遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初夏の旅③ 東京駅丸の内駅舎


ほぼ創業当時の姿に復原された東京駅をやっと見ることできました。
午後になって空の青さが薄れ雲が出てきた時間帯でしたが、それでも充分壮麗で美しかったです。


blog130605-1.jpg

北ドーム。
戦争で焼失して今回蘇ったのがこの丸いドーム屋根と三階外壁部分なんだそうですね。
終戦から67年か……。



blog130605-2.jpg

素晴らしく美しい駅舎全景…なんですが、手持ちのカメラの画角ではどうしても入りきらず残念でした。
後から調べたら、駅舎全体の長さは戦艦大和より長く、東京タワーの高さとほぼ同じということでした。長いですねー。(@_@;)

私たちは大手町から地下通路を通って丸の内線の出口から地上を駅方向へ歩いてきたのですが、道幅の広い行幸通りの真ん中部分が以前と違って遊歩道に変っていたので、信号を気にすることなく駅舎正面をゆっくり眺められました。大勢の人たちがこの遊歩道入って写真撮影していました。





blog130605-3.jpg

中央と南ドーム。




blog130605-4.jpg

ドームの内部。天井を見上げた風景。
美しく凝った意匠に見とれて、大勢の人が行き交う場所だってことを忘れそうになりました。
ローカル線の駅じゃないんだから気をつけないとぶつかって飛ばされる。(笑)



blog130605-5.jpg

私のカメラは望遠がよくないので夫のデジカメから拝借した写真。
レリーフは剣、鷲、干支(戌と亥)。




blog130605-6.jpg

ライトアップされた北ドーム。
一枚目の写真とほぼ同じ角度から撮っています。



blog130605-7.jpg





東京駅は来年、開業100周年を迎えるそうです。
きっとお祝いのイベント等でまた盛り上がるでしょうね。

この後は夕方に食事もかねて芝界隈に出かけましたが、あまりにも歩き疲れたのでここで一旦休憩。
人がいっぱいのカフェに並んで入る気持ちの余裕もなく、銀座の松屋地下でケーキを調達+スタバで飲物テイクアウトでホテルにチェックイン。
部屋でおやつを食べながら寛ぎました。靴脱ぎ捨てて足投げ出して。(笑)
(5月26日)


[ 2013/06/06 17:16 ] | TB(0) | CM(2)
見とれますね
東京駅、美しいですね~。
やはり昔の建築はデザインが美しいですね。
先日、夫が写真を撮ってきて見せてくれましたが、ドームの天井の写真がほぼ同じでした!
私も今度上京した折に見てこようと思っています。
ローカル線の駅じゃないので、飛ばされないように気を付けます(笑)
一つのことに気を取られると、他がてんでお留守になるので危険大です(^_^;)
[ 2013/06/07 23:20 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こちらにもありがとう~(^^)
あの歴史を感じさせる赤煉瓦に南北のドーム屋根がしっくり合って、やはり開業当時の姿が一番いいなぁと感動しました。

ドームの北も南も改札の前あたりから天井を眺めて写真を撮っている人がけっこう多くて、当然みんな上を向いています。そして携帯やスマホを操作しながら歩く人たちはほとんど下を向いていますからぶつかる危険性が大きいですね。
やっぱりああいう場所では前を向いていなければいけません。(いや前を見ていても人を避けて進むのが一苦労ですけれど^^;)
[ 2013/06/08 16:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。