遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬ごもりの日


blog110121

女正月の頃、せっせと小豆ものを補給。
おぜんさいは先日実家で母が煮てくれたもの。
日ごろ食べるのは自分で料理したものばかりなので、たまに誰かに作ってもらうとおいしくて幸せ。


夫が休みで、夜は外食に行こうと言っていたのに、日が暮れるとだんだん面倒くさくなってきて、寒いし二人とも口内炎作ってるし……結局有り合わせのものですませました。
こうしてだんだん出不精になっていくのね(^_^;)。


[ 2011/01/21 22:29 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
そよこさん こんにちは。

ご実家での介護、お疲れさまでした。
初めてのことって、要領もわからないし、必要以上に疲れますよね。
どうぞ、ご無理なさらないようにしてくださいね。
食事の制限、ご本人も、食べたいもの、味や量を我慢するのはたいへんだと思いますが、作る方もたいへんですよね…。

女正月、私は友人宅でおぜんざいをいただきました。
ほんと、人が作ってくれたものをいただくのは嬉しいです(*^_^*)
鏡開きには、関西風の白味噌のお雑煮を作ってみました。(レシピは奥薗壽子さんという京都出身の方)
お供えしたお餅を煮たのですが、うーん、ちょっとかびくさかったです(^_^;)
今年は寒かったせいか見た目は大丈夫だったのですが・・・。
それで、冷蔵庫にあった普通の丸餅を焼いて入れてみました。
白味噌のお雑煮、すまし汁のお雑煮に慣れてる私には新鮮な感じでした。
ただ、ちゃんと京都などでいただいたことがないので、はたして味が合ってるのかどうか疑問なんですよね(^_^;)
いつかほんまもんを食べてみたいです。
[ 2011/01/22 15:59 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

長い介護になりそうなので、無理はせず、いい意味でテキトー(笑)にやっていこうと思っています。
父は食事制限がいっぱいあるのに「おいしいものが食べたい」という欲求が強く、食欲も旺盛なので困ってしまいます(^_^;)。

京都ふうの白味噌雑煮は、お餅を焼かない場合が多いと思います。
丸餅をお湯で柔らかく煮て、そのまま白味噌の中に投入します。
で、この白味噌なんですが、他地域の人が見たら「ええぇ~?」ってびっくりするほど多めに入れるんですよー(^_^;)。そうでないと、まったりした濃い味にならないので。
少なくとも普通のお味噌汁を作る時の味噌の量とは全然違います。
もともと甘めのお味噌なので、結果としてかなり胸焼けします(笑)。
本場のものほど、どうも他府県の方には不評みたいです。気持ち悪いとか言われて…(^_^;)
やっぱり生まれ育ったところのお雑煮が一番おいしいかもしれませんね(笑)。
私もずっとエセ京風雑煮を食べているので、いつかお正月を京都の老舗旅館で過せるような時が来たら、そこで正真正銘の白味噌雑煮を味わってみたいです。

[ 2011/01/22 18:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。