遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一週間前


10月の終わりに行った旅行は、JR西日本のお得切符「山陰めぐりパス」を使いました。



blg121106-1

お天気の良かった日には出雲大社から日御碕へ足をのばして、白い灯台の上から日本海を眺めました。
ここはウミネコの繁殖地だそうです。飛来する12月になると紺碧の空と海と白い灯台をバックに、きっと素晴らしい光景が見られることでしょう。



blg121106-2

松江市内の観光にはレイクラインバスの一日乗車券を使いました。
松江城や小泉八雲記念館、武家屋敷。もうすっかり紅葉している木や葉があって、堀川めぐりの舟から見る岸辺の光景にも秋の風情を感じました。
島根県立美術館の喫茶室で夕暮れを待ち、宍道湖にできた夕陽の光の道を目に焼きつけて楽しい一日でした。


最終日はかなりひどい雨。
出雲から「スーパーまつかぜ」で安来へ移動して足立美術館にいました。



blg121106-3

石見銀山へも行ってきました。(清水谷精錬所跡や羅漢寺、五百羅漢など)
写真は龍源寺間歩の入口。
「間歩(まぶ)」というのは銀の採掘作業のために掘られた坑道のことで、ここは江戸時代中期に掘られた銀山でも指折りの坑道だそうです。
……入口を見たとき、正直あまり入りたくないような…(^_^;)
中は暗くて狭い。頭上の岩との間にもあまり余裕がなく上下左右とも岩が迫ってくる感じです。
ちょうど前に団体旅行の人たちがゆっくり歩いていて、後ろからも人がどんどん追いついてきて、穴倉のような暗い坑道の中で身動きできない状態になってしまったんですよ。そして後ろにいた人が一言。「今、地震きたらどうしよー」
「生き埋め」という文字がちらついて、せっかくの世界遺産に気もそぞろ。早くここから出て広い場所へ行きたいなどと思ってしまった小心者です。
もちろん、後世に残すべき「遺産」が必ずしも「楽しい観光地」である必要などないのは当然のことです。



[ 2012/11/06 16:23 ] | TB(0) | CM(2)
素敵旅ですね。
こんばんは。
何故か再来週、鳥取砂丘、出雲大社、足立美術館に行く事になりました。
一泊二日の強行軍ですが、松葉ガニを堪能してこようと思います。←食気だけ。

なーにも予備知識が無かったのですが、そよこさんの写真とレポで勉強になりました。
そしてちょっとワクワクしてきました(^o^)
[ 2012/11/06 21:35 ] [ 編集 ]
ねこ江戸さん、こんばんは。
わー、再来週ですか(@∀@)
松葉ガニ、豪勢ですねぇ~。山陰のカニ、私も一度でいいから本場で食べてみたいです。

あちらは10月末でも予想より寒かったです。
お風邪がぶり返さないよう、防寒対策完備でお出かけくださいませ。
またお土産話を聞かせてくださいね。
どうぞ楽しい旅を~(^o^)丿
[ 2012/11/08 16:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。