遠くのこだま

日々のあれこれ写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

晩秋に顔を上げる夏花


blog131125.jpg

今日は雨ですが、先週よく晴れた日に道端で見かけた夏の花。ジニアかな。
紅葉に関心が移っていて誰からも顧みられませんが、朝夕の冷気に耐えてぎりぎり頑張っている姿が胸に沁みてきます。


55歳からのハローライフ55歳からのハローライフ
(2012/12/05)
村上 龍

商品詳細を見る


人気のある作家の本は図書館でずっと前に予約して順番が回ってくる頃にはやや興味を失っていて……というのがよくありますが、これは読み始めてみると主人公たち(中編5作)の年齢が自分と近いこともあってすいすい読み進みました。
55歳~65歳くらいってまだ「年老いた」とは言えないのだけれど、健康にも陰りが出始め、老後への蓄えにも不安がつきまとい、さらに交友関係や社会活動も徐々に狭まっていく時期なのでしょう。変化していく身辺と将来の不透明さに揺れ動く初老の心情が手に取るようにわかります。
フィクションだとわかっていてもついつい身につまされるお話ばかり。(^_^;)



[ 2013/11/25 18:37 ] 読書 | TB(0) | CM(2)
難しいお年頃
そよこさん こんばんは。
誰からも顧みられない夏のお花たち、そよこさんが目に止めてくれて喜んでいることでしょう(^_^)

今の50代60代はまだまだ若いですよね…特に見た目は。
でもたしかに体の変調や体力の衰えは感じてきますし、社会との関わり方にしても、折り返し地点を過ぎたかなというのはあります。
昔、25歳の誕生日に「四半世紀生きちゃったよ」と言った友人がいましたが、50代なら「半世紀生きちゃった」ことになりますもんね(^_^;)
若くもなく、年老いてもいず・・・子供でもないがまだ大人でもないという頃と内容は違いますが、悩み多き年頃かもしれませんね。
[ 2013/11/27 01:20 ] [ 編集 ]
ミツコさん、こんばんは。
男性にとっても女性にとっても…いや夫にとっても妻にとっても、かな?
「定年退職」というのは大きな分岐点になるようです。
それまでの生活ががらりと変わるんですものね。出かける場所がなくなったり、昼間いつも一人で自由だったのがそうでなくなったり。
その戸惑いに、「若くもなく、年老いてもいず」という微妙な年齢がさらにストレスを感じさせるのでしょうか。人生をリセットしてやり直すほど若くない、でも何か行動を起こすにはもうここがぎりぎりの年齢なんじゃないか……
うちの母なんかに言わせると、50代60代はまだまだ元気で夢も希望もたくさんあって、とてもいい時期だったということになるんですが。(^_^;)
60代70代80代、自分で経験してみるまで本当はどうなのかわからないのかもしれませんねー。
[ 2013/11/27 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。