遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

誕生日の思い出と絵本


もりのおくのおちゃかいへもりのおくのおちゃかいへ
(2010/11/03)
みやこし あきこ

商品詳細を見る

おばあちゃんの家にケーキを届けに行く少女。でも途中の森の中でころんでケーキの箱がつぶれてしまった……というところまで読んで、ずっと昔の自分の誕生日を思い出しました。
亡き祖父が買ってくれたバースデーケーキの箱を妹が誤って床の上に落とし、中のケーキが大きく崩れたのを見た私はテーブルに体ごと突っ伏してワーワー号泣……
いかにも子供っぽいのと(実際はそれほど幼年でもなく、かなり大きくなってた^^;)なんだか激しく食い意地が張っているような気がして、私はこの思い出話をされるのが苦手なのですが、実家ではケーキの話題が出るとすぐ誰かが思い出すらしく、そう言えば…となにかにつけてこの話を蒸し返されます(~_~;)

そして、今日はアラフィフな私の誕生日。
ご馳走やケーキで祝うことをしなくなった今でも、床に落ちたケーキと悲しくて泣き伏す自分と驚いて呆然とながめている家族の姿が時々記憶の淵からよみがえってきます。
おっと脱線。絵本の感想をほとんど書いてませんね^^;
ストーリーもいいけどモノトーンの中に一、二ヶ所ずつ入った明るい差し色がとてもきれいで印象に残ります。
何度もページを繰って見かえしたくなる一冊です。



[ 2011/01/28 12:14 ] 読書 | TB(0) | CM(4)
そよこさん こんばんは。

お誕生日おめでとうございます\(^o^)/
大きく崩れたケーキを見て、ワーワー泣く小さなそよこさん、かわいいです(*^_^*)
やっぱりねぇ、ショックですよ、それは。
ケーキといえば、ケーキ屋さんでアルバイトをしたとき、初日に、高い所にある飾り付け前のホールケーキを取ろうとして落っことしてしまったことがあります。
もう、真っ青になりましたっけ(・.・;)

絵本、かわいらしいですね。
おっしゃるとおり、差し色がとても効いています。
絵の景色はそのままこちらの冬の色です。
寂しい冬の曇り日、子どもたちのきれいな色の帽子や手袋は、なんとなく、ぽっと心を暖かくしてくれます。
[ 2011/01/28 21:01 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

ありがとうございます(^_^)>誕生日
スポンジとクリームで作る柔らかいケーキは崩れ方が劇的なので、子ども目には衝撃度が強かったんでしょうね(笑)。
ミツコさんはバイト先でそんなことが?
そりゃあ真っ青になりますよねぇ、わかります。でもまだ飾り付け前でよかった、と言うべきでしょうか(^_^;)

墨絵のような風景の中で鮮やかな原色はきれいに目立ちますね。
北国の子どもたちのカラフルな服装、積もった雪を背景に想像中~♪
[ 2011/01/28 23:49 ] [ 編集 ]
遅ればせながら・・・・
お誕生日おめでとうございます。

お誕生日のケーキの話、面白かったです。
きっと私でもおお泣きするな~と思いました。
私はお誕生日ケーキを買ってもらった記憶がありません。
というのもクリスマスのケーキと共有だからでして、12月24日の近くに生れた事を悔んでおります(笑)

絵本もかわいいですね。
絵本の中だけなら、雪景色の森もいいな~なんて。
現実には寒くてイヤですけどね(^^ゞ

なんだかケーキが無性に食べたくなってきました。
帰りに買ってかえりますわ!

[ 2011/01/31 16:44 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。

ありがとうございます(^^)>誕生日
きっと私は自分で自覚している以上にケーキに期待していたのでしょうねぇ。なのでショックが大きかったのだと思います(笑)。
クリスマス前後のお誕生日だと、やっぱりまとめて一度に・・・ということになりやすいんでしょうけど、子ども心には、クリスマスはクリスマスケーキ、誕生日はバースデーケーキって別々にしてほしいんですよね(笑)。
そういえば一月一日生まれの知人も、誕生祝いはいつもうやむやにされていたと言ってました。

今ではケーキも好きな時に買えますものね。
おいしいケーキ、いっぱい召しあがってください。
そして、いっしょにメタボへの道を・・・なーんてウソ。それは私だけですー(>_<)
[ 2011/02/02 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。