


blog101214-1


ジャーミイというのは、規模の大きいモスクを指す言葉だそうです。
ここは代々木上原、井の頭通り沿いにあるイスラムの礼拝場兼トルコ文化センター。





blog101214-2


入口から内部の壁、天井その他建物全般にわたってカリグラフィが施されています。
イスラムのメッセージなんですが、アラビア語がわからない私には書体そのものが美しい模様のように見えました。(写真下)
一階にはトルコ民家の伝統的な応接間展示があったり(写真左上)、図書コーナー併設の多目的ホールも(写真右上)。どこも調度品がすばらしく、とてもきれいです。




blog101214-3


礼拝堂の入口は二階のテラスに。
見学のみであっても、女性は中央扉のところでスカーフ(無料貸し出しあり)を頭部に巻いて入室します。




blog101214-4


うわぁ、きれい。
窓から入る光にきらきら輝くステンドグラス、連なるドームの空間、不思議な形のシャンデリア……もう、うっとり見とれてしまいます。
ここで毎週金曜日に集団礼拝があるそうです。




blog101214-5


最後に、ケヤキの黄葉がよく映えるジャーミイの正面写真。
宗教のことはわからなくても、異国の建築や文化を垣間見るだけでも楽しかったです。


[ 2010/12/14 23:54 ] | TB(0) | CM(2)
わ~!綺麗ですねー。
ステンドグラスが大好きなんですが、此処のはとても綺麗、是非みてみたいです。

東京に住んでいながら、建物があるのは知っていましたが、内部を見学出来ることは知りませんでした。
毎日、開館しているとの事なので、礼拝をやってない時間を狙って行ってみたいと思います。
[ 2010/12/15 16:16 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。

東京ジャーミイの最初の建物の竣工は1937年とかなり古く、そんなに昔からあったのかとびっくりしました。
その後建物の老朽化で1986年に取り壊され、今の建物は2000年完成、今年でちょうど10年なんだそうです。まだまだ新しいし、きれいでした。
信者ではない見学者にも外国人の職員さん(トルコの方かな)が親切に応対してくださるし、静かで雰囲気のいいところでした。スカーフを巻いて入る礼拝堂…イスラム圏の人になったみたいで不思議な気分でしたよ(笑)
私も機会があればまた行きたいでーす。(^^)
[ 2010/12/15 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。