遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミモザの日


blog120308

3月8日は国連が定めた「国際婦人day」なのだそうですが、日本ではあまり意識されていないような…。
でもFesta della donna(「女性の日」)として春の訪れを告げる花ミモザを日頃の感謝をこめてプレゼントし合うというイタリアの習慣はここ数年日本でもわりに定着してきたと思います。←お花屋さんの春のイベントとして。

毎年この日にミモザの小さなリースや花束を無料で配る花屋さんの前を買物の帰りにわざと通って(^_^;)、今年も花束をいただきましたよ。
どうせ誰も贈ってくれませんからねぇ、自力でゲットですわ!
(早くお水をあげようと急いで撮ったら、ピンぼけ写真になってしまいました……)


[ 2012/03/08 23:32 ] 歳時記 | TB(0) | CM(2)
そよこさん こんにちは。

「国際婦人day」、日本では認知度低いのではないでしょうか。

ミモザ、かわいらしいですよね~(*^_^*)
私も昨日お花屋さんの前を通って買おうかな~と思ったものの、なんだかこの日に自分で買うのもシャクな気がして、買わずに帰ってきました(笑)
でも、写真の可愛らしい花束を見たら、やっぱり買えばよかったと、ちょっぴり後悔してます。

日本ではお花を贈る男性って少ないですよねぇ。
あれ?でも大昔は文に花を添えてなんて時代があったはずですよね・・・?
いつ頃からなくなってしまったんでしょう?
まっ、花を贈られるのが似合うような女性も減ってしまったのかもしれませんけど(^_^;)
[ 2012/03/09 14:54 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。

国際婦人デーなんて、ほとんどの人が知りませんよね(笑)。
本来の政治的な意味合いが薄れて、今はヨーロッパでも花束やプレゼントで祝う春の行事の一つになっているみたいです。

何年か前、自宅にミモザの木があった頃にはそれほど気にならなかったのですが、枯死してなくなってみると、可愛い花だったのになぁ…とこの時期になると思い出して欲しくなります。

昔は、そうそう。源氏物語なんかでも貴族たちは和歌のやりとりの際に花も添えたりしていましたよね。メール、ツイッター、フェイスブックの現代から見ると、なんとも風流なことです(^^)。

女性側も今は花をもらうことに慣れている人は少ないんじゃないかと思います。
私も、もし夫が花束なんて差し出して来たら、喜ぶよりまず先に「気でも狂ったんとちがうか!?」と叫んでしまいそうです。(^_^;)
[ 2012/03/09 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。