遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休み


blog130808.jpg

シロクマはフィンランドの銀行のノベルティとして配られた貯金箱の復刻版。
家事をしていても、この子とはなぜかよく目が合う。
可愛いだけじゃなくて、ちょっととぼけた感じに和みます。


夫の夏休みは明日から18日までの10日間です。
長いなぁ…と毎年思いますが、いざ入ってしまうと案外早く過ぎていきます。

それにしてもこの猛暑、いつ治まってくれるのでしょうか。
京都寄りの大阪府内にある私の家では、今日も午前10時半に35℃を超えました。36℃になった午後2時には、夏休みなのに子どもの声も全くしないし、本当に人っ子一人外に出ていませんでした。みんなエアコン使って家の中で涼んでいるんでしょうね。
真っ黒になって蝉取りや川遊び、プール、お祭りに花火…と外を駆けずり回っていた昭和っ子の夏休みと比べるとかわいそうな気がしないでもありません。

暦の上ではディセンバー♪……じゃなくて(笑)残暑ですが夏の勢力は当分衰えそうにありません。
なるべく体力を温存して熱中症から身を守るしかなさそうですね。


[ 2013/08/08 16:55 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
真っ黒な子ども
こちらにもこんばんは。

そういえば、見なくなりましたねぇ…真っ黒に日焼けした子供たち。
昔は夏休みが終わって学校に行くと日焼けの黒さを競ったり、皮がむけかけた子がいっぱいいました。
内地に比べれば猛暑とは言えない北海道でもそうですから、気候のせいばかりでもないのでしょうね。

マンション住まいが多くなったせいか、花火をしてるお家も見かけなくなりました。
北海道は今月が七夕さまでしたが、笹を飾ってるお家も見ないです。

なんだか寂しいですね。

昭和は遠くなりにけり…いつの日か「じぇじぇ!昭和生まれなの?!」と言われたりするのでしょうか。

熱中症、ほんとに気をつけてくださいね。
36℃とか…私は聞いただけで熱が出そうです(^_^;)
[ 2013/08/09 22:49 ] [ 編集 ]
こちらにもありがとうございます。
熱中症はもちろんですが、昔は今ほど紫外線の害も言われてなかったですものね。子どもたちの間でも「日焼け」はもう自慢できることではなくなってるんでしょうね。
そう言えば、ここ数年は北海道でも夏にエアコン冷房を使って過ごすお宅が多くなってきていると、どこかで読みました。
これだけ夏の暑さが厳しくなってくると、「節電」どころじゃなくなってしまいますね。
うちの近辺では連日午後になると、暑さを避けて外出を控えるようにとの市の広報車が走ります。
いろんな行事や風物詩も含めて、日本人の夏の過ごし方が昭和の頃とは違ってきたように思います。
新元号「平成」の会見をテレビで見たのはついこの間のような気がするのに、もう平成25年……光陰矢のごとしですねぇ。

午後3時現在で我が家の一番暑い部屋は37.2℃でした。
ニュースによると今日はついに40℃超えたところが出たようですね。
来週までこれが続く…なんてのは勘弁してほしいです~。(>_<)
[ 2013/08/10 15:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。