遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の梅


blog120229-1

花開き始めた梅。
白梅ですが、接写でよく見るとといろんな色があって案外はなやかなんだと気づきます。




blog120229-2

写真だとよく咲いている印象ですが、近くの公園で唯一咲いていた木の特に花がかたまっていた部分で、全体的にはほとんどまだ蕾の状態でした。
梅は咲き始めが一番好き。
蕾がころころしている中に一輪か二輪ほころびかけているくらいの風情が美しいと思います。


[ 2012/02/29 17:51 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
そよこさん こんばんは。

わ~、もう梅が咲き始めてるんですね~。
春なんですねぇ。
咲き始めの風情が美しいというのは、わかる気がします。
この時期の梅を観たことのない私には想像するしかないのですが、寒さの中で凛と、ほころぶ姿が梅には一番似合うのかなぁと思います。
だからこそ、梅一輪 一輪ほどの・・・という句も生まれたのかなと。
一輪咲いても梅は梅なんてのもありましたね(笑)

日本の花というと桜がメジャーな感じですが、なんとなく梅の方が日本らしい気もするのです。

梅を詠んだ好きな詩をひとつ…
五弁の梅の花を散らばしながら、猫が敷石の上を歩いていった。春、近し…。(垣内磯子)
[ 2012/03/01 17:43 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

関西地区限定の天気予報を見ていたら、大阪の梅の標準木が今日やっと咲いたそうです。
今年は二月が寒かったせいで、ずいぶん遅れました。
梅の開花宣言が三月にずれこんだのは26年ぶりだとか。
いつまでも寒いのはかないませんが、梅はもわ~と生暖かい空気の中でわさわさ咲き満ちているより、まだ冬の冴えた冷気が残っている時にぽつぽつと蕾が開く感じが清らかでいいですね。

「梅一輪」の句は毎年この時期に季節関連のコラムなどで引用されますね。まるでお約束みたいに。今年はまだ目に入ってきませんが。
土方さんの句は・・・褒めたいのにどうしてもうまく褒めようがなくて・・・でもまあ、そこがチャームポイントの一つでもあるから(笑)

梅の詩、ふわっと春の風を感じました。情景が目に見えるようです。
春、どんどん近づいてきてほしいですね。
[ 2012/03/01 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。