遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戻ってきました


blog120217-1実家では毎夜マッサ-ジチェアに座っていました。
私はメニューから「リラックスコース」を選ぶのですが、母と妹は最強度の「疲労回復コース」を選択しているそうで、「介護」と口では言っててもやっぱり私はまだまだのんきなお手伝いレベルなのかもしれません。
父は比較的安定しているようでした。寝室でアリが見える幻覚はまだ続いています。でも母と妹にはもうあまり強く訴えなくなったとか。
一度トラが現れた時には大騒ぎしたそうですが、リピートはないようで(^_^;)ほっとしています。




blog120217-2介護ストレスのはけ口の一つなのか、以前にも増して甘い物を求めるようになった妹がネットで取り寄せていたデコレーションケーキ。
最近ではほとんど見かけなくなったバタークリームですね。
私が子供のころクリスマスや誕生日に買ってもらうケーキといえばこういうものでした。
ピンクのバラ。これがのっていることがデコレーションケーキの証だった(笑)。
私の舌にはちと甘すぎるのですが、なつかしくて半分もらって帰ってきました。
ただいま冷凍庫の中で待機中。週末のおやつにします。




そよこさん おかえりなさい。

お疲れはとれたでしょうか。
お父様の幻覚症状はまだ続いてるのですね・・・
なかなかすんなり無くなるものでもないのでしょうけど、少しでも症状が減ってくれるといいですね。

介護という先の見えないものと付き合っていくには、ストレスの発散を上手くしていくというのが大事なのだと思います。
前記事でもお話されてましたが、抱え込まないというのも大事ですよね。
日々介護されてるお母様と妹さんのご苦労はもちろんですが、遠方から数日介護に行くというのも、かえって疲れるものだと思うのです。

甘いものはやっぱりストレス発散にはもってこいですよね(^.^)
ピンクのバラ、デコレーションケーキには必ずのってましたよね~。
切り分けた時には必ずバラのとこをもらってました(*^_^*)


[ 2012/02/19 00:06 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

父の幻覚は続いてはいるものの、夜に限定されているのと、感情を波立たせないような薬を処方されているため、予想以上に穏やかに日を過ごせています。病勢が進むにつれてもっとやっかいなことになるかもしれませんが、その時はその時でまたなんとかなるだろうと。
今から取りこし苦労してみても仕方ないですしね。

実家から自宅へ戻った翌日に頭痛がひどかったので、多少は精神的な疲れが残っていたのかもしれません。でも逃げ場のない妹に比べたらずいぶん恵まれています。
ケーキのバラの部分、久しぶりに食べましたが、なんというか……恐るべき甘さでした(笑)。
時々少量いただく程度が一番おいしく味わえると思います(^_^;)
[ 2012/02/19 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。