遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅の写真9-錦帯橋(6/3)


山口からの帰途、錦帯橋を見に行こうと岩国に立ち寄りました。


blog080625-1


幅5mの5連アーチはさすがに壮観です。
大水で何度か流失した過去を踏まえて、こういう形になったそうですが、大きく反った姿はダイナミックでもあり優美でもあり、緑の多い周囲の風景ともよく調和しています。



blog080625-2


組木の技法が多用されてるという橋桁。
技のことはよくわかりませんが、精巧で美しい細工だと思います。
築城技術が用いられてる橋脚の方はわかりやすいですね。お城の石積みの塀を思い出します。


blog080625-3


反っている橋のてっぺんは橋脚の分もありますから、かなり高さを感じます。
石や鉄の橋に比べると、木造は足への当たりが柔らかいというか、歩きやすいんですね。


blog080625-4


ロープウェーで上がった山上から、望遠でパチリ。
川の向こうは、昔から城下町として賑わっていたそうです。


[ 2008/06/25 16:18 ] | TB(0) | CM(2)
錦帯橋
 錦帯橋を下から見ると、建造物と言うよりも、芸術品みたい。山と川と日本家屋を借景にして、素晴らしい景色ですね。でも、よくテレビでよく見る角度の逆側は、物凄い観光地って感じですね。(^^)
[ 2008/06/28 15:23 ] [ 編集 ]
さとみさん、こんばんんは
錦帯橋はきれいな橋でした。
やっぱり木の温もりに親しみを感じますね。

家屋がたてこんでいる街なかも、混雑はあまりなくて、
京都や大阪の人ごみを見慣れている目にはむしろスッキリして見えました(笑)
夏には花火大会などイベントもあるようで、その時にはきっと人がワンサカ押し寄せるんでしょうね。
[ 2008/06/28 17:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。