遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弥生の節句


日ごと春めいてきたところへ寒の戻りで、今日は雪のぱらつくお節句になりました。


blog110303-1


「ひちぎり」と「ひなあられ」と「ばらずし(ちらし寿司)」。
いつもの我が家の雛祭り……といっても私が一人でやってるだけですが(^_^;)。

これは預かっている位牌にお供えした後のお下がりをちゃちゃっとデジカメで撮ったもので、実際こんなふうに三種並べて食べたわけではありません。(ご飯こんなにちょびっとじゃ足りないもんね)




blog110303-2


一人分だけ作るの面倒だったので、お寿司も買ってきました。
私の「おいしいばらずし」の基本は亡き祖母の味つけなのですが、味覚の記憶をたどって再現しようとしてもうまくいかないし、有名店の上等なお寿司を食べてもどこかしっくりこない。高級感はあるけど優しい味じゃない。
どうして生前に作り方を聞いておかなかったのかなぁ。
そう言えば、先月介護帰省していた時に妹も「あれはおいしかった。教えてもらっときゃよかった」と言ってました。
祖父の死後、孤独だった祖母。
ひとりで縁側の椅子に腰かけてぼんやり外を見ていた姿を思い出します。
あの時、「おばあちゃん、お寿司つくってみるから傍で見といてー」と頼めば、きっと嬉しそうな笑顔を見せただろうに。
年齢を重ねていくほどに取り返しのつかない時間に気づくことも多くなりました。


[ 2011/03/03 21:30 ] 歳時記 | TB(0) | CM(2)
一緒に住んでいるダンナのママがちらし寿司が得意なので、今までは巻きずしやいなりは作ってもちらしは作らないようにしていました。ママに作ってもらう場所を開けておいたつもりだったのです。なので、たまにおいしいインスタントに何かまぜてやっつけていました。すっかり料理をしなくなったママはお願いしても皆目作る気がしないらしく。この前の3日に、初めて自分でちらしを作りました。ママもおいしいと言ってくれて。家族の時間はそれぞれに、経過してゆきますね。

拙宅の件、ありがとうございました。想像できる結論は、新設されたTwitterやフェイスブックへの連動ボタンのせいだったようです。頼んでもないのに面倒なサーヴィスがついてくるのは電化製品みたいですよね。確かめるきっかけをいただいてとても助かりましたm(_ _)m感謝。
[ 2011/03/05 18:47 ] [ 編集 ]
あきらさん、こんばんは
時間の経過の中で家族のありようも変わっていくって、本当にそのとおりですね。
私の母もまだまだ気丈夫で決めごとの時にはイニシアティブを取っておりますが、もうご飯支度や買物などはほとんど同居の妹に任せています。いずれ家事のすべてを委譲する日も近いはずです。
ダンナさまのお母さま、安心してあきらさんに頼っていらっしゃるんでしょうね。

今、ご訪問させていただいたら、サクサク快調に動きます~♪
なるほどサービスがいっぱい付いていたせいで、ちょっと重くなっていたのですね。
記事をスクロールしてちゃんと読めるようになって私も嬉しいです。
ちょくちょく伺わせていただきますねー(*´∇`*)
[ 2011/03/05 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。