遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暑さに弱い夏園芸


blog130704-1.jpg

初めて育ててみました。
外側から中央へ向かって咲き進んでいく花だったのですね。
ピンクッションのような球体の花をつけた細い茎が風に揺れて涼しい眺めです。
(実際はじとーっと蒸し暑い梅雨の大阪ですが)




blog130704-2.jpg

6月にうちで咲いていた花の一部です。
はっきりした原色系の方が小花壇では目立つとわかっていても、無意識に自分の好きな色を選んでしまいます。

今年はなんとなく園芸パワーが乏しくて、昨年までの宿根草が時期が来て自然に開花しているだけ。
新しい苗を植える気力がありません。
梅雨が明けると同時にやってくる猛暑は植物たちにとっても過酷なので、夏園芸はお休みにしてしまおうか…。
朝の涼しいうちにと7時15分くらいから水やりをするのですが終わるまでに40分くらいかかってしまい、朝ドラ「あまちゃん」にぎりぎり間に合うかどうかなので、花の植わっている鉢数を思い切って減らすと忙しい朝時間に少し余裕ができそうです。
…ということで、しばらく園芸店には行きません。新苗を見てしまうと結局買い込んで植えて増やすことになるから。(~_~;)


[ 2013/07/04 17:45 ] 草花と暮らす | TB(0) | CM(4)
水遣り
前記事のことをすみません。こちらでは、というか、京都以外では? いわゆるお餅やさんの水無月は食べることができません。和菓子屋さんには有るは有るのですが、それは生菓子としてのそれで、京都のとは違うのです。恋しくて取り寄せていた時もあったのですが、この頃は諦めておりますので拝見できただけでもうれしいです。

スカビオサも可愛いですねー。やはり水遣りやお手入れに気力労力が要るのだと、拝読して改めて認識しました。水遣りが面倒でもみじの木でさえ枯らしかねないワタシとしては草花はそよこさんのお宅で愛でさせていただくことにいたします。急に暑くなるとか。お大切に。
[ 2013/07/05 13:48 ] [ 編集 ]
あきらさん、こんにちは。
私が生まれ育った滋賀南部は京都に近かったせいか、水無月も子供のころから食べ慣れていて、普通に日本中どこでも売っているものだと思っていましたが、京都近隣以外ではあまり売られていないお菓子なのだと大人になってから知りました。
同じ滋賀県内でも、もしかすると福井に近い湖北あたりにはなかったのかもしれません。広島のもみじ饅頭ほど人気があれば、もっと全国に広まっていたかなぁ。

水遣りの途中で害虫を見つけて退治したり枯れた葉を摘み取ったりもするので、どうしても時間がかかってしまいます。
二年くらい前までは平気でしたが、最近しんどくて…(~_~;) 朝っぱらから疲れているというのもおハナシにならないので、夏はできる限り手抜きしようと思うようになりました。

こちら、雨は上がりましたが蒸し暑いです~。v-356
今年の夏も猛暑になりそうだとか。
お互いに自愛精神で乗り切りましょうね。サボリと手抜きで。(笑)
[ 2013/07/05 16:55 ] [ 編集 ]
さわやかですね~
こんばんは。

「お花ゆうもんは、人の情けで咲きますのや」という台詞が浅田次郎さんの「輪違屋糸里」にあったのを思い出しました。
こんなに可愛らしくきれいに咲いてるのは、そよこさんの愛情の賜物だと思います(^_^)

スカビオサってこんな咲き方するんですね~初めて知りました。

園芸店は、行くと私もあれこれ欲しくなってしまいます。
うちはマンションの庭スペースなので、そうたくさん地植えにはできず、さりとて鉢植えを育てるのは上手くないし…行かない、見ない、というのが賢明なのだと、けっこう最近気づきました(^_^;)
[ 2013/07/06 01:19 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんにちは。
スカビオサの茎が細長い姿は少しコスモスに感じが似ていて、狭い花壇や鉢植えではなく広い高原に群生しているような風景を見てみたいなと思います。

世話をしすぎて逆に枯らしてしまったり、肥料を忘れて花が咲かなかったり、何年やっていても毎年ひとつふたつは失敗してしまいます。
涼風が立ちはじめる頃になると、性懲りもなくまた新苗を求めて園芸店をさまよっているのでしょうが、自分のことだけで精一杯になり草花や樹木の世話などまったくしなくなってしまった老親の様子を見ていると、もっと年を取ったら、生き物をそばに置くには自分の体力気力に見合う分だけにセーブしなくちゃいけないなぁとつくづく思います。

「輪違屋糸里」、久しぶりに思い出しました。
今年は大河ドラマも幕末ものなのにあまり本を読み返したりする気になれません。
「八重の桜」、新選組は二人しかいないし。(~_~;)
[ 2013/07/06 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。