遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さきがけの花菓子


blog110209-1
「未開紅(みかいこう)」(二条若狭屋)


未だ紅を開かず。
立春を過ぎてだんだん暖かくなりそうな気配がただよいつつ冬の寒さもしっかり残っていて紅梅はまだ花びらを閉じたまま、という今の季節にぴったりの菓銘ですね。
四隅から真ん中へこし餡をきゅっと包んだ形に、まだ残る寒さとやがて開かれる蕾の春の待ち遠しさ両方が感じられる雅なお菓子です。



blog110209-2
「寒紅梅」(とらや)           「咲分け」(駿河屋)


年明けから二月いっぱいと和菓子の世界ではかなり長い期間君臨し続ける梅。
凛とした気品、明るい華やかさ、馥郁たる芳香。すべてを持ち合わせた花の見ごろがもうすぐやってきますね。
お菓子だけじゃなく、本物の観梅を計画したいなと思っています(^^)。



[ 2011/02/09 17:41 ] 今日のおやつ | TB(0) | CM(2)
こちらにも こんばんは。

きれいな色ですね~。
冷たい空気の中で、凛と佇む梅、桜のような華やかさはないけれど、ふっくりとした温かみを感じます。

実際の春はまだまだ遠いので、春を感じさせてくれるお菓子を見ると嬉しくなってしまいます(*^_^*)
[ 2011/02/11 22:14 ] [ 編集 ]
ミツコさん、いらっしゃいませ~。

梅。花としては白梅の方が私は断然好きなのですが、お菓子となるとやはり色をつけた方が華やかになるので、紅梅が多いですね。

実際の梅も早咲きだと一月からもう咲き始めますし、二月、三月上旬と花どきが長いですが、やはり人気では桜にかなわず、桜の早咲き種が蕾をほころばせるや否や、梅も桃も春の花樹の主役を奪われてしまうのがちょっとかわいそうです。

これから徐々にお菓子の世界も色あざやかに展開していくので楽しみですね。
[ 2011/02/12 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。