遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台風のあと


台風15号は次第に近畿から遠ざかり、午後2時頃には少し太陽も顔を覗かせました。
今夕にかけて東海・関東に上陸の可能性があるそうです。
勢力の大きい台風なので、進路に当たる方面の皆さまはどうぞお気をつけて。


blog110921

自宅前の田んぼ。


実感としては、強風が吹いた時間はそれほど長くはなかったはずなのですが、稲の倒れ方がひどくてびっくりしています。
でも、一つ奥の田んぼはまったく影響を受けていないかのようにきれいなものです。
どうして手前の田んぼだけ?

思い当たるのは、手前の田んぼが近くの小学校の郊外学習実践場所に当たっていることくらいです。
今年も6月に「田植え実習」がにぎやかに行われていました。
この、稲が倒れている箇所は小学生たちが植えた部分です。
これから迎える実りと収穫の秋。自分たちが苗を植えた田に今度は「稲刈り」にくる子どもたちがちゃんと実習できるよう、少しでも起き上がって回復してくれるといいなと思います。


[ 2011/09/21 14:28 ] 日常 | TB(0) | CM(3)
ミステリーサークル?
きっとこの田んぼは稲の背が高いのでしょうね。
ちゃんと収穫できると良いですねー。

台風は夕方にお江戸にやってきました。
物凄い風雨でしたが、今やっと少し弱まったみたいです。
ビルが揺れるほどの風は久しぶりでした~~!

しかし、鉄道は案の定全滅で帰宅の足は失われました。
解ってたけどやっぱり弱い首都圏の鉄道・・・(-_-メ)
運転再開してから帰ろうと思います。その方が安全ですものね(*^^)v
[ 2011/09/21 18:58 ] [ 編集 ]
そよこさん こんばんは。

台風、テレビのニュースで映像が流れていましたけど、凄いですね。
北海道は、いつも逸れるか上陸する頃には弱まってるかなので、内地の台風の凄さには驚いてしまいます。

田んぼ、こんなに違いが出るものなんですね。
子供たちは、自分たちで稲刈りするのを楽しみにしているでしょうね~。
せっかく一生懸命植えた稲のこんな姿を見たら…。
なんとか、起き上がってくれるといいですね。
[ 2011/09/21 20:39 ] [ 編集 ]
お返事遅くなってすみませんm(__)m
>ねこ江戸さん
テレビのニュースで、こちらよりも東京の方が風雨はひどい感じに見えました。
時間帯もちょうど帰宅時と重なってたいへんでしたね。
お疲れになったことでしょう。ゆっくり休んでくださいね。
でも台風は毎年来るのに、そのたびに帰宅難民が出るようでは困りますね。鉄道網の脆弱さ、もう少しなんとかならないものかと思います。

稲は今日見た限りではまだ踏みしだかれたような状態のままでした。起き上がれるといいのですけれど。


>ミツコさん
台風、北海道の東部をかすめていったみたいですね。
そちらも多少影響があったんじゃないでしょうか。
地震に大雨、台風……今年はなんだか「避難」「救助」という言葉が頻繁に聞こえてきます。荒ぶる自然、せめて秋冬は穏やかであってほしいものです。

小学生たちは裸足で水田の中へ入るのも苗を持つのも初めてで、こっちから眺めているとかなり危なっかしい足取りで植えていましたからねー(笑)。
子どもたちの目には農家のおじさんの作業は神技のように映っていたかもしれません。
来月の収穫の日までにせめて半分でも回復していることを願っています。
[ 2011/09/22 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。