遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父の幻覚


父が夜中から明け方に幻覚を見ると聞いたのが十月で、ちょっと気にはなっていたのですが、今月に入ってその頻度が高まり、ほとんど毎晩という状況になりました。
アリの大群が父の寝室にいると感じるらしく、ある時は虫の死骸をアリたちが運び去る様子も「目撃」したと言っています。
寝ぼけているのか?と思っていましたが、どうやらそうではなく、同じ幻覚を繰り返しはっきりと見ているようです。

先日、夜中に大声で家族を呼ぶ父の声が聞こえて、二階で寝ている妹が階下へ駆けつけたところ、やはりアリの大群が押し寄せてきていると……。
いくら言葉を尽くしてアリはいないと説明しても納得しないので、妹は父の部屋の床をゴロゴロ転がってから起き上がって衣服の袖や背中を見せ、どこにもアリがくっついていないことを確認させたそうです。
夜中に父の部屋へダイブして転げまわっている妹の姿を想像して思わず電話口で吹きだしてしまいましたが「笑いごとやあらへんわ!深刻になってきてるんやで」と怒られて、そのとおりだと反省(^_^;)。

妹に言い負かされると、その瞬間は父もしぶしぶ黙るのですが、翌日母に「○○(←妹の名)もあんなに若いうちから目が見えんようになって…いまに失明するで。どうするんや」と「アリが見えない」妹のことを真剣に心配していたそうです(´Д`;)

認知症だった亡き祖母も「布団の中にネコが入ってる」だとか「それ、そこにヘビがいる」と畳を指さしていましたので、妹が父に「認知症と違うか?」と聞くと「絶対違う!」とえらい剣幕で怒っていたそうです
確かに昼間話している内容はきわめてまともで、家族の知らない「時事問題」まで詳しく正確にしゃべります。そして夜中になると「アリが部屋にいっぱいいる」と。

一度検査に連れていくべきですが、本人は自分がおかしなことを言っているとは全く認識していないので、その種の病科受診は当然拒否します。
でもこのままだと夜中に呼びつけられる家族は身体がもちませんし、父本人も眠れずに困るでしょう。すでに夜眠れないため昼間にかなり寝てしまうようで、いつか昼夜完全逆転になってしまう前になんとか改善策をと考えています。
ケアマネさんにも相談していますが、今のところ来週の内科定期受診日にあらかじめ担当の先生に状況を伝えておいて、それとなく精神科(?)の検査予約をとってもらおうと今日妹と電話で話しました。

ということで、明日からまた実家へ。
今回は法事もあるので、準備を手伝ってきます。




blog111208


最近また電車に乗りづらいと感じることがあり、二度ほど途中下車。
でも、まだ私は行きたい場所も行かなければいけないところもあるので、気負わず普通に出かけます。
時間帯を間違えなければ、大丈夫だと思います。



お父様の病状、心配ですね。
うちの父は肝臓がんでしたが、肝臓が機能しなくなると、アンモニアが脳を侵して幻覚や妄想を見るそうで、夜中に起きるのには参りました。
心療内科ないしは精神科で検査を受けられると良いですね。(本人は拒否すると思うけど・・・・)

電車、乗りずらいですか?
私の場合は混んでると絶対ダメだったんですが、
最近は多少の混雑なら乗れるようになりました。
そよこさんも気負わずに、乗れなくても悩んだりしませんように。

今日はめちゃ寒いので、お風邪にも気を付けてくださいね。
[ 2011/12/09 18:15 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
私の父も癌(前立腺)ですが、同時に患っている糖尿病の方がひどく、そこへ高血圧や心臓の疾患も加わって、薬の種類と量がとても多いんです。
なので薬が互いに作用しあって幻覚や妄想を引き起こしている可能性もあるんじゃないかと思っているのですが……。
次の木曜日に父を病院に連れて行って担当の先生に相談することになっています。

電車、ここ数年間大丈夫だったのですが、この秋に途中下車する事態が二度ありました。
通勤時間帯近くに、入線してきた電車にパッと乗ったのがだめだったみたいです。自分を過信しちゃいけませんよね。時間とタイプ(各駅停車)をちゃんと選ぶべきでした。
今回の実家往復は慎重に選んで乗ったので、何事もなくクリアできました。
過信せず、乗れなかっても落ち込ます、平常心でまた乗りに行こうと思います。
お心づかい、ありがとうございます~v-398
[ 2011/12/11 18:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。